« 2018年7月21日(土)付け小説朝日新聞社説『カジノ法成立 賭博大国への危うい道』を読んでの感想/競馬の朝日杯提供中の朝日新聞社 | トップページ | 2018年7月22日(日)付け小説朝日新聞社説『安倍1強政治の果て 民主主義の根腐れを憂う』を読んでの感想 »

2018年7月21日 (土)

2018年7月21日(土)付け小説朝日新聞社説『野田総務相 明確な説明を求める』を読んでの感想

 2018年7月21日(土)付け小説朝日新聞社説『野田総務相 明確な説明を求める』を読んでの感想。

以下感想。
 2018年07月19日付けhuffingtonpost『野田聖子氏側が金融庁へ圧力? 仮想通貨関係会社の調査めぐり、説明要求』https://www.huffingtonpost.jp/2018/07/18/seiko-noda-pressure_a_23485043/
 ヤフー『野田聖子総務相、秘書が#####関与の「SPINDLE」で金融庁担当者に圧力(修正あり)』https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotoichiro/20180719-00089971/
の件か。
 zakzak『野田聖子氏「圧力には当たらない」 仮想通貨説明要求』https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180720/soc1807200013-n1.html

>野田聖子総務相の事務所が今年1月、仮想通貨の販売をめぐって金融庁の調査を受けていた
業者を同席させたうえで、同庁の担当者に庁としてのスタンスなどを「説明」させていた。

 陳情の一つ。
 本人は同席せず。


>それなら業者が自ら役所に問い合わせればいい話だ。なぜ野田氏の秘書が乗りだす必要があるのか。

 陳情の一つの形。
 議員側にも、勉強の場は必要であろう。


>疑念が渦巻き、行政への信頼をおとしめている。

 陳情を否定する朝日か。


>そのさなかに現職閣僚の事務所が、口利きや役所への圧力を疑われるような行動をする。懲

 朝日社説の中では、『役所への圧力を疑われるような行動』に関する具体的な記述がない。
 
 
>そんな漏洩(ろうえい)がまかり通れば、開示請求の萎縮を生み、制度そのものが機能しなくなるおそれがあるからだ。

 公開請求側の情報の漏洩は、官僚の行為。
 メディアへの漏洩も官僚の行為。

 官僚に対して、厳しい罰則が必要であろう。


>そうであるならば、森友・加計問題に真摯(しんし)に向きあおうとしない現職首相との違いを見せてもらいたい。

 朝日に都合のよい主張が出ない限り、真摯に向きあおうとしないに類似した表現を続けると思われる。


>前財務次官のセクハラ疑惑が持ちあがった際、野田氏は直ちに安倍首相らに「事実であれば
アウトですからよろしく」との趣旨のメールを送ったという。先月の日本記者クラブの会見で
明らかにした。自身についても歯切れのいい説明を求める。

 野田氏だと、『「事実であればアウトですからよろしく」との趣旨のメール』を評価。
 
 麻生氏、『事実だとするなら、それはセクハラという意味ではアウトだ』でも批判材料(20 18年4月17日付け朝日社説『財務次官問題 混乱は深まるばかりだ』)。

 朝日グループのテレ朝のセクハラ問題、
2018.7.3 19付け産経『テレビ朝日社長、セクハラ隠し録りで告発の女性社員と直属の上司「処分しない」』 https://www.sankeibiz.jp/business/print/180703/bsj1807031903005-c.htm
『隠し録りしたセクハラ音声データを週刊誌に提供した女性社員と、セクハラの報告を受けながら社内で情報を共有しなかった直属の上司について「就業規則に基づく処分は行わない」と発表した。』
 何と、セクハラの相談を受けた上司を処分せずだ。

 社内的にも大問題、
 2018.06.08付けポストセブン『テレビ朝日内部資料「女性社員の56%がセクハラ被害」の衝撃』https://www.news-postseven.com/archives/20180608_693427.html?PAGE=1のにも関わらずだ。

 G20では、麻生大臣に対しテレ朝の記者が一番最初にセクハラ問題について質問。
 2018-04-23付けsnjpn『G20ワシントンでテレ朝記者の麻生大臣への質問に、八代英輝 「あれはやっぱりG20の質問からすべきだった」』
 https://snjpn.net/archives/49177
 
 これが、朝日グループか。
 ご都合主義が見える。


 一方、
 2018/05/23文春『朝日新聞で上司が女性記者にセクハラの疑い』
http://bunshun.jp/articles/-/7480
こちらは、その後の状態が分からず。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

|

« 2018年7月21日(土)付け小説朝日新聞社説『カジノ法成立 賭博大国への危うい道』を読んでの感想/競馬の朝日杯提供中の朝日新聞社 | トップページ | 2018年7月22日(日)付け小説朝日新聞社説『安倍1強政治の果て 民主主義の根腐れを憂う』を読んでの感想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/66963763

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年7月21日(土)付け小説朝日新聞社説『野田総務相 明確な説明を求める』を読んでの感想:

« 2018年7月21日(土)付け小説朝日新聞社説『カジノ法成立 賭博大国への危うい道』を読んでの感想/競馬の朝日杯提供中の朝日新聞社 | トップページ | 2018年7月22日(日)付け小説朝日新聞社説『安倍1強政治の果て 民主主義の根腐れを憂う』を読んでの感想 »