« 2019年9月3日(火)付け小説朝日新聞社説『米軍ヘリ事故 被害出るのを待つのか』を読んでの感想/『政府は全力で』ならば改憲しかない | トップページ | 2019年9月4日(水)付け小説朝日新聞社説『開かれぬ国会 政権は論戦に応じよ』を読んでの感想/改憲の「議論すべきだ」は77% »

2019年9月 3日 (火)

2019年9月3日(火)付け小説朝日新聞社説『戦争発言再び 議員居座りは許されぬ』を読んでの感想/見過ごしてはならないのは、銃撃で亡くなった人の存在だ

 2019年9月3日(火)付け小説朝日新聞社説『戦争発言再び 議員居座りは許されぬ』を読んでの感想。

以下感想。
 同氏のツイート、
https://twitter.com/maruyamahodaka/status/1166927371942813697
『今回の高野連対応は意味不明。日の丸忌避なら少なくとも「日本代表」を名乗るな、危険だと判断ならそもそも韓国開催に大事な選手を行かせるな。』は、気にしたくない朝日新聞。都合が悪いのだろう。


>自身のツイッターに「戦争で取り返すしかないんじゃないですか?」と投稿した。

 同氏は、『くだんの投稿内容は疑問形でもあるように問いかけや問題提起であって憲法上も法律上もなんら問題ないし、~以下略~』(https://twitter.com/maruyamahodaka/status/1168550190426423296)の考えがある。
 このツイートを隠している朝日。

 
 朝日社説では、『先月末』としているが、特定の日付を何故か避けている。
 『戦争で取り返すしかないんじゃないですか?』の表現はあったのか?
  2019年8月31日付け、https://twitter.com/maruyamahodaka/status/1168034996960915456 より、『笑止かと。戦前は英語などの敵性語や負ける可能性とか口にしてはいけません。戦後は「戦争で取り返すしかないんじゃないですか?」という言葉すら忌避。』
 このツイート単体には、竹島の文字はない。竹島に対してと言うより、表現の自由として発言しているように取れる。

 竹島に関しては、2019年8月31日付け
https://twitter.com/maruyamahodaka/status/1167789509322235904
で、『我が国固有の領土である竹島が不法占拠者らに占拠されており、尚且つ相手側があんな状況と。各種有事での自衛隊派遣で不法占拠者を排除する以外の方法でどうやって取り返すんですかね?交渉で返ってくるんですかね?交渉&遺憾と言いつつ永遠に棚上げするんですかね?疑問ですね。敗戦国の末路だなぁ。』


>丸山氏は外務省の韓国への抗議を「遺憾砲」と揶揄(やゆ)し、「朝鮮半島有事時を含め、自衛隊が出動し、不法占拠者を追い出すことを含めたあらゆる選択肢を排除すべきではないのでは?」とつぶやいた。

 多数が思っている「遺憾砲」。
 現実、竹島問題は韓国は交渉のテーブルにつく気もない。

 そして、そのツイートの選択肢は、戦争ではない。自衛隊の派遣による威圧の選択肢もある。


>憲法9条も国連憲章も、武力による国際紛争の解決を認めていない。

 国連憲章テキスト https://www.unic.or.jp/info/un/charter/text_japanese/
『第42条 安全保障理事会は、第41条に定める措置では不充分であろうと認め、又は不充分なことが判明したと認めるときは、国際の平和及び安全の維持又は回復に必要な空軍、海軍または陸軍の行動をとることができる。この行動は、国際連合加盟国の空軍、海軍又は陸軍による示威、封鎖その他の行動を含むことができる。』
 これは、国際紛争の解決の為ではなく、紛争の拡大の為なのか?


>北方領土へのビザなし交流の訪問団に同行した際、元島民の団長に対し「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」「戦争しないとどうしようもなくないですか」と詰め寄った。

 『いきなり』を抜く理由は何なのか?しかも、発言をしたときの社説より、発言とされる文字数が多い。
 2019年5月15日付け朝日新聞社説『維新丸山議員 言語道断の「戦争」発言』より、『丸山氏は11日夜、国後島の宿泊施設での懇談の場で、元島民の団長に対し、いきなり「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」と切り出した。』。

 『いきなり』の前に何かあったのではないか?


