« 2018年6月28日(木)付け小説朝日新聞社説『党首討論 「歴史的使命」立て直せ』を読んでの感想 | トップページ |  2018年7月12日(木)付け小説朝日新聞社説『参院選挙制度 自民の横暴、極まれり』を読んでの感想/ご都合主義の極みの朝日‘ »

2018年6月28日 (木)

2018年6月28日(木)付け小説朝日新聞社説『拳銃強奪事件 「安全」が襲われた衝撃』を読んでの感想

 2018年6月28日(木)付け小説朝日新聞社説『拳銃強奪事件 「安全」が襲われた衝撃』を読んでの感想。

以下感想。
>富山市で26日午後、元自衛官の男(21)が交番で警察官を刺し殺した。

 朝日など一部メディアは、元自衛官を強調したいのだろう。
 昨年3月に退官。
 
 現在は、富山市のショッピングセンターにあるファストフード店で、4月からアルバイトをしていた。
 事件当日の午後0時半、激⾼して店⻑を複数回殴打。午後1時に店を出て午後2時に交番を襲撃。
(毎日新聞、https://mainichi.jp/articles/20180628/k00/00m/040/099000c などを参考) 
 ファストフード店で何があったのか??


>05年の拳銃強奪事件を機にひもの材質が強化されたが、男は刃物でひもを切ったとみられる。

 『ひも』と表現しているがただの『ひも』ではない。
 2018/6/27付⽇本経済新聞 ⼣刊『拳銃⼊れ改良など再発防⽌検討 警察庁』より。『規則ではホルスターをベルトの右腰に装着し、蓋をボタンで留める。拳銃は切断しにくい⾦属を使った伸縮型のひもでベルトとつながっている。』

 2018.6.26付け産経『【富山交番襲撃】吊りひも、安全ゴム、緊急発信 拳銃守る多重防護も「死ぬ気でこられたら…」』 
 https://www.sankei.com/west/print/180626/wst1806260081-c.html
より。『吊(つ)りひもは、伸縮する金属製ワイヤのような特殊な素材で、「ニッパーでも切れない」といわれる。』


>学校だけでなく地域にどう情報を伝えるかも大きな課題である。

 防災のスピーカーで放送すると、犯人は発狂するかも知れない。
 しかし、市民へ伝えないと自主防衛は出来ない。

 犠牲は出るかも知れないが、犠牲を減らすには何らかの手法で伝えるしかない。

 熊谷連続殺人事件、
 2015/9/23付日本経済新聞 朝刊『不審者情報 伝達に課題 熊谷6人殺害 住民に届かず、批判高まる』より。
『埼玉県熊谷市の6人殺害事件では、事前に県警がペルー人の男と接触していたにもかかわらず事件が起きた。「不審者の情報が住民に届けば、防げた」との批判が高まっており、専門家は「市民への情報伝達を工夫すべきだ」と指摘する。』
 

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

|

« 2018年6月28日(木)付け小説朝日新聞社説『党首討論 「歴史的使命」立て直せ』を読んでの感想 | トップページ |  2018年7月12日(木)付け小説朝日新聞社説『参院選挙制度 自民の横暴、極まれり』を読んでの感想/ご都合主義の極みの朝日‘ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/66878184

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年6月28日(木)付け小説朝日新聞社説『拳銃強奪事件 「安全」が襲われた衝撃』を読んでの感想:

« 2018年6月28日(木)付け小説朝日新聞社説『党首討論 「歴史的使命」立て直せ』を読んでの感想 | トップページ |  2018年7月12日(木)付け小説朝日新聞社説『参院選挙制度 自民の横暴、極まれり』を読んでの感想/ご都合主義の極みの朝日‘ »