« 2018年08月08日(水)付け小説朝日新聞社説『森友問題 佐川氏を再び国会に』を読んでの感想。 | トップページ |  2018年08月09日(木)付け小説朝日新聞社説『原爆の記憶継承 若い世代の新たな挑戦』を読んでの感想 »

2018年8月 8日 (水)

2018年08月08日(水)付け小説朝日新聞社説『小池知事2年 地に足のついた都政を』を読んでの感想

 2018年08月08日(水)付け小説朝日新聞社説『小池知事2年 地に足のついた都政を』を読んでの感想。

以下感想。
>築地市場の移転延期や東京五輪の経費削減、古い体質の象徴と位置づけた都議会自民党との対決――。

 移転延期に伴い、2018.6.7産経『「環状2号線」全通、2022年度めど 都、築地市場移転遅れ影響』http://www.sankei.com/life/print/180607/lif1806070017-c.html 五輪に間に合わず。

 東京五輪の経費削減?環状2号線の遅れに暫定の地上道路ではマイナスだし、東京都の負担だけで、1.4兆円(2018年1⽉26⽇付け毎日『東京都 五輪関連8100億円計上 ⼤幅増加、計2兆円超』)である。
 2017年12月22日付け東京新聞『東京五輪開催費、1兆3500億円に減 5月から350億円圧縮』http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201712/CK2017122202000242.html。

 2017/08/18付け文春『”悪の権化”にされた都議会自民党前幹事長・高木啓が語る「小池都知事の『オリンピック経費400億円削減』など嘘だ」』
 http://bunshun.jp/articles/-/3803
『「その過程で400億円ほど経費の削減ができた」と都知事は語っていますが、それは端的に言って嘘です。去る6月5日の文教委員会の議事録を見ていただければ詳細がわかります。・・・・・』の見解もある。


>その後は国政と距離を置き、待機児童の解消に向けたとり組みや、国の先をゆく受動喫煙防止条例の制定、すべての公費支出の情報公開などで、一定の成果をあげてはいる。

 評価方法が恣意的な朝日。

 都知事選挙時の公約は、7つのゼロ、「待機児童ゼロ、残業ゼロ、満員電車ゼロ、ペット殺処分ゼロ、介護離職ゼロ、都道電柱ゼロ、多摩格差ゼロ」だった。(以上は、公約のポスターから。https://snjpn.net/archives/61186を参考)。

 都知事選挙時の表立った公約には、受動喫煙防止条例、情報公開も含まれていない。公約として、この2点が全面に出たのは、希望の党、立ち上げ時の12のゼロからである。

 他は、動きがあるようだが、現時点ではゼロに至っていない。
 都道電柱ゼロは、任期の20年7月30日までに工事完了は不可能であろう。都として30年も検討中だ。

2018.07.23付けthepage『公約実現済みは46件、都民ファーストの会が公約377件の達成状況を公表』https://thepage.jp/tokyo/detail/20180723-00000002-wordleaf
 公約と言えば公約なのだろうが、大きなものが見当たらない。


> 宣言によって、10月に予定される豊洲への市場移転がいよいよ見えてきた。だが、業務に使わないとはいえ、新市場の地下水汚染の程度は変わらない。

 『地下水汚染の程度は変わらない。』とは、何か問題なのか?
 飲まない、何かに利用しない水だ。

 それを問題と思わせるような表現を続ける朝日には疑問ばかり。
 

>消費者や市場関係者の理解を得るには、引き続きの環境監視はもちろん、難題から逃げず、適切に情報を発信しながら対話を重ねることが必要だ。

 『業務に使わない』、科学的に問題なしで切り捨てることが求められる。
 非科学的なことに付き合うようでは、科学ゼロと言われかねない。

 2018.8.3付けZAKZAK『【有本香の以毒制毒】今さら「安全宣言」…小池都知事、豊洲2年遅れの損失はおいくら? ワイズスペンディングはどこへ』https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180803/soc1808030009-n1.htmlより『空っぽの豊洲市場の電気代など維持費で2年間で35億円近くが費やされ、業者への補償も100億円近い。そのほか、諸々をザッと計算しても数百億円は軽くいく。』
 賢い支出取り下げ状態か。


>それが、巨大組織の長の小池氏に求められる行動である。

 思い切って二院制にするくらいの動きが欲しい。
 都の予算は、スウェーデンの国家予算に匹敵とされる。スウェーデンは一院だが、それ以下の予算の国、ベルギー、スイス、ノルウェーなどは二院制だ。

 
●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

|

« 2018年08月08日(水)付け小説朝日新聞社説『森友問題 佐川氏を再び国会に』を読んでの感想。 | トップページ |  2018年08月09日(木)付け小説朝日新聞社説『原爆の記憶継承 若い世代の新たな挑戦』を読んでの感想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/67033664

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年08月08日(水)付け小説朝日新聞社説『小池知事2年 地に足のついた都政を』を読んでの感想:

« 2018年08月08日(水)付け小説朝日新聞社説『森友問題 佐川氏を再び国会に』を読んでの感想。 | トップページ |  2018年08月09日(木)付け小説朝日新聞社説『原爆の記憶継承 若い世代の新たな挑戦』を読んでの感想 »