« 2019年9月17日(火)付け小説朝日新聞社説『NSC局長交代 「首相主導」を過ちなく』を読んでの感想。 | トップページ | 2019年9月18日(水)付け小説朝日新聞社説『福島事故調査 原発規制に生かさねば』を読んでの感想 »

2019年9月17日 (火)

2019年9月17日(火)付け小説朝日新聞社説『ロシアの選挙 国民の手に選択委ねよ』を読んでの感想。

 2019年9月17日(火)付け小説朝日新聞社説『ロシアの選挙 国民の手に選択委ねよ』を読んでの感想。

以下感想。
>市民らによる抗議デモを、治安部隊が弾圧した。

  2019/8/22付⽇本経済新聞 朝刊『プーチン政権、野党を排除 9⽉地⽅選 デモ対策、中国と協⼒』より、『⾹港で抗議活動が続く中国政府とも共闘する⽅針だ。』


>政権は、現職16人のうち13人を選挙の1年ほど前から次々に事実上解任した。意中の新顔たちをあらかじめ首長代行に就任させた上で選挙に臨んだ。現職への信任投票という構図に持ち込み有利な状況をつくった。

 2019/9/10付⽇本経済新聞 朝刊『ロシア地⽅選 与党が勝利 苦戦予想も「露⾻な介⼊」強⾏ 政権、ひとまず安定維持』より、『16の⾸⻑選のうち13の選挙では与党系の⾸⻑代⾏が出⾺した。「現職
では勝てない」と懸念した政権が選挙前に⾸⻑を交代させた結果だった。現職の実績を問うべき選挙の趣旨が失われたと批判された。』


>今回のモスクワ市議選の投票率はわずか約2割だった。

 市議選の結果の記載なしの朝日社説。
 2019年9⽉9⽇『ロシア地⽅選、モスクワ市議選で与党が苦戦 過半数は維持』より、『⾸都モスクワの市議会選でプーチン⼤統領を⽀持する与党「統⼀ロシア」が議席を3分の1程度減らしたもようだ。』、『共産党が統⼀ロシアから議席を奪う形で、獲得議席を5から13に増やした。』


>プーチン氏は00年、大統領就任を前にドイツのコール元首相について「1人の指導者が16年も続けば、どんな国民でもうんざりする」と述べていた。

 その言葉に、朝日が賛同するなら、ドイツのメルケル首相は、2005年11月から現職だ。
 そろそろ、うんざりの対象になる。


>昨年の大統領選では、クリミア併合の日を投票日に選び、愛国心を高めようとした。

 併合とは相手国との合意が基本だが、朝日によって意味が歪められているように思えてならない。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 15年以上放置の根拠記事は、2014年8月28日付け朝日新聞『慰安婦問題 核心は変わらず』である。引用『朝日新聞は1982年以降、吉田氏の証言を記事やコラムで取り上げた。証言内容を疑う指摘が92年にあり、朝日新聞は97年に「真偽は確認できない」との記事を掲載し、以降は吉田氏の証言を取り上げていない。今年、改めて済州島などで裏付け取材をし、5日の特集「慰安婦問題を考える」で、「証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」とする記事を掲載した。』。
 少なくとも1997年に「疑問」と認識。2014年に誤報を認めた。

 2015年2月27日付け朝日新聞『朝日新聞慰安婦報道、検証の評価公表 識者の過半数「不合格」』によれば、第三者委員会の報告書について、『評価した8人のうち5人が「不合格」とし、「事実調査が不十分」「そもそも第三者委に委ねるべきではなかった」などと指摘』の報道。
 朝日としてもお粗末な第三者委員会であった認識もあると言えよう。

 その上、誤報に伴う誤解を最後の1人まで解こう。そんな意識にも乏しい(継続した誰もが気づくような広報活動がない、メタタグ問題など)。

 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

|

« 2019年9月17日(火)付け小説朝日新聞社説『NSC局長交代 「首相主導」を過ちなく』を読んでの感想。 | トップページ | 2019年9月18日(水)付け小説朝日新聞社説『福島事故調査 原発規制に生かさねば』を読んでの感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2019年9月17日(火)付け小説朝日新聞社説『NSC局長交代 「首相主導」を過ちなく』を読んでの感想。 | トップページ | 2019年9月18日(水)付け小説朝日新聞社説『福島事故調査 原発規制に生かさねば』を読んでの感想 »