« 2018年3月9日(金)付け小説朝日新聞社説『森友と財務省 問われる立法府の監視』を読んでの感想/エビデンスなしは民主主義の破壊 | トップページ | 2018年3月10日(土)付け小説朝日新聞社説『佐川長官辞任 政権全体が問われる』を読んでの感想 »

2018年3月 9日 (金)

2018年3月9日(金)付け小説朝日新聞社説『パラリンピック 共に生きる社会に向け』を読んでの感想

 2018年3月9日(金)付け小説朝日新聞社説『パラリンピック 共に生きる社会に向け』を読んでの感想。

以下感想
>平昌(ピョンチャン)パラリンピックがきょう開幕する。五輪に続くアスリートの躍動が楽しみだ。

 当然、朝日新聞としては、オリンピックとパラリンピックは同等の扱い。
 即ち、同程度の紙面面積で報道することを期待したい。

 これは、NHKなどテレビも同様だ。放送時間が、仮に半分になったなんて完全に差別だ。
 

>どうやって関心や認知度を高め、共に生きる社会を築いていくか。今月18日までのもうひとつの雪と氷の祭典を、そんなことを考える機会にしたい。

 意気込みは分かった。
 紙面面積の確保で、目に見える行動を伴って欲しい。


>指導者の大半をボランティアに頼る日本と違い、韓国は15年に国家資格制度を導入し、月額20万円ほどの報酬が支払われている。

 ボランティアが行う指導。素晴らしいことだ。
 この方向を広げることが、真の互助であり理想であろう。

 日本の場合、社団法人、日本障がい者スポーツ協会の資格がある。
 初級障がい者スポーツ指導者養成講習会のカリキュラムは、全18時、http://www.jsad.or.jp/training/pdf/nintei_curriculum_syokyu_171207.pdf

 初級障がい者スポーツ指導者養成講習会は、
 東京、http://tsad-portal.com/mscd/topics/5289。
 神奈川、http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f535906/
による過去の例では、何れも、4日の講習、テキスト代3,500円。

 理想の和を広げたいものだ。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●参考
 朝日新聞社 3つの検証委員会 http://www.asahi.com/shimbun/3rd/
 朝日新聞綱領 http://www.asahi.com/corporate/guide/outline/11051801
 朝日新聞過去の社説 http://www.asahi.com/news/editorial.html

 2016.3.15付け産経『「言ってないこと書いた」原子力規制庁、朝日記事に抗議 川内原発の観測装置めぐり』http://www.sankei.com/affairs/news/160315/afr1603150037-n1.html

 2017年05月02日河北『<仙台中学生自殺>朝日新聞、母親に取材せず談話』
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201705/20170502_13044.html

 最近では、snjpn『朝日新聞が伝えた『憲法改正しないでください』記事、産経新聞・阿比留氏が関係者に確認 →「安倍首相も秘書官もSPも、誰も聞いていなかった」』
https://snjpn.net/archives/43840

 言ってないこと書く、取材していないのに談話、誰も聞いていなかったのに聞いた。

 NHK『ストップ詐欺被害!私はだまされない』http://www.nhk.or.jp/shutoken/stop-sagi/index2.html

|

« 2018年3月9日(金)付け小説朝日新聞社説『森友と財務省 問われる立法府の監視』を読んでの感想/エビデンスなしは民主主義の破壊 | トップページ | 2018年3月10日(土)付け小説朝日新聞社説『佐川長官辞任 政権全体が問われる』を読んでの感想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/66476266

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年3月9日(金)付け小説朝日新聞社説『パラリンピック 共に生きる社会に向け』を読んでの感想:

« 2018年3月9日(金)付け小説朝日新聞社説『森友と財務省 問われる立法府の監視』を読んでの感想/エビデンスなしは民主主義の破壊 | トップページ | 2018年3月10日(土)付け小説朝日新聞社説『佐川長官辞任 政権全体が問われる』を読んでの感想 »