« 2019年10月22日(火)付け小説朝日新聞社説『広がる飢餓 身近な食品を考えよう』を読んでの感想 | トップページ | 2019年10月23日(水)付け小説朝日新聞社説『テコンドー協会 体制を一新して出直せ』を読んでの感想 »

2019年10月23日 (水)

2019年10月23日(水)付け小説朝日新聞社説『即位の礼 前例踏襲が残した課題』を読んでの感想

 2019年10月23日(水)付け小説朝日新聞社説『即位の礼 前例踏襲が残した課題』を読んでの感想。

 

以下感想。
 紙面ではこの社説で上位の位置にあるが、https://www.asahi.com では、もう一つの社説が、『テコンドー協会 体制を一新して出直せ』が上位であった。
 レイアウトが違う。その意図は何なのか。

 

 

>陛下のおことばは、憲法にのっとり、国民統合の象徴としての務めを果たすと誓うもので、昭和から平成になった際に上皇さまが述べたものとほぼ重なる内容だった。同じく国際社会の友好と平和に言及した点も、国外から多くの参列者を迎えて催された儀式であることに照らして適切といえよう。

 

 『前例踏襲』批判はしないのか?

 

 宮内庁公式、おことば
 https://www.kunaicho.go.jp/page/okotoba/detail/60#199
 

 

>開かれた議論を避け、異論には耳をふさいで、多くを「前例踏襲」で押し通そうという姿勢だ。

 

 破壊工作アリキの朝日。
 伝統ある儀式である。「前例踏襲」を避け、異論を受け入れると伝統のないものになる。

 

 

>~以前から「国民主権や政教分離原則にそぐわない」との指摘があった。

 

 仮に天皇が宗教ならば、憲法の第一章は天皇であり、憲法上明確になっている唯一の宗教である。
 それは、別として、憲法上、「儀式」の記載がある。何の儀式であるか?の記載はない。故に「儀式」であれば、全て認められるものである。
 「儀式」が気に入らないなら、改憲を提案するべきであろう。

 

 
>だが政府は「前回検討済み」として、見直しを拒んだ。

 

 蒸し返しの好きな朝日新聞。

 

 

>~いまの時代にふさわしい形を探ってしかるべきではなかったか。

 

 『いまの時代にふさわしい形』の定義は様々である。
 朝日としての定義の記載もない。

 

 衣装からおことばなど、ラップ調がいいと思う人もいるだろう。

 

 

>恩赦も実施された。要件を絞って対象者は前回の約5分の1(55万人)になったものの、司法の判断を行政が一方的に覆す措置に反対論も根強かった。

 

 ならば改憲が必要だ。
 第一章 天皇、第七条『六  大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認証すること。』。
 これを消す必要がある。

 

 

>まして皇室の慶弔と結びつけば、支配者が慈悲を施すかのような色彩を帯びる。犯罪被害者を守り、その思いを大事にしようという社会の要請にも反する。それでも先例が優先された。

 

 ならば改憲以外の選択肢はない。
 憲法上の記載を実行しない状態は、憲法の意味がない。
 過去何度も憲法を掲げ『野党からの臨時国会召集』ガーと何度も騒いでいた朝日ではないか。
 

 

>秋篠宮さまが昨秋の会見で、「宗教色が強い儀式を国費で賄うことが適当か」と疑問を投げかけた。公費を充てることの困難さは昭和天皇も感じていたとみられ、皇室の私的活動費である内廷費を節約して積み立ててはどうかと側近に話していたという。

 

 一つの意見に過ぎない。
 しかし、朝日としては、皇族が述べた朝日の主張に沿うことに関しては最優先扱いのようだ。
 ご都合主義。

 

 

>どれも国の基本である憲法にかかわる話だ。誠実さを著しく欠く対応と言わざるを得ない。

 

 『誠実さ』のかけらも感じられない朝日が『誠実さ』とは冗談か。

 

 朝日の前例は、憲法上の国民の個人の権利拡大には、全開状態だが、それ以外については厳しい解釈をする。
 しかし、何故か、『儀式』や「恩赦」には厳しい解釈をする。
 

 

>華やかな式典の陰で多くの課題が積み残された。

 

 朝日自身の課題は、累積状態で事実上放置が続く。
 朝日の慰安婦問題が、前例踏襲の代表例でもあろう。
 
 過去の朝日社説の一例、
 『靖国神社は畏れ多くも、命を国事に残せる勇士の英霊を祭り勲を後世に伝えしめんとの明治天皇の有難き大御心により建立せられた神社であり、祭神はみな陛下の有難き思召によって合配せられるのである。』
(「御親拝を仰ぎ奉る」昭和十八年四月二十四日付け、毎日ワンズ『朝日新聞「戦時社説」を読む』P93より)。

 

※午後追記

 香港デモ

https://twitter.com/chowtingagnes/status/1185870885468672002  

香港行政長官キャリー・ラムは東京に行き、22日の天皇即位の礼に参列します。もし日本メディアの皆様がキャリー・ラムに質問をする機会があれば、「なぜ警察の暴力乱用を一切批判しないのか」と、「いつ独立した調査委員会を設立するのか」を質問していただきたいです。

ー>どこかの社かフリーは、質問したのだろうか?しても、表現の不自由展状態で、情報隠匿か?

