« 2019年6月5日(水)付け小説朝日新聞社説『防災気象情報 「4」は避難、定着を図れ』を読んでの感想。 | トップページ | 2019年6月6日(木)付け小説朝日新聞社説『超高額新薬 皆保険を守る備えも』を読んでの感想。 »

2019年6月 6日 (木)

2019年6月6日(木)付け小説朝日新聞社説『日韓の摩擦 首脳間で打開の糸口を』を読んでの感想/韓国、大統領弾劾請求に21.7万人が賛同なので次の政権となら

2019年6月6日(木)付け小説朝日新聞社説『日韓の摩擦 首脳間で打開の糸口を』を読んでの感想。

以下感想。
>問題が深刻だからこそ、首脳と会って打開を探るべきだ。

 約束を守る国、地域が前提条件。

 韓国は、慰安婦問題、過去何度も話し合い結論を覆した国である。
 旧朝鮮半島出身労働者(徴用工)も、結論を覆した。
 更に、レーダー問題では、証拠を出さずに否定する。


>大阪で今月末にG20首脳会議が開かれるが、その際に来日する文在寅(ムンジェイン)大統領との会談がいまだ設定されていない。

 G20は、G7の7か国に加え、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、中国、インド、インドネシア、韓国、メキシコ、ロシア、サウジアラビア、南アフリカ、トルコ、欧州連合・欧州中央銀行を加えた20か国・地域が集まる。
 30分づつでも、10時間もかかる。
 建設的な話し合いができる国と時間を割いて議論をして欲しい。


>徴用工問題での進展が見込めないなどの理由だ。

 韓国大好き朝日新聞らしい主張だ。
 旧朝鮮半島出身労働者であった『徴用工』ではない。


>以来、文政権は対応を検討中としてきたが、半年以上が過ぎても明らかにしていない。

 日本が妥協することを待っているだけ。
 韓国の政権が変われば、また変わるかも知れない。それまで待つ手も日本にはある。

 韓国大統領に対して、弾劾請求中の記載のない朝日。
 2019年5月27日付けロイター『韓国、大統領弾劾請求に21.7万人が賛同 政府が対応へ』https://jp.reuters.com/article/southkorea-moon-petition-idJPKCN1SX118
より、『韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の弾劾を求めるインターネットでの呼びかけに対する賛同者が27日、21万7000人を超え、政府への請求が成立。政府は対応を余儀なくされることになった。』。
 2019.6.5付けZAKZAK『韓国・⽂⼤統領を「弾劾せよ」20万⼈超が賛同! ⽂⽒⾃⾝が始めた「国⺠請願掲⽰板」に批判殺到の⽪⾁…⼤統領府の⾒解表明必要に』によれば、見出しの通り、「国⺠請願掲⽰板」は⽂政権下で始まった。

 『首脳間で打開の糸口を』ならば、次の政権と話し合った方がよいだろう。
 

>だが、それを理由に首脳会談に応じないというのでは、逆に日本政府がこれまで主張してきた考え方と矛盾する。

 矛盾しない。
 旧朝鮮半島出身労働者は、過去に双方が合意したものである。
 

>いまのような態度では、慰安婦問題の進展を首脳会談の条件とした朴槿恵(パククネ)・前政権とそっくりではないか。

 合意したものと合意していないものをごちゃ混ぜにする朝日の主張。
 ここは、朝日として笑いを取りたいのだろう。


>日本は今月から韓国産水産物の輸入の際の検査を強化した。

 何故の理由を書かない朝日。都合が悪いのだろう。

 過去に⾷中毒事件ありだが回答もなし。
 更に、韓国だけが対象ではない。中国や⽶国なども対象だ。

 2019/5/30付⽇本経済新聞 ⼣刊『政府、韓国⽔産物の検疫強化 ⽇本産禁輸に対抗か
政』より、『厚⽣労働省によると、韓国産の養殖ヒラメが原因とみられる⾷中毒が相次ぎ、11年にクドアを検出したため韓国側に衛⽣管理の強化を求めてきたが明確な回答がないという。菅義偉官房⻑官は30⽇午前の記者会⾒で「⾷中毒が増加する夏場を控え、国⺠の健康を守る観点から⾏う」と述べた。』

 更に、対象は韓国だけではない。
 『ほかの4品⽬については、腸炎ビブリオなどの検査の割合を現⾏の10%から20%に引き上げる。4品⽬については同時に中国や⽶国などからの輸⼊品も検査を強化する。』
 ほかの4品⽬とは、アカガイ、タイラギガイ、トリガイ、ウニ。


>食の安全・安心をめぐる繊細な問題であり、辛抱強い交渉で改善を図るほかあるまい。

 福島産は被害者なし。
 一方、韓国産は、上記記事によれば、韓国産の養殖ヒラメが原因とみられる⾷中毒があった。
 故に、繊細な~などと感情で決まるような話ではない。


>そちらに没頭するあまり、対日政策をおろそかにしたツケが回ってきた――そんな論調が韓国内で出始めている。

 内政問題があるから、過去の国と国との約束を反故にしてよい理由にはならない。
 

>安倍首相は、北朝鮮の首脳とは前提条件なしに会うと言うが、一方で韓国首脳を遠ざけるのでは朝鮮半島政策に取り組む本気度が疑われる。
 
 話し合ったことが覆されるのでは、話し合う意味が無きに等しい。
 朝日としては、結果より、失言に利用できる言葉があれば、揚げ足取りに利用できる程度の発想なのだろう。


>~未来を見すえる大局観をもって外交に臨むべきだ。

 大局観って何だ?
 双方の考える大局が異なっているから現在がある。
 韓国とは、何度も将来を見据える話し合いをしているが、結局、政権交代はリセットになっている。
  


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 15年以上放置の根拠記事は、2014年8月28日付け朝日新聞『慰安婦問題 核心は変わらず』である。引用『朝日新聞は1982年以降、吉田氏の証言を記事やコラムで取り上げた。証言内容を疑う指摘が92年にあり、朝日新聞は97年に「真偽は確認できない」との記事を掲載し、以降は吉田氏の証言を取り上げていない。今年、改めて済州島などで裏付け取材をし、5日の特集「慰安婦問題を考える」で、「証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」とする記事を掲載した。』。
 少なくとも1997年に「疑問」と認識。2014年に誤報を認めた。

 2015年2月27日付け朝日新聞『朝日新聞慰安婦報道、検証の評価公表 識者の過半数「不合格」』によれば、第三者委員会の報告書について、『評価した8人のうち5人が「不合格」とし、「事実調査が不十分」「そもそも第三者委に委ねるべきではなかった」などと指摘』の報道。
 朝日としてもお粗末な第三者委員会であった認識もあると言えよう。

 その上、誤報に伴う誤解を最後の1人まで解こう。そんな意識にも乏しい(継続した誰もが気づくような広報活動がない、メタタグ問題など)。

 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

|

« 2019年6月5日(水)付け小説朝日新聞社説『防災気象情報 「4」は避難、定着を図れ』を読んでの感想。 | トップページ | 2019年6月6日(木)付け小説朝日新聞社説『超高額新薬 皆保険を守る備えも』を読んでの感想。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2019年6月5日(水)付け小説朝日新聞社説『防災気象情報 「4」は避難、定着を図れ』を読んでの感想。 | トップページ | 2019年6月6日(木)付け小説朝日新聞社説『超高額新薬 皆保険を守る備えも』を読んでの感想。 »