« 2020年1月20日 (月) | トップページ | 2020年1月24日 (金) »

2020年1月23日 (木)の2件の投稿

2020年1月23日 (木)

2020年1月23日(木)付け小説朝日新聞社説『香川ゲーム条例 危うい規制、再考を』を読んでの感想/定義が怪しい

 2020年1月23日(木)付け小説朝日新聞社説『香川ゲーム条例 危うい規制、再考を』を読んでの感想。

 

以下感想。
>香川県議会が「ネット・ゲーム依存症対策条例」(仮称)の素案を決めた。意見の公募を経て2月からの議会で成立させ、4月に施行するという。

 

『香川県ネット・ゲーム依存症対策条例(仮称)(素案)』
 https://www.pref.kagawa.lg.jp/content/etc/pubcom/upfiles/plahfe200120143751_f01.pdf

 

 01月20日付けすぐ消すNHK(香川)『利用時間の上限はゲームだけに』https://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/20200120/8030005652.html、『時間の上限を設けるのはゲームだけとし、時間の上限は、保護者と子どもとのルール作りの「基準とする」などと一部文言を修正したうえで素案を正式に決定』、『20日の委員会では、14人の委員のうち2人から異論が出たものの、修正案を正式な素案として決定』。
 親子の対話が前提。
 異論は14人中2名のみ(14人に議長、副議長含む)

 

 委員会の面子
https://www.pref.kagawa.lg.jp/content/etc/web/upfiles/wacw5s200117175548_f01.pdf
 県議が中心。議長、副議長を除いた12人は、国政と同じに分けると与党系は8人、野党系は4人となるが異論は2名。

 

 

>目を引くのは、保護者の責任と役割への言及、それを踏まえた利用制限の基準である。

 

 親子の対話が前提だ。
 ゲームだけではなく、フィルタリングなども呼びかけている。
 https://www.pref.kagawa.lg.jp/kenkyoui/somu/pdf/rule/1.pdf

 

 

>しかし暮らしの状況は多様だ。そのことを顧みず、家庭という私的な領域に枠をはめようとする姿勢には違和感や嫌悪を感じる人が少なくあるまい。

 

 従うか?は自由だ。
 ヘイトのように、いつの間にか罰則規定まで出来ないことは願う。

 

 
>県議会は、使用を1日60分までとする対象を、原案のスマホ等から素案ではコンピューターゲームに限定。

 

 分かり難い表現の朝日社説。
 『コンピューターゲームに限定。』と記すが、その定義の記載がない。
 朝日社説の文面ではスマホはOKだが、パソコンゲームはNGに取れる。

 

 『香川県ネット・ゲーム依存症対策条例(仮称)(素案)』
 https://www.pref.kagawa.lg.jp/content/etc/pubcom/upfiles/plahfe200120143751_f01.pdf
『(定義) (6)スマートフォン等 インターネットを利用して情報を閲覧(視聴を含む。)することができるスマートフォン、パソコン等及びコンピュータゲームをいう。 』
 ゲームだけではなくネットの閲覧の含まれる。

 

 01月20日18時30分付けすぐ消すNHK(香川)『利用時間の上限はゲームだけに』https://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/20200120/8030005652.htmlによれば、  この記事ではハードの種別は問わず、ゲームの時間に限定、ネットの閲覧時間は対象外。

 

 

>医療や保健、教育、ネット・ゲーム業界の関係者が連携して予防策を練り、相談体制を充実させる。学校や地域など多様な場で、子どもを中心に議論を重ねる。そんな取り組みが大切であることを肝に銘じたい。

 

 相談体制があろうが、議論をしようが、その時間の間も「ゲーム障害」が増える可能性が野放しとなる。
 近くにいる家族が先ず見守る必要があろう。 

 

※2020年1月26日

 タイトルの曜日の訂正。 

 

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 15年以上放置の根拠記事は、2014年8月28日付け朝日新聞『慰安婦問題 核心は変わらず』である。引用『朝日新聞は1982年以降、吉田氏の証言を記事やコラムで取り上げた。証言内容を疑う指摘が92年にあり、朝日新聞は97年に「真偽は確認できない」との記事を掲載し、以降は吉田氏の証言を取り上げていない。今年、改めて済州島などで裏付け取材をし、5日の特集「慰安婦問題を考える」で、「証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」とする記事を掲載した。』。
 少なくとも1997年に「疑問」と認識。2014年に誤報を認めた。

 

 2015年2月27日付け朝日新聞『朝日新聞慰安婦報道、検証の評価公表 識者の過半数「不合格」』によれば、第三者委員会の報告書について、『評価した8人のうち5人が「不合格」とし、「事実調査が不十分」「そもそも第三者委に委ねるべきではなかった」などと指摘』の報道。
 自社記事もあり、朝日としてもお粗末な第三者委員会であった認識もあると言えよう。

 

 その上、誤報に伴う誤解を最後の1人まで解こう。そんな意識にも乏しい(継続した誰もが気づくような広報活動がない、メタタグ問題など)。

 

 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

 

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

 

| | コメント (0)