 

 日経写真映像部のツイート

https://twitter.com/nikkeiphoto/status/1186497089129238530

『即位礼正殿の儀を前に都内の空にはうっすらと虹がかかりました。 』

 更に横浜でもかかったの投稿が続いている。

 一方、傘を壊すレベルの時間帯もあったようだ。https://anonymous-post.mobi/archives/14860

 

https://twitter.com/kazue_fgeewara/status/1186524551674384384

ミッキーマウスの耳のように見えるヘアスタイルのかつら

このソースは、↓

朝日と中のよいNYT『Naruhito’s Enthronement: Hasn’t Japan Done This Already?』

https://www.nytimes.com/2019/10/21/world/asia/japan-emperor-naruhito-royal-family.html

より『She also wore a wig in an elaborate hairstyle that looked like stiff wings or large Mickey Mouse ears growing from the side of her head.

 

PS

 流石の朝日も翌日の社説では、女性天皇がーは避けたか。

 一方、NHKは昨日はすきあれば、女性天皇がーだったらしい。

 

※2019年10月25日追記

 台湾の参列について。産経以外は、積極報道してないようだ(「即位の礼 台湾 参列」でググってニュースとしてヒットしない )。メディアによる集団的表現の不自由展開催か。 

①2019.10.22付け産経『即位礼正殿の儀参列予定の国・機関と出席者 外務省発表、21日時点』では記載なし。

②2019.10.22付け『台湾からは駐日代表が参列 即位礼正殿の儀』

③令和元年10⽉23⽇付け外務省『⼤鷹外務報道官会⾒記録』https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kaiken/kaiken4_000882.html で、産経記者が「即位礼正殿の儀への台湾・香港・マカオからの出席」を質問、外務報道官が参列を認める。

④2019.10.23付け産経『正殿の儀 台湾や香港出席、正式招待せず』https://www.sankei.com/politics/news/191023/plt1910230041-n1.html で『政府が21⽇に発表した外国元⾸・祝賀使節団の参列者のリストに謝⽒の名前はなかったが、台湾の外交部(⽇本の外務省に相当)は22⽇、謝⽒が参列したと発表。⽇本政府も産経新聞の取材に対し、謝⽒の参列を認めた。』と掲載。 

 

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 15年以上放置の根拠記事は、2014年8月28日付け朝日新聞『慰安婦問題 核心は変わらず』である。引用『朝日新聞は1982年以降、吉田氏の証言を記事やコラムで取り上げた。証言内容を疑う指摘が92年にあり、朝日新聞は97年に「真偽は確認できない」との記事を掲載し、以降は吉田氏の証言を取り上げていない。今年、改めて済州島などで裏付け取材をし、5日の特集「慰安婦問題を考える」で、「証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」とする記事を掲載した。』。
 少なくとも1997年に「疑問」と認識。2014年に誤報を認めた。

 

 2015年2月27日付け朝日新聞『朝日新聞慰安婦報道、検証の評価公表 識者の過半数「不合格」』によれば、第三者委員会の報告書について、『評価した8人のうち5人が「不合格」とし、「事実調査が不十分」「そもそも第三者委に委ねるべきではなかった」などと指摘』の報道。
 朝日としてもお粗末な第三者委員会であった認識もあると言えよう。

 

 その上、誤報に伴う誤解を最後の1人まで解こう。そんな意識にも乏しい(継続した誰もが気づくような広報活動がない、メタタグ問題など)。

 

 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

 

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

 

|

« 2019年10月22日(火)付け小説朝日新聞社説『広がる飢餓 身近な食品を考えよう』を読んでの感想 | トップページ | 2019年10月23日(水)付け小説朝日新聞社説『テコンドー協会 体制を一新して出直せ』を読んでの感想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2019年10月22日(火)付け小説朝日新聞社説『広がる飢餓 身近な食品を考えよう』を読んでの感想 | トップページ | 2019年10月23日(水)付け小説朝日新聞社説『テコンドー協会 体制を一新して出直せ』を読んでの感想 »