« 2018年7月20日(金)付け小説朝日新聞社説『君が代判決 強制の追認でいいのか』を読んでの感想 | トップページ | 2018年7月21日(土)付け小説朝日新聞社説『カジノ法成立 賭博大国への危うい道』を読んでの感想/競馬の朝日杯提供中の朝日新聞社 »

2018年7月20日 (金)

2018年7月20日(金)付け小説朝日新聞社説『ウナギ不漁 食べ尽くさないために』を読んでの感想。

 2018年7月20日(金)付け小説朝日新聞社説『ウナギ不漁 食べ尽くさないために』を読んでの感想。

以下感想。
>ニホンウナギは、春にかけて海岸近くにきた稚魚をとり、養殖池で育てる。国内で今年4月
末までの漁期にとれた稚魚は、史上2番目に少なかった。
 
  2018/7/17 12:00 ⽇本経済新聞 電⼦版『「ウナギがない」築地困惑 ⼟⽤の丑の⽇⽬前に』より。
『⾷卓に並ぶウナギの99%は養殖物で、11⽉から翌年1⽉ごろまでにとれた稚⿂を池⼊れし、丑の⽇までに6カ⽉ほど太らせて出荷する。』
 稚魚の漁獲量が減っているのは事実であろうが、土用丑の日用としては1月末程度までが対象。


>14年の実績から2割減らした値だが、「その範囲ならば資源の量は減らない」といった裏付けがあるわけではない。

 減る裏付けもない。


>日本政府は中国などにも呼びかけ、資源管理の基礎になるデータの把握を急ぐべきだ。ウナ
ギを大量消費してきた国の責務だろう。

 『大量消費してきた国』、基本、日本に罪悪感を植え付け楽しみたい朝日。
 
 2017.04.13付けbiz-journal『嘘だらけの「ウナギ絶滅」説…中国産でもニホンウナギ、日本人悪玉論はデマ、謎の生態』http://biz-journal.jp/2017/04/post_18688_2.html
『日本人が世界のウナギの7割を食している』は、2000年代の資料(20万トン中15万トン)。
『ただし12年のデータで同様の算出をすると、世界のウナギ生産量が約23万6000tで日本の消費量は3万7000tでしたから、この年で日本の消費量は世界全体の15%少々にまで減っています』。
 これが最近の状態。コメの消費が下がるくらいだから、ウナギの消費も減るのは当然。


>日本政府は中国などにも呼びかけ、資源管理の基礎になるデータの把握を急ぐべきだ。

 2018/7/6付⽇本経済新聞 朝刊『サンマ漁獲枠、再び決裂 国際会議閉幕 ⽇本提案に中国反対、規制の枠組み先送り』。
『⽔産庁によると、サンマの漁獲枠導⼊について、資源量が把握できていないとする中国とバヌアツが反対した。』
 このような理屈で、中国は反対する。その上、中国のデータは怪しい。時間と金をかけた結果、無駄になりかねない。

 2018/6/9付⽇本経済新聞 朝刊『ウナギ養殖量「削減」先送り 国際会議が閉幕 資源保護の議論進まず』より。『上限を減らす案もあったが、中国の⽋席や科学的な根拠による資源量の把握ができていないことを理由に⾒送られた。』。
 欠席の中国。
 当然のように朝日社説には、中国欠席の記載はない。


>しかし、実際に報告があるのは採取量の半分程度で、無報告や密漁が横行している。

 価格高騰に伴い密漁での利益増し。


>大手量販のイオンは、2023年までにニホンウナギはトレース(追跡)可能なものしか扱
わないようにする方針を発表した。

 5年も先。それまでは、金儲けに徹するってことか。
 

>官民問わず、かけ声だけでなく実効性のある取り組みを広げるべきときだ

 完全養殖に力を注ぐべき(https://www.fra.affrc.go.jp/bulletin/news/fnews23.pdf)。
 
 上記biz-journalによれば、年間で最⾼でも約1500匹程度。
 規模を大きくして、実験を行うのだ。

 
●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

|

« 2018年7月20日(金)付け小説朝日新聞社説『君が代判決 強制の追認でいいのか』を読んでの感想 | トップページ | 2018年7月21日(土)付け小説朝日新聞社説『カジノ法成立 賭博大国への危うい道』を読んでの感想/競馬の朝日杯提供中の朝日新聞社 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/66960251

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年7月20日(金)付け小説朝日新聞社説『ウナギ不漁 食べ尽くさないために』を読んでの感想。:

« 2018年7月20日(金)付け小説朝日新聞社説『君が代判決 強制の追認でいいのか』を読んでの感想 | トップページ | 2018年7月21日(土)付け小説朝日新聞社説『カジノ法成立 賭博大国への危うい道』を読んでの感想/競馬の朝日杯提供中の朝日新聞社 »