« 2018年3月3日(土)付け小説朝日新聞社説『森友と財務省 事実を調査し、公表を』を読んでの感想 | トップページ | 2018年3月4日(日)付け小説朝日新聞社説『福島の原発被災地 まちの再生、探り続ける』を読んでの感想/イエロージャーナリズム »

2018年3月 3日 (土)

2018年3月3日(土)付け小説朝日新聞社説『プーチン演説 無責任な軍拡競争だ』を読んでの感想/均衡が重要

 2018年3月3日(土)付け小説朝日新聞社説『プーチン演説 無責任な軍拡競争だ』を読んでの感想。

以下感想。
>あたかも冷戦時代に戻ったかのような軍拡の宣伝に、深い危機感を抱く。

 世界は、そのような状況にあるのだ。現実を認識するべきであろう。
 但し、プーチン大統領は、冷戦の開始を否定している。
 2018年03月02日付けスプートニク『プーチン氏、新冷戦の開始を否定』https://jp.sputniknews.com/politics/201803024632604/ より。『ロシアのプーチン大統領は、同国が新たな種類の兵器を保有しているとの宣言後にアナリストらが示した「新たな冷戦が始まった」との見解について、「プロパガンダ」であると述べた。米NBCテレビとのインタビューで語った。』
 『プーチン大統領は年次教書演説で数分間、ロシア防衛産業の新兵器について語た。』。
 
 新兵器の話は、2時間の演説で、数分間。
 但し、2018/3/1 日本経済新聞 電子版『ロシアが新型ICBM開発 プーチン氏、選挙控え誇示』では、『演説は例年の倍以上の2時間にわたり、後半の約40分を新型兵器の説明に充てた。』。

>米ロ両国が核開発競争に走るだけでなく、核使用のハードルを互いに低め合うという悪夢のような状況が現実のものになりつつある。

 『低め合う』=使用ではない。
 均衡があれば問題ない。


>それに逆行してNPT体制をないがしろにすれば、国際的な核開発の広がりを誘発するお
それがある。

 2018/2/6付⽇本経済新聞 朝刊『核弾頭削減⽬標を達成 ⽶ロが声明』より。
『「(戦略核削減を巡る)問題解決に向けた建設的な取り組みを⽶国に働きかけていく」と
も表明し、新STARTの延⻑や新たな条約の交渉に前向きな姿勢を⽰した。』
 先ずは、総弾頭数、特に大型を減らすが、新たな条約の方向であろう。


>そんな懸念をよそに、核の2大保有国が軍拡をめぐり非難の応酬を続けるのは無責任な態度というほかない。

 無責任は、朝日新聞。誤報しても謝罪がない。

 米ロには、2大保有国である以上、均衡を保つ責任がある。均衡が維持できれば、それは責任ある行動である。


>だが、国民に被害者意識を植え付け、外敵の存在をてこに求心力を高める手法は危うい。

 朝日の主張の手法と大きな違いはない。
 朝日の場合は、国民に加害者意識を植え付けであるが。


>残念なことに、国際的な協力関係については駆け足で触れただけで、対日関係には言及しなかった。

 朝日が書くと、曲解記事が書けなくて残念に思えてしまう。

 昨年の12月の大型記者会見では、TBSの記者が日の丸を掲げて、質問権を得ようとしたが質問できなかった話もある。
 2017年12⽉14⽇付けスプートニク『プーチン⼤統領の年次⼤型記者会⾒』によれば、会見時間は3時間50分、700の質問が寄せられ、回答を得られる確率は30分の1だった。

 2018年03月2日付けBBC『プーチン露大統領、「無敵」の核兵器を発表』
http://www.bbc.com/japanese/43253285
によれば、2時間の演説。貧困撲滅、テクノロジーと安全保障を演説したとされるが、時間配分が不明。

 2018/3/1日本経済新聞 電子版『プーチン氏「経済を活性化」 選挙前に異例の年次演説 』より。『演説は内政に重きを置き、国民所得の引き上げや貧困者層の削減など国民受けを意識した内容が予想される。』。
 『内政に重きを置き』。しかし、時間配分は不明。

 『対日』と言うより、他国に時間を割いていない。
 敢えて、『対日』とは印象操作とも思える。

 
>自国の正当化に終始し、他国が抱く懸念に真剣に向き合おうとしない。

 これは、「朝日の正当化に終始し、読者が抱く懸念に真剣に向き合おうとしない。」と読み替えたくなる。


>そんな姿勢は、国際社会に大きな不安を与え、自らの孤立を深めるだけだという現実をロシアは直視すべきだ。

 孤立ね~。核問題で、そんな主張は全く意味がないだろう。
 北朝鮮を見れば明らか。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●参考
 朝日新聞社 3つの検証委員会 http://www.asahi.com/shimbun/3rd/
 朝日新聞綱領 http://www.asahi.com/corporate/guide/outline/11051801
 朝日新聞過去の社説 http://www.asahi.com/news/editorial.html

 NHK『ストップ詐欺被害!私はだまされない』http://www.nhk.or.jp/shutoken/stop-sagi/index2.html
 折り込め詐欺のページ http://www.kokusyo.jp/oshigami/

|

« 2018年3月3日(土)付け小説朝日新聞社説『森友と財務省 事実を調査し、公表を』を読んでの感想 | トップページ | 2018年3月4日(日)付け小説朝日新聞社説『福島の原発被災地 まちの再生、探り続ける』を読んでの感想/イエロージャーナリズム »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/66454591

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年3月3日(土)付け小説朝日新聞社説『プーチン演説 無責任な軍拡競争だ』を読んでの感想/均衡が重要:

« 2018年3月3日(土)付け小説朝日新聞社説『森友と財務省 事実を調査し、公表を』を読んでの感想 | トップページ | 2018年3月4日(日)付け小説朝日新聞社説『福島の原発被災地 まちの再生、探り続ける』を読んでの感想/イエロージャーナリズム »