« 2019年9月13日(金)付け小説朝日新聞社説『停電の長期化 「想定外」ではすまない』を読んでの感想/お気楽なことで | トップページ | 2019年9月14日(土)付け小説朝日新聞社説『嘉手納判決 政府の無為に警告再び』を読んでの感想/合計特殊出生率は、嘉手納町1.78(129位)>全国1.38。東京の豊島区は、0.81(最下位1741位) »

2019年9月13日 (金)

2019年9月13日(金)付け小説朝日新聞社説『埼玉1 5歳の死 重い不信を受け止めよ』を読んでの感想/人材の多様性欠如の教育ムラ

 2019年9月13日(金)付け小説朝日新聞社説『埼玉1 5歳の死 重い不信を受け止めよ』を読んでの感想。

以下感想。
 三重の志摩でも、調査中の案件がある。


>埼玉県川口市の15歳の少年が「教育委員会は大ウソつき」と書き残して命を絶った。

 教育ムラの「事なかれ無責任主義」が見える。

 9⽉9⽇付けすぐ消すNHK『“教育委員会は⼤ウソつき” 15歳男⼦⽣徒が⾃殺 埼⽟ 川⼝』より、『埼⽟県川⼝市の中学校に通っていた当時いじめを受けたとして、⾃殺未遂を繰り返していた15歳
の男⼦⽣徒が、8⽇、⾃殺したことが分かりました。いじめについては、市の教育委員会が調査
を進めていましたが、⽣徒の部屋には、「教育委員会は⼤ウソつき」などと書かれたノートが残
されていたということです。』、『中学1年⽣だった3年前、部活動の先輩や同級⽣から悪⼝や仲間はずれなどのいじめを受けたと訴えましたが、学校の対応に失望し、⾃殺未遂を3回繰り返したということです。』
※この記事、⾃殺生徒の実名報道である。

 文春記事では、ノートの写真も
 https://bunshun.jp/articles/-/13975


>市教委は3度目の自殺未遂から半年後の17年秋、ようやくいじめがあったと認め、第三者委員会を設けた。だが少年側の不信は深く、調査が進まないまま機能不全に陥っていた。

 少年から見れば、不信を取り払うには、市の教育委員会の総入れ替えくらいが必要であったであろう。


>いじめの存在自体をずっと認めず、行動を起こさなかった。
>市教委は同じ時期、別のいじめ事案をめぐり、文科省や県教委から実に55回にわたって「法に基づく対応をせよ」などと指導を受けていたという。まさに解体的出直しが求められる。

 模範的な事なかれ無責任主義。
 総入れ替えは必須。関係者については、二度と教育関係の仕事に付かせて欲しくない。


>法令の無理解、自己防衛などに加え、学校や教委に「外」の目が入りにくいことも原因として指摘される。

 人材の多様性欠如の教育ムラですから。


>対応策の一つが、法律専門家である弁護士が子どもの最善の利益を考え、学校に適切な対応を促す「スクールロイヤー」の制度だ。

 残念ながら弁護士は金がかかる。
 先ずは、凝り固まった教育ムラに、外部の人材を一度に多数を入れムラの解体を進めることが望まれる。


 9⽉9⽇付けすぐ消すNHK『いじめは握⼿で終わらない』https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190909/k10012072521000.htmlより、『⽂部科学省に確認すると、「国として『仲直りの会』という対応を推奨はしていない。』。
 所謂「仲直りの会」。一部教師の自己マン、マスタべで、いじめ被害拡大の現実。氷山の一角であろう。

 ところで、朝日社説には、現場の教師の対応の記載がない。基本、教師擁護の朝日らしい対応。
 上記、文春記事より、『紙に書けるなら口で言えると言ったきょうとう先生。うまく口じゃつたえられないから手紙なんです』、『正月明け、一度、学校へ通った。数日後、クラスで絵馬を飾ることになった。「いじめがはやく解決しますように」と願い事を書いた。すると、担任から「それは飾れない」と言われ、飾られなかった。』etc。
ー>学校が総力をあげて「いじめ隠し」をしたように思える。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 15年以上放置の根拠記事は、2014年8月28日付け朝日新聞『慰安婦問題 核心は変わらず』である。引用『朝日新聞は1982年以降、吉田氏の証言を記事やコラムで取り上げた。証言内容を疑う指摘が92年にあり、朝日新聞は97年に「真偽は確認できない」との記事を掲載し、以降は吉田氏の証言を取り上げていない。今年、改めて済州島などで裏付け取材をし、5日の特集「慰安婦問題を考える」で、「証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」とする記事を掲載した。』。
 少なくとも1997年に「疑問」と認識。2014年に誤報を認めた。

 2015年2月27日付け朝日新聞『朝日新聞慰安婦報道、検証の評価公表 識者の過半数「不合格」』によれば、第三者委員会の報告書について、『評価した8人のうち5人が「不合格」とし、「事実調査が不十分」「そもそも第三者委に委ねるべきではなかった」などと指摘』の報道。
 朝日としてもお粗末な第三者委員会であった認識もあると言えよう。

 その上、誤報に伴う誤解を最後の1人まで解こう。そんな意識にも乏しい(継続した誰もが気づくような広報活動がない、メタタグ問題など)。

 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

|

« 2019年9月13日(金)付け小説朝日新聞社説『停電の長期化 「想定外」ではすまない』を読んでの感想/お気楽なことで | トップページ | 2019年9月14日(土)付け小説朝日新聞社説『嘉手納判決 政府の無為に警告再び』を読んでの感想/合計特殊出生率は、嘉手納町1.78(129位)>全国1.38。東京の豊島区は、0.81(最下位1741位) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2019年9月13日(金)付け小説朝日新聞社説『停電の長期化 「想定外」ではすまない』を読んでの感想/お気楽なことで | トップページ | 2019年9月14日(土)付け小説朝日新聞社説『嘉手納判決 政府の無為に警告再び』を読んでの感想/合計特殊出生率は、嘉手納町1.78(129位)>全国1.38。東京の豊島区は、0.81(最下位1741位) »