« 2019年2月21日(木)付け小説朝日新聞社説『ふるさと納税 返礼品なくしてみては』を読んでの感想 | トップページ |  2019年2月22日(金)付け小説朝日新聞社説『官房長官会見 「質問」は何のためか』を読んでの感想/切り貼りは国民の知る権利を阻害している »

2019年2月21日 (木)

2019年2月21日(木)付け小説朝日新聞社説『JOC定年 延長は理解できない』を読んでの感想

 2019年2月21日(木)付け小説朝日新聞社説『JOC定年 延長は理解できない』を読んでの感想。

以下感想。
>だが竹田氏には、その東京五輪の招致をめぐる買収疑惑が持ちあがっている。

 疑惑は、確定ではない。
 疑惑だけで、人を貶め罰するような主張は慎むべきであろう。
 過去の社説にあった「疑わしきは何とやら」は、ご都合で決まるようでは問題だ。

>国民、そして五輪に思いを寄せる世界の人々にしっかり向き合い、説明責任を果たそうという姿勢はみじんもなく、失望と不信だけが残った。

 それは、朝日の主張。
 フランスによるゴーン問題への対抗策を見た人には、失望も不信もないだろう(但し、⽵⽥⽒事情聴取は昨年8⽉に決定なのでゴーン問題とは関係ないとも言えるが、対応が変わる可能性は否定できない)。


>ノーコメントで乗り切るつもりなら考え違いも甚だしい。

 ノーコメントでもいいだろう。
 五輪の主役は選手。役員は、裏方だ。


>副会長を務める橋本聖子・自民党参院議員会長が昨年続発した不祥事に触れ、「スポーツ界はそんなことで悩んでいるべきではない。ガバナンス、コンプライアンスで悩んでいる場合じゃない」と述べたのだ。

 また、懲りずに切り取りか。
 切り貼りと言えば、2019年2月14日(水)付け朝日新聞社説『桜田五輪相 妄言・迷走も極まれり』を思い出す。『NHKの記者らに対し、「がっかりしている」「(五輪の)盛り上がりが若干下火にならないか、心配している」などと感想を述べたという。信じがたい発言だ。』と主張していた。
 「質問」と「答え」の関係を記載せず、「答え」だけ批判する。こんな状態は、氷山の一角なのではないのか?
(2019/02/14付け産経『「がっかり」だけではなかった 桜田五輪相発言全文』https://www.sankei.com/smp/sports/news/190214/spo1902140029-s1.html 「質問」と「答え」がセットの報道) 

 そして、まただ。主張に沿う部分だけを切り取り記載。

 2019/02/17付け気になるニュース『【全文】橋本聖子が池江選手の白血病を五輪の神様と表現!これは失言なのか?』https://yumochiblog.com/hashimoto-seiko-ikee-message
 同氏の発言は、朝日の解釈以外の解釈も可能だ。
 最後に『私たちこそが池江選手の治療に専念できる環境、頑張ってもらえる環境を作ることが大切なことなんだと教えられたということです』と話している。
 選手が、ガバナンスがー、コンプライアンスなど含め、競技以外で悩むような環境を改善したいとも取れる。


>ここは立ち止まって考え直すべきだ。

 議論の期限の記載がない朝日。
 ならば、2年くらい議論をしてもよいだろう。


>だが「自律」のない組織に人々の理解と支持はなく、自立もおぼつかな
い。
 
 自律とは、「自分で立てた規範に従って、自分の事は自分でやって行く」意味もある。JOCは、その通りになっているとも言える。

 一方、朝日はどうか?
 朝⽇新聞綱領、
・不偏不党の地に⽴ってー>何処が不偏不党なのか?
・正義⼈道に基いて国⺠の幸福に献⾝しー>過去に参戦を煽った実績は?
・真実を公正敏速に報道しー>ご都合の切り取りは真実を歪めるとは考えないのか?
・常に寛容の⼼を忘れずー>寛容って、中韓と特定野党が対象?

 「自分で立てた規範に従って、自分の事は自分でやって行く」意味での自律に欠ける朝日と思える。運用上は、「自分たちで立てた規範であっても、自分たちで決めた事とせずご都合でやって行く」であろう。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 15年以上放置の根拠記事は、2014年8月28日付け朝日新聞『慰安婦問題 核心は変わらず』である。引用『朝日新聞は1982年以降、吉田氏の証言を記事やコラムで取り上げた。証言内容を疑う指摘が92年にあり、朝日新聞は97年に「真偽は確認できない」との記事を掲載し、以降は吉田氏の証言を取り上げていない。今年、改めて済州島などで裏付け取材をし、5日の特集「慰安婦問題を考える」で、「証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」とする記事を掲載した。』。
 少なくとも1997年に「疑問」と認識。2014年に誤報を認めた。

 その上、誤報に伴う誤解を最後の1人まで解こう。そんな意識にも乏しい(継続した誰もが気づくような広報活動がない、メタタグ問題など)。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

|

« 2019年2月21日(木)付け小説朝日新聞社説『ふるさと納税 返礼品なくしてみては』を読んでの感想 | トップページ |  2019年2月22日(金)付け小説朝日新聞社説『官房長官会見 「質問」は何のためか』を読んでの感想/切り貼りは国民の知る権利を阻害している »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2019年2月21日(木)付け小説朝日新聞社説『JOC定年 延長は理解できない』を読んでの感想:

« 2019年2月21日(木)付け小説朝日新聞社説『ふるさと納税 返礼品なくしてみては』を読んでの感想 | トップページ |  2019年2月22日(金)付け小説朝日新聞社説『官房長官会見 「質問」は何のためか』を読んでの感想/切り貼りは国民の知る権利を阻害している »