« 2019年7月18日(木)付け小説朝日新聞社説『参院選 地方対策 将来像が見えない』を読んでの感想/全く見えないのが朝日 | トップページ | 2019年7月19日(金)付け小説朝日新聞社説『参院選 個人の尊重 多様な生き方に道を』を読んでの感想 »

2019年7月18日 (木)

 2019年7月18日(木)付け小説朝日新聞社説『原発耐震対策 最新知見を早く生かせ』を読んでの感想。

 2019年7月18日(木)付け小説朝日新聞社説『原発耐震対策 最新知見を早く生かせ』を読んでの感想。

以下感想。
 最新の知見≒将来も有効に基づいている主張。
 しかし、最新の知見が常に正しい保証はない。出された知見を第三者が検証して確認をするのが科学である。


>原発の安全対策は、最新の科学的な知見に基づいていなければならない。この大原則にのっとった当然の手続きである。

 冒頭から、呆れるほど煽りまくる朝日社説。


>原子力規制委員会の検討チームが、原発の耐震対策に欠かせない計算方法の見直し案をまとめた。

 これは2つ目の文。
 何故、ここで「未知の活断層」への対応の表現を盛り込まないのか?後出しの中盤に入ってからこの点が分かる。


>現在の方法は過去1回の地震データしか生かしておらず、事例を増やして計算の信頼度を上げることが懸案となっていた。新たな計算方法は、00~17年に起きた89回の地震の観測記録を分析してまとめた。

 『過去1回』??
 7⽉8⽇付けすぐ消すNHK『原発 震源不明の地震に新評価 結果しだいで対策も』より、『北海道留萌地⽅で2004年に起きたマグニチュード5.7の地震のデータを中⼼に、過去の16の地震を参考にして施設への影響を評価していました。』


>規制委は、対策が終わるまで運転停止を命じることもできるが、実際に止めた例はない。
>この要望を規制委は却下し、来年の春以降、工事が終わっていない原発は止まる。

 テロ対策では、止める方向になった。


>運転継続ありきで、安全がおろそかになっては困る。

 報道アリキで、誤報対策がおろそかになっては困る。


>自然災害やテロは、対策が整うのを待ってはくれない。

 電力不足の事態も待ってはくれない。 
 朝日新聞の大好きな再生エネだけで、嫌いな原発と火力発電を無しにすれば、電力事情は破綻。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 15年以上放置の根拠記事は、2014年8月28日付け朝日新聞『慰安婦問題 核心は変わらず』である。引用『朝日新聞は1982年以降、吉田氏の証言を記事やコラムで取り上げた。証言内容を疑う指摘が92年にあり、朝日新聞は97年に「真偽は確認できない」との記事を掲載し、以降は吉田氏の証言を取り上げていない。今年、改めて済州島などで裏付け取材をし、5日の特集「慰安婦問題を考える」で、「証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」とする記事を掲載した。』。
 少なくとも1997年に「疑問」と認識。2014年に誤報を認めた。

 2015年2月27日付け朝日新聞『朝日新聞慰安婦報道、検証の評価公表 識者の過半数「不合格」』によれば、第三者委員会の報告書について、『評価した8人のうち5人が「不合格」とし、「事実調査が不十分」「そもそも第三者委に委ねるべきではなかった」などと指摘』の報道。
 朝日としてもお粗末な第三者委員会であった認識もあると言えよう。

 その上、誤報に伴う誤解を最後の1人まで解こう。そんな意識にも乏しい(継続した誰もが気づくような広報活動がない、メタタグ問題など)。

 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

|

« 2019年7月18日(木)付け小説朝日新聞社説『参院選 地方対策 将来像が見えない』を読んでの感想/全く見えないのが朝日 | トップページ | 2019年7月19日(金)付け小説朝日新聞社説『参院選 個人の尊重 多様な生き方に道を』を読んでの感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2019年7月18日(木)付け小説朝日新聞社説『参院選 地方対策 将来像が見えない』を読んでの感想/全く見えないのが朝日 | トップページ | 2019年7月19日(金)付け小説朝日新聞社説『参院選 個人の尊重 多様な生き方に道を』を読んでの感想 »