« 2018年7月18日(水)付け小説朝日新聞社説『大飯原発判決 福島の教訓はどこへ』を読んでの感想 | トップページ | 2018年7月19日(木)付け小説朝日新聞社説『日欧EPA 多国間協調を取り戻せ』を読んでの感想 »

2018年7月19日 (木)

 2018年7月19日(木)付け小説朝日新聞社説『たばこ対策 小さな一歩から前へ』を読んでの感想/店子放置、浜離宮朝日ホールにも喫煙スペースありの朝日

 2018年7月19日(木)付け小説朝日新聞社説『たばこ対策 小さな一歩から前へ』を読んでの感想。

以下感想。
>他人のたばこの煙を吸わされ、知らないうちに健康がむしばまれる。そんな理不尽な話はいつになったらなくなるのか、疑問は残ったままだ。

 そこまで主張するなら、薬物並みに所持禁止レベルの主張をして欲しい。

 受動喫煙を問題にするなら、親がたばこを吸い、子供が一方的に室内や車内などで、吸わされる状態を最大限に問題視するべきであろう。
 路上、景勝地での喫煙も迷惑だ。
 店は入らなければ済むが、これらは選択が出来ない場合が多い。


>全国の半数以上の店がこれに当たるというから、「屋内禁煙」の原則と例外が逆転していると言わざるを得ない。
 
 日本には、駅前に店がない、あっても1軒なんてところもある。
 そんなところでは、店が重要なコミュニティの場を提供している場合もある。
 都市部のオフィスで考えた主張を押し通し、地方のコミュニティの場を破壊したい。それが朝日新聞かも知れない。


>子どもや多くの人が訪れる国会や裁判所が、全面禁煙でないのにも首をひねる。

 国会は喫煙コーナーが設置されている。
 裁判所にも喫煙コーナーがある(弁護士が判決前に裁判員と接触って問題も出ている)。

 一方、親が吸って、一方的に子供が吸わされる状態は毎日であり、時に終日だ。

 ところで、朝日は、小中学校などは問題にしないのか?
 WHOでは、規制対象8カ所①医療施設 ②大学以外の学校 ③大学 ④行政機関⑤事業所 ⑥飲食店 ⑦バー ⑧公共交通機関を「公衆の集まる場」と定めている。

 小中学校を問題にせず、年に1度か2度の見学で訪れる国会や裁判所を問題にして、毎日さらされる可能性を否定できない学校について記さない。
 この意味不明の朝日基準。


>ただし、その都条例でも専用室での喫煙は許される。日本も加盟するたばこ規制枠組み条約の指針は、こうしたやり方を認めていない。

 浜離宮朝日ホール店のとんかつ屋
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13055705/
では、『全面喫煙可』で変わらず。

 金儲けの為に店子は放置の朝日新聞。これが朝日基準でもある。まさに、ご都合主義。

 ちなみに、 
 朝日新聞、築地のテナント情報。
http://www.asahi-hall.jp/hamarikyu/access/facility.html
 朝日新聞、築地本社にあるレストラン支店
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13050476/table/
 昨年9月は、分煙だったが(http://dougunogu.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/2017912-b471.html)、現在は禁煙。

>受動喫煙の実態を調査・把握し、対策を強化していく必要がある。
 
 他人任せの主張。
 先ず、朝日は、前向きな行動を取るべきであろう。
 店子への指導をするべきだ。
 

>受動喫煙対策にいち早く乗りだしたのは神奈川県で、09年に独自の条例を制定した。
>業者に自主的な対応を促すのが目的で、罰則はあえて適用していないというが、法律や条例を定めても守られなければ意味がない。

『罰則はあえて適用していないというが、』??
2018.3.21付け産経『受動喫煙、罰則適用ゼロ 神奈川県条例、施設側の協力得られず 違反約1000件』https://www.sankei.com/life/print/180321/lif1803210008-c.html
『条例をめぐっては、県が年間900件以上の違反を確認しながら、平成28年度までに一度も罰則適用や、その前段となる立ち入り調査をしていなかったことが昨年3月に判明。』。

 立ち入り調査すらしていない、超ザル条例の現実。


>「屋内全面禁煙」という世界標準に近づくための、継続的なとり組みが求められる。

 2018/1/30付け日経電子版『喫煙対策、遠い国際基準 WHOランク上昇1段階だけ 』https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26297330Q8A130C1CR0000/
に現在の規制状況(医療機関、小中高校、職場、ホテル・旅館、飲食店)が表になっている。
 
 最高ランクの評価に分類されるのは英国やカナダ、ロシアなど55カ国であるが、表を見ると、職場、ホテル・旅館、飲食店では、日本の方がましである。
 ホテル・旅館では、一晩、ガス室で過ごす可能性もあり、規制は重要である。 

 浜離宮朝日ホール、
https://www.asahi-hall.jp/hamarikyu/faq/
『Q9. ホール内で喫煙できますか?
A9. ホール内で喫煙はできません。ホール正面入り口外にある喫煙スペースをご利用ください。』
https://www.asahi-hall.jp/hamarikyu/multipurpose/pdf/kikaku.pdf
『喫煙所はホール正面出入口と事務所前楽屋口の屋外にございます。 』
  
 他人のたばこの煙を吸わされてから入れってことか。
 ホールも「公衆の集まる場」である。
 浜離宮朝日ホールも全面禁煙にするべきであろう。
 正面からの対応が必要だ。 


 
●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

|

« 2018年7月18日(水)付け小説朝日新聞社説『大飯原発判決 福島の教訓はどこへ』を読んでの感想 | トップページ | 2018年7月19日(木)付け小説朝日新聞社説『日欧EPA 多国間協調を取り戻せ』を読んでの感想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/66956759

この記事へのトラックバック一覧です:  2018年7月19日(木)付け小説朝日新聞社説『たばこ対策 小さな一歩から前へ』を読んでの感想/店子放置、浜離宮朝日ホールにも喫煙スペースありの朝日:

« 2018年7月18日(水)付け小説朝日新聞社説『大飯原発判決 福島の教訓はどこへ』を読んでの感想 | トップページ | 2018年7月19日(木)付け小説朝日新聞社説『日欧EPA 多国間協調を取り戻せ』を読んでの感想 »