« 2018年6月1日(金)付け小説朝日新聞社説『佐川氏不起訴 これで決着とはならぬ』を読んでの感想。 | トップページ | 2018年6月2日(土)付け小説朝日新聞社説『待遇格差訴訟 納得して働ける賃金に』を読んでの感想/朝日新聞総合サービス(朝日新聞社の持株比率100%)との格差は気にならないようだ »

2018年6月 1日 (金)

2018年6月1日(金)付け小説朝日新聞社説『アメフト問題 日大はどう応えるのか』を読んでの感想。

2018年6月1日(金)付け小説朝日新聞社説『アメフト問題 日大はどう応えるのか』を読んでの感想。

以下感想。
>悪質なタックル行為は、監督らの指示によるものだったと認定した。

 関東学生連盟の結論には異論もある。
 監督会は、『関東学連の指導者除名は評価する一方で、宮川選手と日大の今季出場資格停止処分には「条件付きなら無期限とすべき」と異論を唱えた。』(ヤフー『日大学生処分は「無期限」に関東学生監督会が異論』https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180531-00225105-nksports-spo) 


>多くの関係者から聞き取りをし、残されていた映像や音声データなども調べたうえでの判断だ。

2018/5/29付けJ-CAST『日大選手と監督の「4つの不一致」 関東学連「どちらを信用すべきか、火を見るより明らか」』https://www.j-cast.com/2018/05/29329934.html?p=all


>だが、これですべてが決着したわけではない。

 何時までもダラダラと続けたいってことか。


>日大が設置を表明した第三者委員会は、こうした点にも踏みこんで人々が納得できる調査をする必要がある。

 第三者委員会が出した結論も納得できないの予定か?


>日大アメフト部では昨年初め、約20人もの部員が退部する騒ぎがあった

 少なくともリストラではないだろう。

 今年は、また、この手の話が出るのか?
 https://twitter.com/ueno_wan/status/781300064757035008 


>今回の事件は、そんな重いテーマも、社会に突きつけている。

 朝日新聞記者のこじ付けの一例、
 https://snjpn.net/archives/52768


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

|

« 2018年6月1日(金)付け小説朝日新聞社説『佐川氏不起訴 これで決着とはならぬ』を読んでの感想。 | トップページ | 2018年6月2日(土)付け小説朝日新聞社説『待遇格差訴訟 納得して働ける賃金に』を読んでの感想/朝日新聞総合サービス(朝日新聞社の持株比率100%)との格差は気にならないようだ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/66781932

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年6月1日(金)付け小説朝日新聞社説『アメフト問題 日大はどう応えるのか』を読んでの感想。:

« 2018年6月1日(金)付け小説朝日新聞社説『佐川氏不起訴 これで決着とはならぬ』を読んでの感想。 | トップページ | 2018年6月2日(土)付け小説朝日新聞社説『待遇格差訴訟 納得して働ける賃金に』を読んでの感想/朝日新聞総合サービス(朝日新聞社の持株比率100%)との格差は気にならないようだ »