>そのとき両国の政治家に求められるのは、対立感情をあおることではない。これ以上の関係悪化を防ぐために知恵を絞ることだ。

 韓国の政府、政治家への要望はないのか??
 韓国は、政府の公式⽂書に堂々と『反⽇』を掲げている国である。

 8/28(⽔) 付けすぐ消すヤフー(韓国 朝鮮日報)『外交官経験者66⼈「GSOMIA破棄の即時撤回を」「5200万の国⺠がハイジャックされた」』https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190828-00080027-chosun-kr より、『「⼤韓⺠国政府」名義で発⾏されたこの⼩冊⼦は53ページからなり、その中で⽇本による輸出規制措置の問題点を指摘し、それに対する韓国政府の⽴場が説明されている。これについてある元外交官幹部は「政府の公式⽂書に堂々と『反⽇』を掲げるのは不適切ではないか」「反⽇を国是として掲げているとの誤解を招く恐れがある」などと指摘した。』


>無責任な言いっ放しでもある。

 朝日新聞のことか?


>糾弾決議を足蹴にされた格好の衆院は、この事態を見過ごしてはならない。

 本音で語る同氏の発言は、朝日に取ってかなり都合が悪いのだろう。
 朝日新聞などには、粘り強く議論したくとも議論に応じない相手に対して、どうやって竹島を取り返すのか?その具体案の一つくらい出して欲しいものだ。


 ところで、韓国は、不法占拠の実行当時、竹島周辺で日本漁船328隻を拿捕し、日本人44人を死傷(死亡者数は不明)させ、3929人を抑留したとされる(ウィキペディアより)。Will2014年3月増刊『竹島問題100問100答』によれば、少なくとも8人は亡くなったようだ。
 この事態こそ見過ごしてはならない問題である。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 15年以上放置の根拠記事は、2014年8月28日付け朝日新聞『慰安婦問題 核心は変わらず』である。引用『朝日新聞は1982年以降、吉田氏の証言を記事やコラムで取り上げた。証言内容を疑う指摘が92年にあり、朝日新聞は97年に「真偽は確認できない」との記事を掲載し、以降は吉田氏の証言を取り上げていない。今年、改めて済州島などで裏付け取材をし、5日の特集「慰安婦問題を考える」で、「証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」とする記事を掲載した。』。
 少なくとも1997年に「疑問」と認識。2014年に誤報を認めた。

 2015年2月27日付け朝日新聞『朝日新聞慰安婦報道、検証の評価公表 識者の過半数「不合格」』によれば、第三者委員会の報告書について、『評価した8人のうち5人が「不合格」とし、「事実調査が不十分」「そもそも第三者委に委ねるべきではなかった」などと指摘』の報道。
 朝日としてもお粗末な第三者委員会であった認識もあると言えよう。

 その上、誤報に伴う誤解を最後の1人まで解こう。そんな意識にも乏しい(継続した誰もが気づくような広報活動がない、メタタグ問題など)。

 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

|

« 2019年9月3日(火)付け小説朝日新聞社説『米軍ヘリ事故 被害出るのを待つのか』を読んでの感想/『政府は全力で』ならば改憲しかない | トップページ | 2019年9月4日(水)付け小説朝日新聞社説『開かれぬ国会 政権は論戦に応じよ』を読んでの感想/改憲の「議論すべきだ」は77% »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2019年9月3日(火)付け小説朝日新聞社説『米軍ヘリ事故 被害出るのを待つのか』を読んでの感想/『政府は全力で』ならば改憲しかない | トップページ | 2019年9月4日(水)付け小説朝日新聞社説『開かれぬ国会 政権は論戦に応じよ』を読んでの感想/改憲の「議論すべきだ」は77% »