« 2018年09月12日(水)付け小説朝日新聞社説『米国と北朝鮮 再会談への拙速避けよ』を読んでの感想 | トップページ | 2018年09月13日(木)付け小説朝日新聞社説『北海道地震 関連死を防ぐために』を読んでの感想。 »

2018年9月12日 (水)

2018年09月11日(火)付け小説朝日新聞社説『6年ぶりの総裁選び 「安倍1強」を総括する時』を読んでの感想

 2018年09月11日(火)付け小説朝日新聞社説『6年ぶりの総裁選び 「安倍1強」を総括する時』を読んでの感想。

以下感想。
 昨日は、執筆中に、PCトラブル。


>問われているのは、5年9カ月におよぶ長期政権の功罪と、この国の次の3年のありようである。

 功罪ならば、よい、悪いを同時書き並べ評価すべきだが、悪いに偏る朝日。


>ただ、少子高齢化や人口減など、政治が全力で取り組まなければならない課題が山積するなか、国民の多くがいま、憲法改正を求めているとはとても思えない。

 思いたくない、思わせたくない。
 
 オバマ政権以後、米国は世界の警察を降りる方向だ。
 NATOのように強力な集団的自衛権もない日本。

 2017年12月13日(水)付け朝日新聞社説『巡航ミサイル 専守防衛の枠を超える』では、『日本の安全保障は、米軍が攻撃を担う「矛」、自衛隊が守りに徹する「盾」の役割を担ってきた。』と記してた。
 『盾』とは、傷つくことが前提である。
 更に、傷つくのは自衛隊だけではない。

 現行憲法下では、ミサイル発射地点の敵基地攻撃も満足に出来ない。それでは、迎撃漏れもあるだろうし、可能性としては転がる死体が増える方向だ。
 日本が攻撃すれば、全面戦争になりかねない主張も一部にあるが、一方的な攻撃を受け続ける可能性を否定できない。その方が楽しい、嬉しいのか??

 現行憲法のままで自主防衛をしても金銭的に厳しいだけではなく、攻撃を受けて対処が前提だ。
 異常な憲法を改正する必要はある。
 米国が世界の警察を降りる方向である以上、残された時間は長くはない。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 誤報に伴う誤解を最後の1人まで解こう。そんな意識も乏しい。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

|

« 2018年09月12日(水)付け小説朝日新聞社説『米国と北朝鮮 再会談への拙速避けよ』を読んでの感想 | トップページ | 2018年09月13日(木)付け小説朝日新聞社説『北海道地震 関連死を防ぐために』を読んでの感想。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/67160010

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年09月11日(火)付け小説朝日新聞社説『6年ぶりの総裁選び 「安倍1強」を総括する時』を読んでの感想:

« 2018年09月12日(水)付け小説朝日新聞社説『米国と北朝鮮 再会談への拙速避けよ』を読んでの感想 | トップページ | 2018年09月13日(木)付け小説朝日新聞社説『北海道地震 関連死を防ぐために』を読んでの感想。 »