« 2019年5月16日(木)付け小説朝日新聞社説『核大国の責任 包括的な軍縮へ一歩を』を読んでの感想 | トップページ | 2019年5月17日(金)付け小説朝日新聞社説『ふるさと納税 真の地方自治のために』を読んでの感想/ふるさと納税は官僚の裁量が入らない税の分配であり、真の地方自治につながる »

2019年5月16日 (木)

2019年5月16日(木)付け小説朝日新聞社説『園児死傷事故 歩行者の安全強化急げ』を読んでの感想

 2019年5月16日(木)付け小説朝日新聞社説『園児死傷事故 歩行者の安全強化急げ』を読んでの感想。

以下感想。
 2019/5/ 9付けJ-CAST『「園⻑先⽣の涙」放送し続ける必要はあるか 「テレビつけたくない」「⽌めてあげて」』
 2019/5/ 10付けJ-CAST『⼤津事故会⾒、「園⻑への質問」は適切だったのか メディア有識者に聞く』
 一部メディアの主張する『国民の知る権利』の結果の一例。


>そのなかでも、道路・歩道を点検し、危険な場所にガードレールや緩衝具、標識を補ったり、横断歩道や信号の設置を見直したりして、歩行者の安全を強化する取り組みを急ぎたい。

 それでも限界はある。
 5月15日、千葉県市原市の公園での事故は、緩衝具のチェーンすらなぎ倒し、保育園児を守った保育士が大けがしている。


>大津市のこの保育園には園庭がなく、ふだんから保育士が引率して琵琶湖畔へ散歩に出かけていた。

 実に軽い表現だ。
 保育士の日頃の活動を軽視していると思われても仕方あるまい。

 2019/5/10付けJ-CAST『ネットで注⽬のストリートビュー写真 やはりレイモンド淡海保育園だった』より、『同⽇正午、園を運営する社会福祉法⼈檸檬会が公表した。』、『⾞道から離れた場所に⼦どもや職員とみられる⼈々がいる姿が確認されており、園側が安全に配慮していたことの傍証として、注⽬を集めて
いた。』
 

>子どもが巻き込まれた事故をめぐっては、12年に京都府亀岡市で集団登校中の小学生らが死傷した事故などを受けて、全国約2万の公立小学校などの通学路の緊急点検が行われた。

 集団登校にある悪い面。


>国は今回、施設外活動の経路の安全確認を徹底するよう自治体に求めたが、支援を怠ってはならない。

 「##の子が小学校に上がるから歩道を作ってあげよう。」。My歩道。
 地方で耳にした嘘のような現実もある。

 さて、『支援を怠ってはならない。』、毎度の国ガーである。
 しかし、その国の取り組みを書かない朝日社説。


>事故を恐れて園内にとどまるばかりでは、健やかな成長は望めない。

 園庭があってもだ。


>子どもが安心して歩ける環境の整備は、高齢者や障害者をはじめ、だれもが安全に移動できる街づくりにつながる。

 横断歩道にも車道と歩道に段差があれば、歩行者の安全は高まる。歩道橋があれば、歩行者の安全は高まる。
 一方、高齢者や障害者には、負な場所となる。


 新しいの見つからず。
 交通安全白書 平成18年版『歩道の整備等による人優先の安全・安心な歩行空間の確保』 https://www8.cao.go.jp/koutu/taisaku/h18kou_haku/h18koutuu-genkyo-topics-3.pdf
『OECD加盟国のうち,歩道の整備率についてのデータが得られたのは,日本を含め次の5か国。』
 日本 13.2%、イギリス93.0%、ノルウェー14%、フィンランド6.0%、韓国 3.7%。
 
 平成 28 年 3 月 国土交通省『道路交通の安全施策 』
http://www.mlit.go.jp/common/001125128.pdf 61ページ
『通学路の歩道整備率は平成 22 年度には 51%であったが、平成 26 年度には 55%となり、第 3 次社会資本整備重点計画の目標値である約 6 割に向けて、着実に進んでいる。』


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 15年以上放置の根拠記事は、2014年8月28日付け朝日新聞『慰安婦問題 核心は変わらず』である。引用『朝日新聞は1982年以降、吉田氏の証言を記事やコラムで取り上げた。証言内容を疑う指摘が92年にあり、朝日新聞は97年に「真偽は確認できない」との記事を掲載し、以降は吉田氏の証言を取り上げていない。今年、改めて済州島などで裏付け取材をし、5日の特集「慰安婦問題を考える」で、「証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」とする記事を掲載した。』。
 少なくとも1997年に「疑問」と認識。2014年に誤報を認めた。

 2015年2月27日付け朝日新聞『朝日新聞慰安婦報道、検証の評価公表 識者の過半数「不合格」』によれば、第三者委員会の報告書について、『評価した8人のうち5人が「不合格」とし、「事実調査が不十分」「そもそも第三者委に委ねるべきではなかった」などと指摘』の報道。
 朝日としてもお粗末な第三者委員会であった認識もあると言えよう。

 その上、誤報に伴う誤解を最後の1人まで解こう。そんな意識にも乏しい(継続した誰もが気づくような広報活動がない、メタタグ問題など)。

 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

|

« 2019年5月16日(木)付け小説朝日新聞社説『核大国の責任 包括的な軍縮へ一歩を』を読んでの感想 | トップページ | 2019年5月17日(金)付け小説朝日新聞社説『ふるさと納税 真の地方自治のために』を読んでの感想/ふるさと納税は官僚の裁量が入らない税の分配であり、真の地方自治につながる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2019年5月16日(木)付け小説朝日新聞社説『核大国の責任 包括的な軍縮へ一歩を』を読んでの感想 | トップページ | 2019年5月17日(金)付け小説朝日新聞社説『ふるさと納税 真の地方自治のために』を読んでの感想/ふるさと納税は官僚の裁量が入らない税の分配であり、真の地方自治につながる »