« 2019年7月15日 (月) | トップページ | 2019年7月18日 (木) »

2019年7月17日 (水)の2件の投稿

2019年7月17日 (水)

2019年7月17日(水)付け小説朝日新聞社説『参院選 災害対策 全体像を競い合え』を読んでの感想。

 2019年7月17日(水)付け小説朝日新聞社説『参院選 災害対策 全体像を競い合え』を読んでの感想。

以下感想。
>万一に備え、「守り」を固めるのは重要だ。だが、ハード面の強化だけでは限界があることを、現実が物語っている。

 また、意味不明な。元々、国土強靱化などハード面の強化は、実施すれば100%を安全を前提としたものではない。
 ##以下(≒想定範囲)なら、「被害が出ない」、「被害が減る」のレベルで限界を認めたものだ。


>見逃されたものもある可能性があり、すべてを手当てするには時間も費用もかかる。

 しかし、憲法上、国家(政府)の最大の責任として、国民の生命と自由と財産を守ることを求められている。
 否定するなら、憲法の改正が必要となる。


>地域のつながりを重視し、ソフト対策を組みあわせることが不可欠だ。

 自ら対応する国民の意思があれば、国家(政府)が後押しする施策を行う必要は薄い。
 アドバイスを自称するNPOに補助金がだけが入る状態は問題だ。


>避難生活の長期化や多発する関連死をうけて、

 私は、朝日新聞関連死が気になる。


>全国知事会は昨年、被災者生活再建支援法に基づく金銭支給の対象を、住宅の全壊と大規模半
壊だけでなく「半壊」世帯にも広げるよう政府に要請した

 これは、ソフト対策ではなく事後ハード対策。
 しかし、通常、事後より、事前が望ましい。住宅は再建出来ても、中に詰まったものは取り返せない。


>生活支援に関しては、国民民主党が「被災者の税負担を減免する災害損失控除」の創設を、共産党は「被災者の自立のため、既存ローンの負担軽減」を公約に盛り込んでいる。

 国民民主党、共産党、内容は別にしてかなりの文字数の政策、公約を公開している。
 国民民主党、何と政策集のPDFで139ページ。文字数が多ければよいとは言わないが、PDFにまとめたものを出す行為は白紙の委任状にしないことにつながる。
 衆院選では、立憲民主党PDFで僅か4ページ。時間の制約もあったことは認めよう。
 しかし、今回の立憲ビジョン2019(公約)では、僅か12ページだ。その上、文字数も極めて少ない。女性政策8ページなども含めればページ数は増えるが。国民民主党に比べ、白紙の委任状となる部分が多いと言わざるを得ない。


>「防災庁」の創設を掲げるのは立憲民主党だ。

 朝日としては、立派なものと思わせたいのだろう。
 しかし、立憲ビジョン2019(公約)。文書内検索を拒むような仕様だ。それだけでマイナス。
 その上、記載は、『防災庁』に関しては、『頻発し大規模化する災害に対応するために、防災庁設置を目指します。』だけ。どのような『防災庁』にするのか?その説明がゼロ。
 こんな白紙の委任状状態が、立憲ビジョンの全体像とも言えよう。


>防災は待ったなしの課題だと認識し、論議を深める責任が各党にはある。

 『防災は待ったなしの課題』の認識が薄い。
 野合系野党は、昨年、モリカケで1年を過ごしたと思わざるを得ない(報道だけが目に付いた)。今年は2000万円か。
 朝日などに煽動されないことが、野党の立て直しの一歩であろう。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 15年以上放置の根拠記事は、2014年8月28日付け朝日新聞『慰安婦問題 核心は変わらず』である。引用『朝日新聞は1982年以降、吉田氏の証言を記事やコラムで取り上げた。証言内容を疑う指摘が92年にあり、朝日新聞は97年に「真偽は確認できない」との記事を掲載し、以降は吉田氏の証言を取り上げていない。今年、改めて済州島などで裏付け取材をし、5日の特集「慰安婦問題を考える」で、「証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」とする記事を掲載した。』。
 少なくとも1997年に「疑問」と認識。2014年に誤報を認めた。

