« 2018年08月12日(日)付け小説朝日新聞社説『サマータイム あまりに乱暴な提案だ』を読んでの感想 | トップページ | 2018年08月14日(火)付け小説朝日新聞社説『日米貿易協議 公正・自由の原則守れ』を読んでの感想 »

2018年8月12日 (日)

2018年08月12日(日)付け小説朝日新聞社説『ミンダナオ 和平へ日本も後押しを』を読んでの感想/異例?の朝日社説

 2018年08月12日(日)付け小説朝日新聞社説『ミンダナオ 和平へ日本も後押しを』を読んでの感想。

以下感想。
>40年以上も武力紛争が続くフィリピン南部ミンダナオ島で、恒久的な和平に向けた歩みが始まった。
 
 2018/8/1付⽇本経済新聞 朝刊『フィリピンで⾞爆発、11⼈死亡』より。
『フィリピン南部ミンダナオ島近くのバシラン島の軍検問所で31⽇、近づいてきた⾞が爆発し、近くにいた4⼈の市⺠を含む11⼈が死亡した。軍はイスラム過激派「アブサヤフ」による⾃爆テロの可能性が⾼いとの⾒⽅を⽰した。』


>自治の合意は、この地域を代表する最大の武装組織「モロ・イスラム解放戦線」と政府との間で結ばれた。

 上記日経記事により。『同国最⼤のイスラム武装勢⼒、モロ・イスラム解放戦線(MILF)はこの法律を歓迎する意向を⽰しているが、同島ではMILF以外にも過激派が活動している。』。
 多様な過激派が存在する現実。

 2018/5/24付⽇本経済新聞 朝刊『⽐ミンダナオ島、過激派蜂起1年 「イスラム国」影響なお』を見ると、
 ミンダナオ島南⻄に点在するスルー諸島、過激派「アブサヤフ」
 ミンダナオ島マラウイ市、過激派「マウテ・グループ」
の名が上げられている。

 
>両者は4年前に包括和平の約束を交わしたが、その後に衝突が再燃し、基本法は成立しないままだった。
>ドゥテルテ氏はミンダナオ島の出身であることが強みだ。議会の上下両院に粘り強く働きかけ、基本法をまとめあげた。

 『約束を交わした』、「包括和平の合意」の表現の報道もある(https://www.sankeibiz.jp/macro/print/180626/mcb1806260500008-c.htm)。

 ドゥテルテ氏は2016年から。4年前はアキノ氏。
 
『新バンサモロ基本法の起草にあたるバンサモロ移行委員会の挑戦』
http://peacebuilding.asia/jaafar2/
 日本では、名が出る機会も殆どないと思われる議長へのインタビュー記事。委員会の半数以上がMILF関係者?。
 

>武装解除する兵士に職を提供できるか。

 職業過激派。
 何処かの基地外では、職業反対派。


>地元に根ざしたイスラム教徒による安定した自治が実現すれば、ISなどが拡散を狙う過激思想への防波堤にもなろう。

 自治から過激な独立運動につながらないことを願う。


>政府とだけでなく、武装組織とも信頼関係を築いてきた意義は大きい。経験を糧に適切な支援を続け、日本のアジア外交における財産にしたい。

 これは、異例だ。
 外交ガー、外交ガーと叫ぶ印象が強い朝日社説。
 しかし、日本の外交努力を社説に書くことは滅多にない気がする。


 ミンダナオ島での活動、一例。
 平成30年3月20日付け外務省『エネルギーの有効活用が出来る廃棄物処理発電施設の整備・運営支援ミンダナオ島マラウィ市周辺の紛争影響地域における復旧・復興支援(フィリピンに対する無償資金協力に関する書簡の交換)』 https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005826.html
 ミンダナオ島の南西部に位置するムスリム・ミンダナオ自治区は,40年以上に及ぶ紛争の影響もあり,フィリピン国内で貧困率が最も高い地域。
 そこへの支援活動。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

|

« 2018年08月12日(日)付け小説朝日新聞社説『サマータイム あまりに乱暴な提案だ』を読んでの感想 | トップページ | 2018年08月14日(火)付け小説朝日新聞社説『日米貿易協議 公正・自由の原則守れ』を読んでの感想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/67047769

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年08月12日(日)付け小説朝日新聞社説『ミンダナオ 和平へ日本も後押しを』を読んでの感想/異例?の朝日社説:

« 2018年08月12日(日)付け小説朝日新聞社説『サマータイム あまりに乱暴な提案だ』を読んでの感想 | トップページ | 2018年08月14日(火)付け小説朝日新聞社説『日米貿易協議 公正・自由の原則守れ』を読んでの感想 »