« 2018年10月16日(火)付け小説朝日新聞社説『消費増税対策 何でもありは許されぬ』を読んでの感想 | トップページ | 2018年10月17日(水)付け小説朝日新聞社説『太陽光の停止 電力捨てない工夫を』を読んでの感想/不安定な再生エネ事業者側が安定供給すべき »

2018年10月16日 (火)

2018年10月16日(火)付け小説朝日新聞社説『再審手続き 繰り返し整備を求める』を読んでの感想

 2018年10月16日(火)付け小説朝日新聞社説『再審手続き 繰り返し整備を求める』を読んでの感想。

以下感想。
>客観的な証拠に目をつぶり、自白に過度に頼る。そんな捜査が冤罪(えんざい)を生み出したケースが、またひとつ積み重ねられた。

 最終的な判断が出ない中で、『またひとつ』には疑問だ。
 予想と異なる判断が出た場合は、社説としてどうするのか?
 判決に対する疑問を投げかけてお茶を濁すだけでは無責任ではないか?『またひとつ』の印象操作を訂正する努力も必要ではないか。

 
>捜査段階で男性は、小刀に布きれを巻いて被害者を刺し、犯行後にそれを燃やしたと供述していた。ところが、その布きれと思われるものが検察に保管されているのを、再審請求の準備をしていた弁護団が見つけた。

 2018年10月12日付けNHK『33年前の松橋事件 最高裁も再審認める』
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181012/k10011669151000.html
『捜査段階で##さんは、「凶器の小刀にシャツを切り取った布を巻き付け、犯行後に燃やした」と自白していましたが、熊本地方検察庁に5枚の布が保管されていることがわかり、組み合わせると1枚のシャツに復元されました。弁護団は、燃やされたはずの布が保管されシャツが復元されたことは自白の内容と矛盾するため、有罪の大きな根拠とされた自白に信用性がなくなったとして、平成24年、裁判のやり直しを求めました。』
 自白の内容と矛盾は別にして、シャツに血痕、あるいは犯人の痕跡などついていないのだろうか?

 
>都合の悪い証拠を隠していたのではないか。そんな疑いすら抱いてしまう。
 
 朝日のことか??


>捜査当局が保有しながら当初の裁判には証拠提出されず、後に再審段階で無罪の決め手とな
る。そんな例が相次ぐ。

 その中には、当時は、証拠と判断されずの例もあろう。


>松橋事件では、未提出の証拠を閲覧したいという弁護団の求めに検察がたまたま一部応じ、
問題の布きれが見つかるという特異な展開をたどった。もし検察が違う対応をとっていたらと
思うと、背筋が寒くなる。

 上記NHK報道では、『警察の取り調べに対し⾃⽩したとされましたが、5回⽬の裁判で、
「うその⾃⽩をさせられた」と無罪を主張。』。
 何故、5回目の裁判まで無罪を主張しなかったのか?当時の弁護側はどう対応したのか?疑問がある。


>再審手続きにおいて、弁護側はどんな権利を行使でき、検察は義務を負うのか。裁判所はい
かなる権限に基づいて審理を進めるのか。朝日新聞の社説は、法令や規則ではっきり定めるよう繰り返し訴えてきたが、この事件を通じてその必要性はますます確かなものになった。

 『法令』?私の検索漏れか「再審」関連の朝日社説で「法令」の言葉を発見できず。
 
 2016年7月4日朝日新聞社説『再審決定 証拠は公共の財産だ』でも松橋事件を扱っているが、このときは、『ルール』の表現で、『法令』と言う強いものではなかった。

 2018年3月14日朝日新聞社説『大崎事件再審 証拠の弱さは明らかだ』では、『社説でくり返し主張してきたように、現場の運用・裁量に委ねるのではなく、法律を整備して再審におけるルールづくりを急がなければならない。』。
 ここでは、『再審におけるルール』である。
 今日の社説では、『再審手続きにおいて』である。
 『再審におけるルール』は、再審中の印象を受ける。一方、『再審手続きにおいて』は、再審前だ。


>今回、地裁が再審開始を決めた段階で、有罪の構図は明らかに崩れたにもかかわらず、検察
は高裁、さらに最高裁での逆転をねらった。地裁の判断が確定するまでに2年あまりを要し、やり直し裁判はこれからようやく始まる。正義にかなう行為とはとうてい思えない。

 しかし、それを理由に検察側の不服申し立てを否定することには疑問だ。


>それを晴らそうとする人の貴重な時間を奪い、二重三重に苦しめた責任を、検察は直視しなければならない。

 『それを晴らそうとする人の貴重な時間を奪い、二重三重に苦しめた責任を、朝日は直視しなければならない。』ではないのか?

 誤報に伴う被害を朝日はどう考えているのか?
 検索逃れのメタタグ仕込みでは、誤報に伴う誤解を自ら解く。そんなつもりは全くないように見える。
 これでは、疑われた側が、人、金、時間を使って誤解を解く作業を強いられる。
 二重三重に苦しめられているのだ。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 誤報に伴う誤解を最後の1人まで解こう。そんな意識も乏しい。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

|

« 2018年10月16日(火)付け小説朝日新聞社説『消費増税対策 何でもありは許されぬ』を読んでの感想 | トップページ | 2018年10月17日(水)付け小説朝日新聞社説『太陽光の停止 電力捨てない工夫を』を読んでの感想/不安定な再生エネ事業者側が安定供給すべき »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/67279721

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年10月16日(火)付け小説朝日新聞社説『再審手続き 繰り返し整備を求める』を読んでの感想:

« 2018年10月16日(火)付け小説朝日新聞社説『消費増税対策 何でもありは許されぬ』を読んでの感想 | トップページ | 2018年10月17日(水)付け小説朝日新聞社説『太陽光の停止 電力捨てない工夫を』を読んでの感想/不安定な再生エネ事業者側が安定供給すべき »