« 2019年9月4日(水)付け小説朝日新聞社説『開かれぬ国会 政権は論戦に応じよ』を読んでの感想/改憲の「議論すべきだ」は77% | トップページ | 2019年9月5日(木)付け小説朝日新聞社説『石綿規制強化 将来のために対策急げ』を読んでの感想。 »

2019年9月 4日 (水)

2019年9月4日(水)付け小説朝日新聞社説『南海台車亀裂 安全徹底へ原因解明を』を読んでの感想

 2019年9月4日(水)付け小説朝日新聞社説『南海台車亀裂 安全徹底へ原因解明を』を読んでの感想。

以下感想。
 週刊ポストの件か表現の不自由展の件か、双方を絡めたものか?を期待したが明日以降か。

>南海電鉄(大阪市)が運行し、大阪・難波と関西空港を結ぶ特急ラピートの台車部分で相次いで亀裂が見つかった。

 「鉄人28号」のニックネームもあるようだ。
 
 2019/8/27付⽇本経済新聞 ⼣刊『南海特急、台⾞14センチ⻲裂 運輸安全委が調査 別編成でも10センチ』より、『最初の⻲裂は24⽇に⾒つかったが、同社は同⽇時点で公表していなかった。』

>先月下旬、走行中の音が気になった車掌の訴えをきっかけに、点検で約14センチの亀裂を発見。

 2019/8/27付⽇本経済新聞 ⼣刊『南海特急、台⾞14センチ⻲裂 運輸安全委が調査 別編成でも10センチ』より、『同社によると、23⽇⼣、⼤阪・難波から関⻄空港に向かって⾛⾏中のラピートの⾞両(6両編成)の連結部分から⾦属がこすれる⾳がしているのを⾞掌が確認。』。


>亀裂が公になったのは、南海が発見した2日後に運輸安全委が発表したからだ。

 上記日経記事によれば、国⼟交通省は27⽇に公表のようだ。 
 24日に対して、27日なら3日後。


>南海はメディアの個別取材には応じつつ、記者会見を開いたのはさらにその4日後だっ
た。

 メディア様を最優先にした記者会見をすべきと言いたいのか?


>会見では謝罪する一方、

 そんなに、記者の前で、謝罪させるのが気持ちがよいのか?


>運輸安全委に報告し、重大インシデントとされなかったとしているが、積極的な情報公開が安全意識を高めるはずだ。

 誤報に対しても『積極的な情報公開』が欲しいものだ。
 何処に公開しているのか分からない場合もある。


>日本製鉄は台車の大手で、南海の一般車両や大阪メトロでも亀裂が見つかっており、首都圏の私鉄にも納入されている。

 私鉄⼤⼿では東武鉄道や⼩⽥急電鉄、⻄武鉄道などが⽇本製鉄製の台⾞を利用。
 (2019/8/31付⽇本経済新聞 朝刊『⻲裂台⾞⽣産の⽇本製鉄、鉄道と安全調査検討』より)。

 大阪メトロは7月のこと。
2019/9/1付⽇本経済新聞 朝刊『台⾞の⻲裂、⼤阪メトロでも 南海特急と同じ製造元』より、『⼤阪メトロによると、7⽉17⽇に実施した検査で、台⾞両側の「側梁(そくばり)」と呼ばれる外枠部分に⻲裂が⾒つかった。⻑さは約30センチ、幅は1ミリに満たないという。これを受けて形状が異なる⼀部⾞両を除く全⾞両を緊急点検したところ、他では⻲裂が⾒つからなかった。』
※「重⼤インシデント」には該当せず。


>南海は交換せずに修繕しながら使い続けてきたが、調査結果次第でその妥当性も焦点になろう。

 2019/8/31付⽇本経済新聞 朝刊『⻲裂台⾞⽣産の⽇本製鉄、鉄道と安全調査検討』より、『18年4⽉時点で国内鉄道⾞両には合計12万台以上の台⾞が使われる。鉄道⾞両の耐⽤年数は10〜20年だが、補修を繰り返しながら20年以上使⽤されるケースも珍しくない。』
 適切な製造、管理が行われていれば長期に問題ないものだ。
 『交換』アリキは、非エコである。 


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 15年以上放置の根拠記事は、2014年8月28日付け朝日新聞『慰安婦問題 核心は変わらず』である。引用『朝日新聞は1982年以降、吉田氏の証言を記事やコラムで取り上げた。証言内容を疑う指摘が92年にあり、朝日新聞は97年に「真偽は確認できない」との記事を掲載し、以降は吉田氏の証言を取り上げていない。今年、改めて済州島などで裏付け取材をし、5日の特集「慰安婦問題を考える」で、「証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」とする記事を掲載した。』。
 少なくとも1997年に「疑問」と認識。2014年に誤報を認めた。

 2015年2月27日付け朝日新聞『朝日新聞慰安婦報道、検証の評価公表 識者の過半数「不合格」』によれば、第三者委員会の報告書について、『評価した8人のうち5人が「不合格」とし、「事実調査が不十分」「そもそも第三者委に委ねるべきではなかった」などと指摘』の報道。
 朝日としてもお粗末な第三者委員会であった認識もあると言えよう。

 その上、誤報に伴う誤解を最後の1人まで解こう。そんな意識にも乏しい(継続した誰もが気づくような広報活動がない、メタタグ問題など)。

 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

|

« 2019年9月4日(水)付け小説朝日新聞社説『開かれぬ国会 政権は論戦に応じよ』を読んでの感想/改憲の「議論すべきだ」は77% | トップページ | 2019年9月5日(木)付け小説朝日新聞社説『石綿規制強化 将来のために対策急げ』を読んでの感想。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2019年9月4日(水)付け小説朝日新聞社説『開かれぬ国会 政権は論戦に応じよ』を読んでの感想/改憲の「議論すべきだ」は77% | トップページ | 2019年9月5日(木)付け小説朝日新聞社説『石綿規制強化 将来のために対策急げ』を読んでの感想。 »