 2015年2月27日付け朝日新聞『朝日新聞慰安婦報道、検証の評価公表 識者の過半数「不合格」』によれば、第三者委員会の報告書について、『評価した8人のうち5人が「不合格」とし、「事実調査が不十分」「そもそも第三者委に委ねるべきではなかった」などと指摘』の報道。
 朝日としてもお粗末な第三者委員会であった認識もあると言えよう。

 その上、誤報に伴う誤解を最後の1人まで解こう。そんな意識にも乏しい(継続した誰もが気づくような広報活動がない、メタタグ問題など)。

 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

| | コメント (0)

2019年7月17日(水)付け小説朝日新聞社説『参院選 首相の遊説 政権党の度量はどこに』を読んでの感想/前回の選挙では立民の略称民主党だった

 2019年7月17日(水)付け小説朝日新聞社説『参院選 首相の遊説 政権党の度量はどこに』を読んでの感想。

以下感想。
 演説を妨害する権利より、演説を聞く権利を優先するべきだが、朝日新聞にはそんな視点がないようだ。
 野党に対して、同様な行為が行われれば朝日などは発狂するのではないか?


>ところが、自民党は総裁たる安倍首相の予定を掲載していない。
>首相側近の萩生田光一幹事長代行は「組織的に演説を妨害する方もいる。聴きたくて集まった人に迷惑をかける」という。

 これは、党本部で記者団の質問に答えたことであるが、その点が分からないように説明する朝日新聞。
 2019年7月10日付け中日『首相の遊説日程非公表は「妨害警戒」 萩生田氏』https://www.chunichi.co.jp/article/senkyo/kokusei201907/sou/CK2019071002000318.html
『遊説日程を党ホームページで事前に公表していない理由について「あらかじめ公表すると、組織的に演説を妨害する人もいて、まじめに演説を聴きたくて集まった人たちに迷惑をかける」と説明した。党本部で記者団の質問に答えた。』


>支援者しか眼中にないような首相の内向きな姿勢は、現に政権を預かる政治指導者の振るまいとして、著しく度量を欠くものだ。

 日経の首相動静より
 7/15付、『JR広島駅。35分 利⽤客らと握⼿、写真撮影、サイン。』 
 7/14付、『和⾷レストラン「あじ菜」。利⽤客らと握⼿、写真撮影。昼⾷。』
 7/13付、伊勢神宮『外宮参道。練り歩き。』
 7/12付、『⼤分県別府市の別府公園。街頭演説。聴衆と握⼿、写真撮影。』、『⼤分市の商店街「セントポルタ中央町」。練り歩き。』、『⽇⽥市の市⺠⽂化会館「パトリア⽇⽥」前。街頭演説。聴衆と写真撮影。』
 7/11付、『⼭形県酒⽥市の中通り商店街。練り歩き。メロンなどを試⾷。街頭演説。』

 度量を欠く人なら、握手なし、練り歩きなしであろう。

 一部の反安倍界隈。
 2019.07.14付けアノニマスポスト『CBCテレビ報道部公式Twitterが自民党・和田政宗議員を揶揄「ちょっと小突かれただけで暴行事件とは。大げさと言うより売名行為」⇒CBCテレビ報道部「本日午後、当アカウントより不適切な書き込みが行われました」』https://anonymous-post.mobi/archives/11023
 その後、https://anonymous-post.mobi/archives/11114


> 7日にあった東京・JR中野駅前での街頭演説。首相を激励したり、逆に批判したりするプラカードを持った聴衆が陣取り合戦のように立ち並び、首相への「辞めろ」コールと、それに反発する人たちの「黙れ」という怒号が飛び交う――

 『反発する人たち』の行動の実態を隠す朝日。
 2019.7.13付け産経『首相演説で妨害相次ぐ 聴衆に被害 公選法に抵触も』
 https://www.sankei.com/politics/news/190713/plt1907130023-n1.html
『首相到着前には、騒いでいた集団を撮影しようとした女性からスマートフォンを奪い、壊したとして、40代の女が警視庁に器物損壊容疑で現行犯逮捕された。被害者の女性は産経新聞の取材に「候補者に『死ね』とも言っていた。人権侵害だ」と憤る。』

 札幌での騒ぎの動画。 
 https://twitter.com/0522_daiki_n/status/1150693829944545280
 大方は、静かに演説を聞きたいのではないだろうか?

