«  2018年09月04日(火)付け小説朝日新聞社説『自民党総裁選 国民は視野にないのか』を読んでの感想/告示日前の選挙運動は総裁選でも慎むべき | トップページ | 2018年09月05日(水)付け小説朝日新聞社説『「国民」新代表 野党の連携強めてこそ』を読んでの感想。 »

2018年9月 4日 (火)

2018年09月04日(火)付け小説朝日新聞社説『ヤマト不正 現場軽視が生むゆがみ』を読んでの感想/押し紙はどう考えているのか

 2018年09月04日(火)付け小説朝日新聞社説『ヤマト不正 現場軽視が生むゆがみ』を読んでの感想。

以下感想。
>営業現場に無理を押しつけ、従業員のモラルが荒廃する。そんな状態で、まっとうなビジネ
スを営めるはずがない。

 押し紙のことに思える。


>先日公表された外部専門家による調査委員会の報告は、荷物量を意図的に多く見積もる事例が横行していたことを指摘した。

 新聞の水増しの例。
 2018年08月14日付けMEDIA kokusyo『新聞販売店から内部告発、「『押し紙』に相当する部数は最初から印刷されていない」、用紙代・印刷費・運搬費の節約が理由』http://www.kokusyo.jp/oshigami/13116/ より。『ところが最近は、帳簿上は搬入された全新聞が配達されたことにしておいて、「押し紙」部については部数だけ(配達部数として)計上し、実際は最初から印刷もしなければ、搬入もしないのだという。』
 

>顧客をだますような行為が現場に蔓延(まんえん)していたのは、深刻な事態だ。

 業界としての押し紙問題は、気にならないのだろうか?


>加えて重大な問題は、現場に負担や混乱を強いるような体制を、経営側が長年にわたって放
置していたことだ。

 業界としての押し紙問題は、気にならないのだろうか?


>今回の問題は分野こそ異なるが、商品の値付けの無理が起こしたという点で一定の共通点がある。

 朝日社説は、押し紙について、どのような見解を出すのか?知りたいところだ。


>顧客には約束通りの商品を提供し、社員には正当な賃金を払う――。この大前提を破ってま
で目先の価格競争力にこだわっても、結果的には信頼を失うだけだ。

 勤怠管理情報を、上司が勝手に書き換える企業もある。
 2016/11/1付けBuzzFeed『朝日新聞社、上司が部下の「労働時間」を短く改ざん 基準内に収めるため』https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/asahi-19940?utm_term=.ylza9xQee#.tblnR73AA 
などがある。
 これでは、正当な賃金の支払いは不可能だ。

 『約束通りの商品を提供』.....新聞の場合は、事実上、内容の保証なし。製品回収もない現状。
 信用するかどうかは、お客様マター。誤報に伴う誤解を最後の1人まで解く、そんな意志も感じられない。例えば、メタタグを弄って検索逃れの事例も最近発覚(https://news.nifty.com/article/domestic/society/12156-61011/ など)。
 
 信頼だけは、今日も失われる朝日か。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

|

«  2018年09月04日(火)付け小説朝日新聞社説『自民党総裁選 国民は視野にないのか』を読んでの感想/告示日前の選挙運動は総裁選でも慎むべき | トップページ | 2018年09月05日(水)付け小説朝日新聞社説『「国民」新代表 野党の連携強めてこそ』を読んでの感想。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/67129609

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年09月04日(火)付け小説朝日新聞社説『ヤマト不正 現場軽視が生むゆがみ』を読んでの感想/押し紙はどう考えているのか:

«  2018年09月04日(火)付け小説朝日新聞社説『自民党総裁選 国民は視野にないのか』を読んでの感想/告示日前の選挙運動は総裁選でも慎むべき | トップページ | 2018年09月05日(水)付け小説朝日新聞社説『「国民」新代表 野党の連携強めてこそ』を読んでの感想。 »