« 2019年5月18日(土)付け小説朝日新聞社説『銃携行指示 協定違反を繰り返すな』を読んでの感想/改善には改憲が必須 | トップページ | 2019年5月19日(日)付け小説朝日新聞社説『日産新体制 難局を乗り切れるのか』を読んでの感想 »

2019年5月18日 (土)

2019年5月18日(土)付け小説朝日新聞社説『キトラ国宝へ 保存と公開を着実に』を読んでの感想

 2019年5月18日(土)付け小説朝日新聞社説『キトラ国宝へ 保存と公開を着実に』を読んでの感想。

以下感想。
>奈良県明日香村の特別史跡、キトラ古墳の壁画が、古墳そばの保存管理施設できょうから約1カ月間、公開される。3年前に施設ができてから春夏秋冬の年4回、期間や人数を限りながら見学の機会を設けている。

 『キトラ古墳壁画の公開』事務局 公式ホームページ
http://www.kitora-kofun.com/
 公式HPによれば、第11回、事前申し込み制。無料。


>中国や朝鮮半島の影響がうかがえ、いにしえからの大陸との交流を教えてくれる貴重な文化遺産でもある。

 朝日新聞としては、『中国や朝鮮半島の影響が』を特に強調したいのだろう。
 ウィキペディアのキトラ古墳より、『しかし、2005年になって発見された「午」の衣装は、同じ南壁に描かれている朱雀と同じ朱色であった。このことは、十二支像がそれぞれの属する方角によって四神と同様に塗り分けられていることを推測させる。これは中国・朝鮮の例には見られない特色である。』
 

>ファイバースコープによる調査で最初に玄武像が発見されてから36年。

 カビをはやしてしまった。
 

>「非公開」で保護を優先したはずが、カビなどで劣化が進み、強い批判を浴びた。

 高松塚古墳については、防護服を着ないで作業の影響があったとする説もある。


>保護活動への理解を広げるためにも、可能な限り見学してもらう開かれた姿勢が求められる。

 保護活動への理解を広げるためにも、無料ではなく有料として、維持費に利用するべきであろう。


>キトラ壁画の国宝指定後も、公開を続けるべきだ。

 現物の公開は否定しない。しかし、である。
 https://kitora-kofun.com/form/entry
を見ると、公式HPによれば、一日当たり700人程度。日に4回公開なので、1回当たり175人平均。それでも、5月20日(月)以降、各回100人以上の空きがある。明日の午後も三桁の空きだ。
 このレベルで、維持管理費を考慮すれば、常時公開は赤字覚悟になる。
 何処かのメディアが国の借金ガーと言い出しかねない。

 更に、見学可能なのは一部の人だけだ。その上、ネット公開が弱いようだ。
 『キトラ古墳壁画の公開』事務局 公式ホームページから、壁画が全て見れるリンクなどが欲しいものだ。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 15年以上放置の根拠記事は、2014年8月28日付け朝日新聞『慰安婦問題 核心は変わらず』である。引用『朝日新聞は1982年以降、吉田氏の証言を記事やコラムで取り上げた。証言内容を疑う指摘が92年にあり、朝日新聞は97年に「真偽は確認できない」との記事を掲載し、以降は吉田氏の証言を取り上げていない。今年、改めて済州島などで裏付け取材をし、5日の特集「慰安婦問題を考える」で、「証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」とする記事を掲載した。』。
 少なくとも1997年に「疑問」と認識。2014年に誤報を認めた。

 2015年2月27日付け朝日新聞『朝日新聞慰安婦報道、検証の評価公表 識者の過半数「不合格」』によれば、第三者委員会の報告書について、『評価した8人のうち5人が「不合格」とし、「事実調査が不十分」「そもそも第三者委に委ねるべきではなかった」などと指摘』の報道。
 朝日としてもお粗末な第三者委員会であった認識もあると言えよう。

 その上、誤報に伴う誤解を最後の1人まで解こう。そんな意識にも乏しい(継続した誰もが気づくような広報活動がない、メタタグ問題など)。

 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注

|

« 2019年5月18日(土)付け小説朝日新聞社説『銃携行指示 協定違反を繰り返すな』を読んでの感想/改善には改憲が必須 | トップページ | 2019年5月19日(日)付け小説朝日新聞社説『日産新体制 難局を乗り切れるのか』を読んでの感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2019年5月18日(土)付け小説朝日新聞社説『銃携行指示 協定違反を繰り返すな』を読んでの感想/改善には改憲が必須 | トップページ | 2019年5月19日(日)付け小説朝日新聞社説『日産新体制 難局を乗り切れるのか』を読んでの感想 »