« 2019年4月12日 (金) | トップページ | 2019年4月14日 (日) »

2019年4月13日 (土)の2件の投稿

2019年4月13日 (土)

2019年4月13日(土)付け小説朝日新聞社説『ブラックホール 国際協力がなし得た業』を読んでの感想

 2019年4月13日(土)付け小説朝日新聞社説『ブラックホール 国際協力がなし得た業』を読んでの感想。

以下感想。
>人類が初めて目にしたブラックホールは、科学者たちが断片的な情報から想像していた姿と、ほぼ一致するものだった。

 理論上の予測1916年、そして以後、ドーナツ状のリングが⾒えるとされた。
 撮影の対象は、「ブラックホールの影」と呼ばれる輪郭。
   

>こうした国際協調は世界の平和の実現にも資する。日本は今後も積極姿勢で臨み、存在感を発揮してほしい。

 しかし、国際リニアコライダー計画には事実上反対の朝日。
 2019年1月18日(金)付け朝日新聞社説『加速器の誘致 科学界の合意が前提だ』より、『だが科学界の意見の一致がない以上、踏み出すべきではない。』と科学界を尊重するように思わせているが、その内容は反対アリキと取れるものであった。


>最先端に挑みつつ裾野の広がりをどう維持していくか。政府の科学政策のあり方
がここでも問われている。

 しかし、国際リニアコライダー計画には事実上反対の朝日でもある。
 結果優先では、科学は育たない。
 

>胸を躍らせてニュースに接した子どもたちから、明日の科学を担う人材が育ってくるだろう。

 2014年5月5日付け朝日新聞朝刊社説『リニア新幹線― 早めにブレーキを』。
 子供の日に、リニア新幹線つぶしを主張した朝日。
 リニア新幹線に、胸を躍らせてニュースに接した子どもたちは「がっかり」であったことは想像に難くない。

  
>発見があったとしても、それがただちに人間の暮らしを豊かにしたり、利潤をもたらしたりするわけではない。だが、どんなふうに発展するかわからないからこそ、人類の共通財産として大切にしたい。

 国際リニアコライダー計画では、そんな主張に乏しい朝日。


 一方、朝日は「自国の飛行士の存在が直ちに人間の暮らしを豊かにしたり、利潤をもたらしたりするわけではない。」とは考えない主張があった。
 2017年12月26日(火)付け朝日新聞社説『有人月探査 参加ありき、ではなく』より、『そこまでして自国の飛行士にこだわる必要はないと考えるか。それとも、相応の負担を覚悟したうえで、宇宙飛行のノウハウを次代に引き継ぐ道を選ぶか。幅広い議論が求められる。』。
 
 十八番の幅広い議論≒議論の無限ループで潰すのが目的とも思える。


>次の100年の歩みが、すでに始まっている。

 朝日の日頃の主張からは、「潰しの準備が始まっている」と読むべき。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 15年以上放置の根拠記事は、2014年8月28日付け朝日新聞『慰安婦問題 核心は変わらず』である。引用『朝日新聞は1982年以降、吉田氏の証言を記事やコラムで取り上げた。証言内容を疑う指摘が92年にあり、朝日新聞は97年に「真偽は確認できない」との記事を掲載し、以降は吉田氏の証言を取り上げていない。今年、改めて済州島などで裏付け取材をし、5日の特集「慰安婦問題を考える」で、「証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」とする記事を掲載した。』。
 少なくとも1997年に「疑問」と認識。2014年に誤報を認めた。

 その上、誤報に伴う誤解を最後の1人まで解こう。そんな意識にも乏しい(継続した誰もが気づくような広報活動がない、メタタグ問題など)。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

| | コメント (0)

2019年4月13日(土)付け小説朝日新聞社説『米韓首脳会談 現実的な対北交渉を』を読んでの感想/優しい朝日

 2019年4月13日(土)付け小説朝日新聞社説『米韓首脳会談 現実的な対北交渉を』を読んでの感想。

以下感想。
>今回の会談でも溝は埋まらなかったようだが、率直な意見交換と調整を図ったことは評価したい。

 日頃からの意思の疎通の結果であろう。
 2分で十分のTime is money(タイム イズ マネー)。

 2019.4.12付けzakzak『⽂⼤統領“屈辱” ⽶韓⾸脳会談たった「2分」 北への制裁解除熱望も成果ゼロ』より、『韓国・聯合ニュースによると、トランプ⽒と⽂⽒の2⼈きりの会談は29分間⾏われたが、報道陣との質疑応答が27分間続き、実際の会談は2分程度だったのだ。』

 韓国毎日経済 
 https://www.mk.co.kr/news/world/view/2019/04/225140/
『記者団とトランプ大統領との間の問答が27分ほど行われて同席ない単独会談は事実上2分ほど進んだわけだ。 』(グーグル訳)。
 こちらでも単独は、2分程度。

>強硬策か、融和策か、ここは二者択一の思考に陥るべきではあるまい。米韓双方とも、現実を見すえた柔軟な交渉姿勢をとるのが賢明だろう。

 強硬策が最大の現実的な政策である。
 国際社会は、北朝鮮に核問題で過去、何度、騙されたのか?