 騒いでいては、聴衆は勿論だが、騒いでいる本人も話を聞けないだろう。


>首相の支持派と批判派に分断された群衆は、政権をとりまく世論の縮図のようにみえる。

 一部の過激な批判派が騒ぐことで、朝日など一部メディアがそのように思わせる状態を作っている。


>幅広い合意づくりの努力を怠り、自らを支持する勢力に依拠して強引に政治を進める政権の振る
舞いと無縁ではなかろう。

 主張通りにならないと、このような反応を繰り返すことに呆れる。


>「野党の枝野さん。民主党の、あれ民主党じゃなくて今、立憲民主党ですね。どんどん変わ
るから覚えるのが大変」首相はこの参院選で、野党第1党の立憲民主党の党名をわざと言い間違えて、受けを狙う演説を繰り返している。

 「わざと」と確定しているが、その事実はあるのか?

 そもそも根本は、民主党の残党政党の分かり難い行動が問題である。
 前回の2017年の選挙では立憲民主党は、公式に略称を『民主党』としていた。公式ツイートの魚拓 http://archive.is/Ql58m

 その上、立憲民主党が略称を『りっけん』と決め、届け出をしたのは4月末。故にそれまでは『民主党』であったとも言える。
 2019年5⽉7⽇付けすぐ消すNHK『⽴⺠ 夏の参院選の政党名の略称「りっけん」に』より、『⽴憲⺠主党は、おととしの衆議院選挙では政党名の略称を「⺠主党」としていましたが、夏の参議院選挙ではひらがなで「りっけん」とすることを決め、先⽉末、届け出ました。』。

 今回、『民主党』と書くとどうなるか?
 2019/4/18付⽇本経済新聞 朝刊『国⺠⺠主、略称「⺠主党」に 夏の参院選』。
何と、国⺠⺠主党になる。

 これらの点を隠しての主張では、説得力に乏しいのは当然だ。

>与野党がしのぎを削る選挙戦のさなかとはいえ、公党に対する敬意は全く感じられない。
 
 朝日新聞のことか?


>野党をただ敵視し、異論を受け止める寛容さに欠ける政治は、社会の分断を深めるだけだ。

 与党をただ敵視し、「自らの考えに従え」の政治、「自らの考えに従え」の一部メディアの主張は、社会の分断を深めるだけだ。

 マイケル・ヨン著、『歴史戦の真実』の『アメリカ人の一部が発症するTDS (トランプ錯乱症候群)』の終わりに次の記載がある。『TDSは集団ヒステリーの一種です。TDSに擢患した者とは、まともな話ができません。同様にJDS (日本に錯乱する症候群)に罷患した者とはまともな会話ができません。その狂気は根深く、反応の対象は違えど同じ”疾病”です。』
 日本ではADS(安倍に錯乱する症候群)か。
 朝日新聞から見れば、この「A」は朝日新聞に錯乱する症候群であろうが。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 15年以上放置の根拠記事は、2014年8月28日付け朝日新聞『慰安婦問題 核心は変わらず』である。引用『朝日新聞は1982年以降、吉田氏の証言を記事やコラムで取り上げた。証言内容を疑う指摘が92年にあり、朝日新聞は97年に「真偽は確認できない」との記事を掲載し、以降は吉田氏の証言を取り上げていない。今年、改めて済州島などで裏付け取材をし、5日の特集「慰安婦問題を考える」で、「証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」とする記事を掲載した。』。
 少なくとも1997年に「疑問」と認識。2014年に誤報を認めた。

 2015年2月27日付け朝日新聞『朝日新聞慰安婦報道、検証の評価公表 識者の過半数「不合格」』によれば、第三者委員会の報告書について、『評価した8人のうち5人が「不合格」とし、「事実調査が不十分」「そもそも第三者委に委ねるべきではなかった」などと指摘』の報道。
 朝日としてもお粗末な第三者委員会であった認識もあると言えよう。

 その上、誤報に伴う誤解を最後の1人まで解こう。そんな意識にも乏しい(継続した誰もが気づくような広報活動がない、メタタグ問題など)。

 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

| | コメント (0)

« 2019年7月15日 (月) | トップページ | 2019年7月18日 (木) »