« 2018年6月9日(土)付け小説朝日新聞社説『日米首脳会談 米国頼みを脱する時だ』を読んでの感想。 | トップページ | 2018年6月10日(日)付け小説朝日新聞社説『カジノ法案 疑問の解消にほど遠い』を読んでの感想/朝日読者の折込チラシでの消費行動調査を見ると、パチンコ・パチスロでは、きっかけとなる情報をテレビCMが8%、新聞折込が30%から入手 »

2018年6月 9日 (土)

2018年6月9日(土)付け小説朝日新聞社説『子どもの虐待 残されたノートに誓う』を読んでの感想

 2018年6月9日(土)付け小説朝日新聞社説『子どもの虐待 残されたノートに誓う』を読んでの感想。

以下感想。
>####ちゃん(5)がノートに書き残した内容が、社会に大きな衝撃を与えている。親にいいつけられたことをできなかった「反省」と「謝罪」が、ひらがなでつづられていた。

 一部報道では、両親の長男は同じ部屋で眠り、虐待死の疑いが濃い連れ子の⼥児は一人別室で寝る。
 そして、午前4時起き、照明なしの部屋での学習。⾜には重度の凍傷のような傷跡。
(2018.6.8付けzakzakを参考 https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180608/soc1806080016-n1.html)

 ダイエット⽬的と称し、1⽇1⾷しか与えられない⽇も(2018/6/8付⽇本経済新聞 朝刊『⽬⿊の⼥児放置死 児相関与・引き継ぎ焦点』)。

 ノートの記載内容。
 直ぐに消すNHK『「もうおねがい ゆるしてください」死亡した5歳女児のノート』https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180606/k10011466621000.html
 

>まず思うのは、この時点で児童養護施設などに入所させて親と距離を置く判断はできなかったか、ということだ。

 お気楽後出しジャンケン。
 都合により、親権ガーと騒ぐ可能性を否定できない。


>香川からの連絡で、東京の児相もリスクを抱えた家庭であることを把握。

 東京の児相と曖昧表現。
 23区で7つの相談所がある。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/jicen/list.html
 

>児相にとって難しい判断だろう。

 一部メディアがご都合で、親権がーを騒ぎ出すと厄介なので。


>警察とはどう連携をとるべきだったのか。

 今回件は不明。

 しかし、2017/11/24付⽇本経済新聞 ⼣刊『虐待児童 ⾯接負担軽く 相談所と捜査当局、連携し回数減らす』より。
『協議件数は計429件で、対象となったのは2〜18歳の男⼦103⼈、⼥⼦326⼈。』、『実際に連携⾯接が⾏われたのは377件で、うち協同⾯接が265件を占めた。⾯接を録画したのは331件だった。』


>ただ、結愛ちゃんは東京では幼稚園などに通っていなかった。

 通う、通わないは任意である。
 朝日としては、地域による見守り≒監視を主張すべきではないのか。


>児相の業務の多忙さはかねて指摘されている。問題家庭と向き合う児童福祉司の人数はこの10年間で1・4倍になったが、その間に相談件数は3・3倍になった。

 これでは、10人が14人?、10人が33人とも取れる。
 2018/6/8付⽇本経済新聞 朝刊『朝刊児童虐待、10年で3倍』より。
 児童福祉司は17年時点で3253⼈。
 『厚⽣労働省によると、全国の児童相談所が2016年度に対応した児童虐待は約12万2千件で、1990年度に統計をとり始めて以来、26年連続で増加。過去10年間で約3倍となった。』。

>今回の事件を受けて、小池百合子都知事は児相の増員と専門職の育成を表明した。むろん都だけの問題ではない。国をあげて取り組みを急ぐべきだ。

 朝日としては、国会の動きを書かず何もしていないと思わせたいのか?
 2016/5/20付日本経済新聞 朝刊『児童相談所の体制強化 関連法案が衆院通過』。
 
 国としては、親権の議論をした方がよいだろう。
 
 都議のブログ http://otokitashun.com/blog/daily/10217/
『法制度が異なるため厳密な比較にはなりませんが、先日視察に訪れたドイツでは親権停止は年間1万2千件、イギリスでは平均して年間5万件以上のケースで親権停止または剥奪されています。』。日本の親権停止17件。

 虐待はないことが望ましいい。
 しかし、時には親権停止も必要かも知れない。
 


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

|

« 2018年6月9日(土)付け小説朝日新聞社説『日米首脳会談 米国頼みを脱する時だ』を読んでの感想。 | トップページ | 2018年6月10日(日)付け小説朝日新聞社説『カジノ法案 疑問の解消にほど遠い』を読んでの感想/朝日読者の折込チラシでの消費行動調査を見ると、パチンコ・パチスロでは、きっかけとなる情報をテレビCMが8%、新聞折込が30%から入手 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/66810557

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年6月9日(土)付け小説朝日新聞社説『子どもの虐待 残されたノートに誓う』を読んでの感想:

« 2018年6月9日(土)付け小説朝日新聞社説『日米首脳会談 米国頼みを脱する時だ』を読んでの感想。 | トップページ | 2018年6月10日(日)付け小説朝日新聞社説『カジノ法案 疑問の解消にほど遠い』を読んでの感想/朝日読者の折込チラシでの消費行動調査を見ると、パチンコ・パチスロでは、きっかけとなる情報をテレビCMが8%、新聞折込が30%から入手 »