 2018/6/12⽇本経済新聞 電⼦版より、『核の攻防、ウソと裏切りの四半世紀』より、『北朝鮮は⽶国に⾮核化を約束したことが過去に2回ある。1994年の
⽶朝の「核枠組み合意」と、2005年の⽇⽶中韓ロに北朝鮮を加えた6カ国協議の「共同声明」がそれだ。』
 94年件以後、毎年50万トンの重油を受け取った末、2004年に破棄(これは産経記事 https://www.sankei.com/world/news/180308/wor1803080012-n1.html)。
 05年の件、破棄より先に見返りを求め09年離脱宣言。
 
 見返りの結果、北朝鮮に核開発の時間と余力を与え、6回の核実験を許してしまった。


>まず米側は、ハノイ会談での準備不足を率直に認めるべきだ。

 北朝鮮、韓国に優しい朝日。
 見返り議論など二の次だ。国際社会から見れば、先ずは、北朝鮮の非核化、ミサイル問題だけ(日本としては拉致もある)。 
 

>綿密な工程表をつくる実務協議が必要であり、段階的な行動プランも視野に入れるべきだ。

 つまり、核の脅しによる見返りアリキの朝日。
 実に優しい朝日。


>北朝鮮の出方が見通せないいま、部分的でも制裁緩和に走るようでは国際的な結束を保てまい。

 韓国は自主的な緩和「瀬取り」を行っている疑いが濃い。
 2019/04/04付け韓国・朝鮮日報『瀬取り容疑の韓国船籍タンカー、北朝鮮に4300トンの軽油を供給か』より、『国連安全保障理事会による北朝鮮制裁決議に違反した容疑で韓国船籍のタンカーが釜⼭港内の⽢川港に抑留されているが、この貨物船は違法な洋上取引(瀬取り)によって少なくとも4300トンの軽油を北朝鮮に供給してきたことが3⽇までに分かった。韓国船籍のタンカーが北朝鮮に⽯油製品を違法に提供した容疑が確認されたのは今回が初めて。』
 
 2019年4月2日付けニューズウィーク日本版『米国警備艦が北朝鮮の「瀬取り」監視で異例の韓国入り 韓国への警告の意図も?』https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/04/post-11919.php より、『米財務省外国資産管理局(OFAC)が先月22日に発表した瀬取りを行った疑いがある船舶の最新のリストには、初めて韓国船籍の船も挙げられた。』

 
>もしそれが実現すれば、北朝鮮の不満を聞くだけではなく、厳しさを増す国際社会のいらだちを正確に伝え、説得にあたってもらいたい。

 韓国大統領には、無理ではないだろうか?事実上のスポークスマンの指摘もある。
2018年9月26日付けブルームバーグ『韓国の文在寅大統領、金正恩氏の事実上の代弁者に-国連総会』https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-09-26/PFNEA86KLVR401『北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長はニューヨークで今週開かれている国連総会には出席していない。だが、現地には金委員長を賛美する事実上のスポークスマンの存在があった。韓国の文在寅大統領だ。』

 その後、この記事、韓国で報道の自由問題になった。
2019年3月20日付けブルームバーグ『韓国与党、ブルームバーグ記者批判の論評を撤回』https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-03-20/POMHZ5SYF01S01?srnd=cojp-v2-overseas
『韓国与党「共に民主党」は、文在寅大統領に関する記事を執筆したブルームバーグ・ニュース記者個人を批判する論評を取り下げた。国際ジャーナリスト団体がこうした攻撃は報道の自由を脅かすとして撤回を求めていた。』


>10日から平壌で始まった朝鮮労働党などの重要会議では、その苦悩ぶりが如実に表れた。

 北朝鮮にとてもとても優しい朝日。


>経済、政治の両面で事態を打開できるのは、非核化に向けた、より具体的な行動だけだという現実を直視すべきだ。

 結論はそうであっても、その過程が過去に失敗した見返り方式を推奨するように取れる朝日。
 また、同じ過ちを繰り返した方が朝日に取ってプラスなのだろう。


 『こんな朝日新聞に誰がした?』(WAC 著者は、元朝日新聞記者)の119ページ)より。『それはそうかも知れませんが、北朝鮮と朝日新聞社のつながりには相当に霧がかかっていますよ。北朝鮮、正確には朝鮮民主主義人民共和国という国がつぶれ、全く異なる国家が成立したら、朝日との関係でかなりのことが明るみに出る可能性があります。』
 霧の朝日の主張であることを忘れてはならない。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 15年以上放置の根拠記事は、2014年8月28日付け朝日新聞『慰安婦問題 核心は変わらず』である。引用『朝日新聞は1982年以降、吉田氏の証言を記事やコラムで取り上げた。証言内容を疑う指摘が92年にあり、朝日新聞は97年に「真偽は確認できない」との記事を掲載し、以降は吉田氏の証言を取り上げていない。今年、改めて済州島などで裏付け取材をし、5日の特集「慰安婦問題を考える」で、「証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」とする記事を掲載した。』。
 少なくとも1997年に「疑問」と認識。2014年に誤報を認めた。

 その上、誤報に伴う誤解を最後の1人まで解こう。そんな意識にも乏しい(継続した誰もが気づくような広報活動がない、メタタグ問題など)。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

| | コメント (0)

« 2019年4月12日 (金) | トップページ | 2019年4月14日 (日) »