« 2018年3月20日(火)付け小説朝日新聞社説『プーチン氏4選 深まる独裁色への懸念』を読んでの感想。 | トップページ | 2018年3月21日(水)付け小説朝日新聞社説『大学生と読書 又吉さんに背中押され』を読んでの感想 »

2018年3月21日 (水)

2018年3月21日(水)付け小説朝日新聞社説『政官のゆがみ 官僚は政権の道具か』を読んでの感想

 2018年3月21日(水)付け小説朝日新聞社説『政官のゆがみ 官僚は政権の道具か』を読んでの感想。

以下感想
>安倍1強体制の下での政官関係のゆがみを示す出来事が、立て続けに起きている。

 政権のせい、つまり、管理が政権と主張するならば、締め付けを厳しくせよ、1強を強めよの意味にもなる。


>あの異様な調査の裏に、やはり政治家の存在があった。

 何時も異様な朝日新聞。
 2017年5月3日付け朝日新聞社説『憲法70年 この歴史への自負を失うまい』では、『念入りに葬られたはずの教育勅語。』と記し、全否定的な主張をしていた。
 しかし、教育の自由化は、特定の考えを排除するものではない。
 

>財務省の太田充理財局長が民主党政権時代に首相秘書官を務めたことを取りあげ、「安倍政権をおとしめるために意図的に変な答弁をしているのではないか」と責め立てた。

 また、でた。
 朝日名物と言うかメディア十八番の前後切り取り。

 報道各社の切り取りの影響が誤解を生んだのか?残念なことに和田氏には脅迫が入ってしまった。
 和田氏、本人のツイート。
 https://twitter.com/wadamasamune/status/976123401940090880
 アノニマスポスト、脅迫メールの内容
http://anonymous-post.com/archives/21402
 2018.3.20産経『和田政宗議員事務所に爆破予告 産経新聞社にメール』 http://www.sankei.com/affairs/print/180320/afr1803200039-c.html


 質問の意図
 https://twitter.com/wadamasamune/status/975664674174681089

 2018.3.19 産経『【森友集中審議】自民・和田政宗氏「安倍政権おとしめるため、変な答弁か」に太田理財局長が色をなして反論』http://www.sankei.com/politics/print/180319/plt1803190022-c.html
『改竄の経緯などを答弁している太田充理財局長について「まさかとは思うが」と前置きしたうえで、太田氏が旧民主党政権時代に野田佳彦前首相の秘書官を務めていたことを指摘し「増税派だからアベノミクスを潰すために安倍晋三政権をおとしめるため、意図的に変な答弁してるのでないか」とただした。』。
 『野田佳彦前首相の秘書官』となれば、疑問を持つのは当然だ。

 オフイスマツナガさん、 
 https://twitter.com/officematsunaga/status/975692538085601280
 その理財局長の大親友の某新聞社の記者か?
 不透明なつながりを感じる。


>共通するのは、官僚を政権を守る道具としてしか見ない姿勢だ。

 共通するのは、都合の悪いところを隠して、倒閣の道具としてしか見ない姿勢だ。


>公務員を「全体の奉仕者」と定める憲法を無視し、権力は教育や人の内心に土足で踏み入ってはならぬという、戦後社会が築いてきた原則をわきまえない。

 選挙で選ばれた議員より、官僚支配を優先せよってことか。
 でも、政府は黙って金を出せ、問題があれば責任は政府。


>赤池、池田両氏は問題発覚後も文科省の陰に隠れ、メディアが名前を報じるまで沈黙していた。
 
 また、おまいう。
 表現の自由の陰に隠れ、指摘があっても、長期に誤報を放置したことを忘れない。

>一方の和田氏の発言は、さすがに不適切とされ、議事録から一部削除されることになった。

 これでは、何処が削除なのか分からない。
 社説記載の『安倍政権をおとしめるために意図的に変な答弁をしているのではないか』の何処かにも取れる。
 また、発言に対する回答がどうなったのかも不明。
 但し、朝日社説だけの問題ではない、
 産経、
http://www.sankei.com/politics/news/180320/plt1803200046-n1.html
 読売、
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180320-OYT1T50075.html
 毎日、
https://mainichi.jp/articles/20180321/k00/00m/010/151000c
 朝日、
https://www.asahi.com/articles/ASL3N4JWWL3NUTFK00T.html
 何れも不明だ。

 本来は記録に残すべき。傍線削除ならまだいいが。


>今回の二つの出来事は、熟議を拒み、「敵」とみなした人々を批判し、排除することを繰り
返してきた、この5年間の安倍政権の体質を映し出す。深刻な事態である。

 そのように思わせ続ける朝日新聞など。

 最近、特にテレビ報道含め印象操作が実に多いと感じる。ネット上で、予想通りの切り取りの声もある。キモイのは一斉に同じ方向だ。
 このような手口で、過去、新聞各社は国民の参戦意欲を煽ったのか?と想像する。
 民主党政権になる前、そして現在。
 当時より、ネットは広がった。その煽りの手口をじっくり観察、記録だ。

  
PS
 安倍1強か。
 アベニクシーのあまり、そんな考えて支配されていないと朝日新聞社内は恐らく持たないのだろう。
 いくら支持率が下がったとは言え、現在でも30%以上はある。例え偏った人集めをしていても、5%くらいは支持があるだろう。社内の少数派の意見に耳を傾け、一度立ち止まって考えることが必要ではないのか。
 それとも、支持率0%なのか?それはキモすぎる。一般社会とかけ離れていることに疑問を感じるべきだ。
 
 安倍1強、解釈によっては、強いリーダーシップがあるってことだ。
 それを気づいているのか?いないのか?不明だが、朝日新聞も認めているのだ。


※午後追記
 和田氏の質問の削除部分(本人のツイート)。
 https://twitter.com/wadamasamune/status/976068891095920641
にある。
 産経が全文か不明だが、 
『改竄の経緯などを答弁している太田充理財局長について「まさかとは思うが」と前置きしたうえで、太田氏が旧民主党政権時代に野田佳彦前首相の秘書官を務めていたことを指摘し「増税派だからアベノミクスを潰すために安倍晋三政権をおとしめるため、意図的に変な答弁してるのでないか」とただした。』から削除部分を引くと、『改竄の経緯などを答弁している太田充理財局長について「まさかとは思うが」と前置きしたうえで、「増税派だからアベノミクスを潰すために、意図的に変な答弁してるのでないか」とただした。』って感じか?
 国民の知る権利とすれば、全文を残すべきと思うが。削除しても、どうせメディアは貶め用に巧みな編集をして使うだろうし。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

|

« 2018年3月20日(火)付け小説朝日新聞社説『プーチン氏4選 深まる独裁色への懸念』を読んでの感想。 | トップページ | 2018年3月21日(水)付け小説朝日新聞社説『大学生と読書 又吉さんに背中押され』を読んでの感想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/66520662

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年3月21日(水)付け小説朝日新聞社説『政官のゆがみ 官僚は政権の道具か』を読んでの感想:

« 2018年3月20日(火)付け小説朝日新聞社説『プーチン氏4選 深まる独裁色への懸念』を読んでの感想。 | トップページ | 2018年3月21日(水)付け小説朝日新聞社説『大学生と読書 又吉さんに背中押され』を読んでの感想 »