« 2018年6月9日(土)付け小説朝日新聞社説『子どもの虐待 残されたノートに誓う』を読んでの感想 | トップページ | 2018年6月10日(日)付け小説朝日新聞社説『梅雨の季節 日頃の備えが命を守る』を読んでの感想 »

2018年6月10日 (日)

2018年6月10日(日)付け小説朝日新聞社説『カジノ法案 疑問の解消にほど遠い』を読んでの感想/朝日読者の折込チラシでの消費行動調査を見ると、パチンコ・パチスロでは、きっかけとなる情報をテレビCMが8%、新聞折込が30%から入手

 2018年6月10日(日)付け小説朝日新聞社説『カジノ法案 疑問の解消にほど遠い』を読んでの感想。

以下感想。
>刑法が禁じる賭博行為の場となるカジノを、なぜ、いま、特別な法律をつくってまで設けなければならないのか。疑問は一向に解消されない。

 競馬、競輪などは法律で認められている。
 そして、グレーなパチンコ屋の換金問題。

 朝日の主張は疑問に始まる。
 既存のギャンブル、パチンコ屋などを守りたいだけではないのか?


>性急な運びで異論を封じこめるやり方は、断じて認められない。

 これは嘘に思える。
 過去の朝日社説を見る。
 2014年6月23日付け『カジノ解禁? ― 危うい賭けには反対だ』がある。
 冒頭を引用する。『カジノ解禁への議論が動き出した。安倍政権が成長戦略の素案で「検討する」とうたったのに続き、自民、維新、生活の3党による法案が衆議院で審議され、次の国会へ引き継がれた。』。
 4年も前から議論中だ。

 地方からの声もある。
 例えば沖縄県、1996年7月から2010年3月
 http://www.pref.okinawa.jp/Casino/process/okinawa_process.html
までの経緯が、県のサイトに掲載されている。


>まずギャンブル依存症がさらに広がることへの懸念だ。

 現在の依存症の主たる原因は、パチンコ屋など。
 しかし、その換金などは問題視しない朝日新聞。

 朝日の折り込み広告と言えば、パチンコ屋を思い出す。最近は知らないけど。

>法案は、入場回数を週3回、28日間で10回に制限する。だがパチンコや競馬と違って、カジノは24時間営業できる。熱からさめることなく入り浸るのも可能だ。

 三重県には24時間営業のパチンコ屋が存在する(但し、大みそかのみ)。
 2017.01.16付けim-juggler『【マジか!】24時間営業のパチンコ店が三重県に!?夢のオールナイト』http://im-juggler.net/all_night/
 記事によれば、一部ではなく全てのようだ(少なくとも多数派であろう)。
 しかし、現実は閑散。

 FXなら24時間OKだ。


>カジノ事業者が客に金を貸せるというのも問題だ。運営する側が資金を用立てると、客を借金漬けに追い込む恐れがあるとして、公営賭博では許されていない。整合性が問われる。

 投資をカジノを並列で議論するのは問題でもあるが、投資の世界では、元本以上の損失もある。
 カジノ事業者が客に金を貸せる制度に特に違和感はない。


>この点についても政府は、本人の支払い能力などを調べ、預託金をとったうえで貸すと釈明する。だが詳細は法が成立した後に政令で決めるという。これでは議論の深めようがない。

 預託金制度そのものに賛成できるのか?できないのか?切り分けて議論するべき。
 朝日の深めるとは、議論の無限ループ化狙いであろう。


>訪日客を呼び込んで観光立国をめざすという政府の説明と、現場の自治体の想定との間には明らかにずれがある。

 ずれがあるからダメな理由にはならない。
 完全に一致では、地方追従、国追従だ。
 国から地方への主張は何処へ。


>カジノは負けて不幸になる人がいて初めてなり立ち、新しい価値を生み出すわけでもない。

 朝日の多くの記事と何処か違う。誰かが不幸になって、記事になり金が儲かる。
 
 新しい価値云々と言うならば、既存の賭博、パチンコ屋の全面禁止を求めるのが筋だ。


>今回の法案の前提となるIR推進法は、十分な議論がされないまま、採決を強行して16年末に制定された。同じ過ちをくり返してはならない。

 再度記す。
 2014年6月23日付け『カジノ解禁? ― 危うい賭けには反対だ』がある。冒頭を引用する。『カジノ解禁への議論が動き出した。安倍政権が成長戦略の素案で「検討する」とうたったのに続き、自民、維新、生活の3党による法案が衆議院で審議され、次の国会へ引き継がれた。』。
 2014年6月から2016年末まで、何らかの形で議論して、十分な議論がされないと主張。
 与党以外に一部野党(維新)も賛成しても強行の扱いと主張。
 
 気に入らないものは、議論が足れない、成立すれば強行扱いのパターン化。


>そんなときに、患者を増やす施設を新たにつくることに道を開くのは、どう考えても道理に合わない。

 そのような主張をしつつ、パチンコ屋の折り込み広告が入る朝日新聞の道理とは何なのか?

 株式会社朝日メディアネットワーク『朝日新聞のらくらく折り込み』
https://rakuori.com/ より。
『⼟曜⽇と同じように、家族で相談して購⼊することが多い商品やサービスを扱っているお客様は、⽇曜⽇の折込もおススメです。また、パチンコホールのチラシ等も多く折込まれます。』
 多くだ。

 株式会社朝日オリコミ名古屋『折込チラシでの消費行動調査 朝日読者の特性』http://www.asahi-o.co.jp/content/wp-content/uploads/2015/02/research_all.pdf
 商品購入のきっかけ(3ページ)に、きっかけとなる情報は何処から得ているか?のQAがある。
 パチンコ・パチスロでは、テレビCMが8%、新聞折込が30%だ。

 患者を増やす施設を応援する行為については、朝日の道理らしい。
 


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

|

« 2018年6月9日(土)付け小説朝日新聞社説『子どもの虐待 残されたノートに誓う』を読んでの感想 | トップページ | 2018年6月10日(日)付け小説朝日新聞社説『梅雨の季節 日頃の備えが命を守る』を読んでの感想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/66813928

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年6月10日(日)付け小説朝日新聞社説『カジノ法案 疑問の解消にほど遠い』を読んでの感想/朝日読者の折込チラシでの消費行動調査を見ると、パチンコ・パチスロでは、きっかけとなる情報をテレビCMが8%、新聞折込が30%から入手:

« 2018年6月9日(土)付け小説朝日新聞社説『子どもの虐待 残されたノートに誓う』を読んでの感想 | トップページ | 2018年6月10日(日)付け小説朝日新聞社説『梅雨の季節 日頃の備えが命を守る』を読んでの感想 »