« 2018年08月11日(土)付け小説朝日新聞社説『スポーツ庁 危機感もって再生探れ』を読んでの感想 | トップページ | 2018年08月12日(日)付け小説朝日新聞社説『ミンダナオ 和平へ日本も後押しを』を読んでの感想/異例?の朝日社説 »

2018年8月12日 (日)

2018年08月12日(日)付け小説朝日新聞社説『サマータイム あまりに乱暴な提案だ』を読んでの感想

 2018年08月12日(日)付け小説朝日新聞社説『サマータイム あまりに乱暴な提案だ』を読んでの感想。

以下感想。
>安倍首相は「内閣としても考える」としつつ、自民党に検討を指示した。

 1強ならノーで終わりだが、多様な意見に耳を傾け、可能性を判断するってこと。


>聞こえはいいが、手段が目的に合うのか、コストや副作用はどれほどなのか、筋道だった説明はない。

 朝日社説の提案も、毎度そんなものではないか?
 あまりに乱暴に思える。


>東京五輪での暑さ対策が狙いなら、競技の時間を変えればいい話だ。あまりにずさんな提案に、驚くしかない。

 しかし、高校野球(甲子園)では、命に関わる危険な暑さの指摘もある中、それをガン無視して大会強行の例もある。
 日本全体として、暑さ対策を狙うのだ。


 また、賛成51%の民意がある。
 2018年8月7日付けすぐ消すNHK『NHK世論調査 死刑制度は存続58% 廃止7%』https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180807/k10011567031000.html 『東京オリンピック・パラリンピックの暑さ対策として夏に生活時間を早める「サマータイム」の導入に「賛成」が51%、「反対」が12%、「どちらともいえない」が29%でした。』

 但し、『生活時間を早める』ではなく、「2時間早起き」と質問すると真逆の結果になるかも知れないが。また、『サマータイム』ではなく、「夏時間」とすると支持は減るかも知れない。

 質問内容不明だが、過去の世論調査では何故か賛成が多い。
 環境省
https://www.env.go.jp/earth/ondanka/summertime/attach/pamph.pdf の4ページ。


>費用はいくらで誰が負担するのか。

 欧米では不要論もあるが実施されている。
 エネルギー削減効果もあるとされている。一時期燃料費が『一日100億円』とも言われたこと考えれば、本当に削減出来れば日本全体としてプラスである。
 40度以上の環境下で効果ありなのか?検討は必要。


>サマータイムの是非は、これまでも度々議論されてきた。だが様々な問題点が指摘され、導入に至っていない。

 2005.5.18付け第一生命『サマータイム制導入の経済効果』 
http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/2005_010.pdf
 2005年には、法案提出のレベルの議論もあったようだ。

 当時の試算で、GDP1兆円以上の経済効果。


>日本睡眠学会も、いまでも短い日本人の睡眠時間をさらに削り、健康障害を広げかねないと警告している。

 http://www.jssr.jp/data/pdf/summertime_20120315.pdf
 2012年のこれか?
 図5-2を見ると、日本の次に睡眠時間が短いのは、ノルウェー、スウェーデン。図4では、カナダの交通事故への影響を記載しているが、カナダは睡眠時間が比較的長い国。パラパラと眺めて疑問ありの資料。
 

 2018年08月07日付けニフティ『夏の高校野球、医師の6割「開催に条件付けるべき」 熱中症懸念「精神論ではいけない。試合開始時間を早めるべき」』https://news.nifty.com/article/economy/cc/12117-9153/

 このような警告もあるが、朝日は聞く耳を持たず。


>欧州連合はサマータイムのあり方について域内で意見を募っているが、その際、省エネ効果については「わずかで、地理的位置にもよる」と指摘している。
>だが、炭素排出量全体と比べれば効果はかなり小さかった。

 効果がわずかでも、実施が必要な場合もある。
 
 押し紙1/3の存在も炭素排出量全体と比べれば影響なしと言いたいのかも知れない。


 問題と言えば、電波時計はどうなる?
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1808/09/news094.html
ってのもある。
 過去に比べると、変わってきている点(普及率など)もある。


>しかし、号令一下で人々を動かそうとするかのような発想は、あってはならない。

 多様な意見に耳を傾けずでは問題であろう。
 
 そもそも、国会審議を経る。その前に、自民党内で検討だ。何処が号令一下なのか?意味不明である。


>「錦の御旗」を振り回して日常生活への影響を当然視する姿勢に陥れば、「レガシー」にも傷がつく。

 また、意味不明。
 天皇(朝廷)の軍は、日本に存在しない。
 五輪組織委員会は、多くが崇める存在でもない。

 『錦の御旗』になっていない。

 主張に沿わない意見を具体的な数値も出さずに否定する。
 そんな朝日には、疑問しか残らない。

 感情論を拝して、アスリートにメリットがあるのか?、経済効果があるのか?日常生活への影響など、数値的な根拠を出して議論し、同時に時間的に間に合うのか?を総合的に判断するべきであろう。
 また、五輪に間に合わせるではなく、数年後の然るべき時期導入の是非の視点があってもよいだろう。

 


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

|

« 2018年08月11日(土)付け小説朝日新聞社説『スポーツ庁 危機感もって再生探れ』を読んでの感想 | トップページ | 2018年08月12日(日)付け小説朝日新聞社説『ミンダナオ 和平へ日本も後押しを』を読んでの感想/異例?の朝日社説 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/67047673

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年08月12日(日)付け小説朝日新聞社説『サマータイム あまりに乱暴な提案だ』を読んでの感想:

« 2018年08月11日(土)付け小説朝日新聞社説『スポーツ庁 危機感もって再生探れ』を読んでの感想 | トップページ | 2018年08月12日(日)付け小説朝日新聞社説『ミンダナオ 和平へ日本も後押しを』を読んでの感想/異例?の朝日社説 »