« 2019年4月6日(土)付け小説朝日新聞社説『防衛省の説明 住民軽視も甚だしい』を読んでの感想/何処の国へ忖度しているのか? | トップページ | 2019年4月7日(日)付け小説朝日新聞社説『福島の避難者 国と県は実態直視を』を読んでの感想 »

2019年4月 6日 (土)

2019年4月6日(土)付け小説朝日新聞社説『塚田氏辞任 政権のおごり改まるか』を読んでの感想。

2019年4月6日(土)付け小説朝日新聞社説『塚田氏辞任 政権のおごり改まるか』を読んでの感想。

以下感想。
>これで幕引きではなく、国民が納得できる説明が必要だ。

 今後”も”何を説明しても聞く耳持たずってことであろう。
 報道は、自由自在の切り取りで分かり難く不信感をいだくよう丁寧に。

>6ルートのうち国が予算を出しているのはここだけだという。

 朝日社説では、「海峡横断プロジェクト」6ルートの一つとして扱っているが、次の指摘もある。

 2016年12月18日付け宇部ジャーナル『下関北九州道路と海峡横断プロジェクトは別物 同縮尺で比較』 https://ubejournal.biz/13N
『石井啓一国土交通大臣が、下関北九州道路の「必要性を再整理」と述べたことについて、一部新聞社が「海峡横断プロジェクトの復活」と混同している。石井大臣の発言は「他の5つの海峡横断プロジェクトとの違いがある」との認識を示したもので、同プロジェクトの復活ではない。』
 要は、他のプロジェクトは前例のないほどの事業だが、関門海峡距離が短く前例のあるレベル。
 

>福田康夫政権下の08年に凍結されたが、17年度に地元自治体と国による事業化調査が始まり、今年度から国直轄になった。

 4⽉4⽇付けすぐ消すNHK『塚⽥国交副⼤⾂ 「そんたく」発⾔釈明 説明責任果たす考え』、4月6日付け読売『塚田氏発言を批判の野党、道路の早期整備は要求』を参考にまとめる。
1)平成6年度(94年)から、国は調査費を計上し調査。
2)平成20年度(08年)の予算以降は、調査費の計上が⾒送り。
3)平成29年度(17年)、平成30年度(18年)、国から調査の補助金。
4)昨年12⽉21⽇、⼭⼝と福岡両県の知事らが、石井国⼟交通⼤⾂や⿇⽣副総理兼財務⼤⾂などのもとを訪れ、要望。
5)今年3⽉19⽇、⼭⼝と福岡両県の知事らが改めて直轄の調査を要望し、国交大臣が直轄調査検討を回答。
6)今年3月27日、国民民主党から質問主意書で要望し、4月5日政府は検討を進めることを閣議決定。


>発言が問題になった後、「大勢が集まる会だったので、我を忘れて、事実とは異なる発言をした」と釈明したが、にわかには信じがたい。

 『にわかには信じがたい。』とは、にわかには信じがたい。
 経緯を見れば、長く陳情があった。

 福岡県知事選の自民党推薦候補の集会での発言だ。
 他人が進めたことを自らの手柄に思わせたかったとも思えるが、同氏の選挙区は新潟で、このような場では殆どプラスにはならない。
 敢えて「忖度」の表現を使ったので内輪のジョークとも思える。


>この間、塚田氏を罷免(ひめん)するどころか、かばい続けた首相の責任は重い。

 イキナリ首切りのような職場が望ましいとする朝日。朝日の職場は、そんなところなのかも知れない。
 逆にイキナリ首切りすれば、トカゲの尻尾切りと批判していたであろう朝日。


>麻生氏はいまだに公文書改ざんなどの責任をとらず、財務省トップの座に居座り続けている。

 誤解を与えかねない切り取り報道には無関心の朝日が、これを主張することに疑問だ。
 おごりや緩みの塊か。 

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 15年以上放置の根拠記事は、2014年8月28日付け朝日新聞『慰安婦問題 核心は変わらず』である。引用『朝日新聞は1982年以降、吉田氏の証言を記事やコラムで取り上げた。証言内容を疑う指摘が92年にあり、朝日新聞は97年に「真偽は確認できない」との記事を掲載し、以降は吉田氏の証言を取り上げていない。今年、改めて済州島などで裏付け取材をし、5日の特集「慰安婦問題を考える」で、「証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」とする記事を掲載した。』。
 少なくとも1997年に「疑問」と認識。2014年に誤報を認めた。

 その上、誤報に伴う誤解を最後の1人まで解こう。そんな意識にも乏しい(継続した誰もが気づくような広報活動がない、メタタグ問題など)。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

|

« 2019年4月6日(土)付け小説朝日新聞社説『防衛省の説明 住民軽視も甚だしい』を読んでの感想/何処の国へ忖度しているのか? | トップページ | 2019年4月7日(日)付け小説朝日新聞社説『福島の避難者 国と県は実態直視を』を読んでの感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2019年4月6日(土)付け小説朝日新聞社説『防衛省の説明 住民軽視も甚だしい』を読んでの感想/何処の国へ忖度しているのか? | トップページ | 2019年4月7日(日)付け小説朝日新聞社説『福島の避難者 国と県は実態直視を』を読んでの感想 »