2020年1月23日(木)付け小説朝日新聞社説『国会代表質問 信頼回復には程遠い』を読んでの感想/信頼度が低い人たちの主張

 2020年1月23日(木)付け小説朝日新聞社説『国会代表質問 信頼回復には程遠い』を読んでの感想。

 

以下感想。
>これではとても信頼回復にはつながらない。
 
 元々、その方向へ報道するつもりもないのだろう。

 

 

> 立憲民主党の枝野幸男代表は冒頭、「利権・私物化・隠蔽(いんぺい)」という「安倍政権の体質」をただすとして、

 

 昨日は、もっともっと大事なことがなかったのだろうか。
 2020年01月22日杖BLOGOS『“決められない男”玉木雄一郎と“坂道オタク”枝野幸男 お粗末すぎる野党党首会談 - 「週刊文春」編集部』https://blogos.com/article/430991/ より、1月7日、記者から「党首会談の日程は決まったか」と問われた枝野氏は「その質問、違う。今日はもっと大事なことがある」。キョトンとする記者に「まいやんの卒業でしょ」。

 

>しかし、自ら積極的に疑念を晴らそうという様子は全くうかがえない。

 

 感覚であって朝日新聞のご都合で決まる。

 

 

>この問題では、保存期間が過ぎ、廃棄したと説明してきた過去の関連資料が最近、見つかっている。

 

 1⽉22⽇付けすぐ消すNHK『桜を⾒る会“存在しない”⽂書が存在「⼿続きの滞り」官房⻑官』によれば、『保存期間が終了し存在しないと説明してきた平成23年から25年までの会場設営の契約書などに関する⽂書』のようだ。
 しかし、朝日社説には、何の文書か記載がない。想像にお任せして不信感を煽る意図があるのだろう。
 平成23年から25年と言えば、2011年から13年。2011年、12年は民主党政権時代のものであろう。

 

 管理者の意図とは関係なく無数にコピーが可能な時代だ。
 存在があろうがなかろうが、管理者から廃棄指示が出た段階でないもとして扱うべき。

 

 1⽉21⽇付けすぐ消すNHK『「桜を⾒る会」6年分の招待者の詳しい内訳⽰す 内閣府』より、『「桜を⾒る会」をめぐり内閣府は、参議院予算委員会の与野党の筆頭理事に対し平成26年から去年まで6年分の招待者の詳しい内訳を⽰しました。』
 内訳は公表済みだが、個人名を隠しているとか騒ぎ出す予感。

 

 

>任命権者として無責任極まる。

 

 毎度のような主張。
 昨年のリストラでは、辞めるべき人物が辞めなかったのだろう。

 

 

>一連の疑惑の追及の後で、枝野氏は党の「政権ビジョン」を示し、安倍政権の経済政策や社会保障、エネルギー政策などへの対案をぶつけた。

 

2020年1月22日立憲民主党『【衆院本会議】施政方針演説に対する代表質問 枝野代表が安倍政権に代わる政権の選択肢示す』https://cdp-japan.jp/news/20200122_2506
 相変わらず、数値もなく絵に描いた餅。
 言いたいことを言っただけで責任ある政策は見えない。

 

 

>自己責任論や「小さすぎて無責任な政府」から脱却し、分配のあり方を変えようという構想だ。

 

 例によって、一部の言葉だけを切り出す朝日社説。
 『小さすぎて』の規準が不明。
 GDP に対する政府支出は、OECD平均で42%、日本は39%(2017年)(https://data.wingarc.com/small-government-big-government-19663を参考)。
 何%増やせばよいのか?見えない。
 当然、国民負担率も上昇するだろう。枝野氏の代表質問からはその点が見えない。
 

 

 自己責任論?
 立憲民主党が言うと冗談にもならない。
 2019.1.6付け産経『【政界徒然草】立憲民主党、河野会見批判も…身内に甘い会見の過去』https://www.sankei.com/premium/news/190106/prm1901060012-n1.html
 2019年6月10日立憲民主党『「説明責任から逃れ都合のいい事だけを言い選挙に勝とうとする選挙至上主義の安倍政権が、夏の政治決戦の最大の争点」枝野代表』https://cdp-japan.jp/news/20190610_1787
 2019/11/6付け選挙ドットコム『立憲議員、政治活動費で高級うどん?日頃『説明責任を果たせ!』と言うなら自分の説明責任を果たすべき!』https://go2senkyo.com/seijika/168952/posts/98170 (政治活動費で、うどん、かまぼこetc)
 2019.12.17付けzakzak『立憲民主党・####議員、タクシー内“強制わいせつ”容疑で書類送検…説明責任果たせるか』https://www.zakzak.co.jp/soc/news/191217/dom1912170006-n1.html
 この人権問題に、納得できる正面からの説明は未だになし。

 

 

>きのう質問に立った国民民主党の玉木雄一郎代表も、女性や子ども、若者、環境に特化した政策の必要性を訴えた。

 

 それは、党として決まっているのだろうか?和⾷か洋⾷か中華か決められずの過去もあったようだが。
 2020年01月22日杖BLOGOS『“決められない男”玉木雄一郎と“坂道オタク”枝野幸男 お粗末すぎる野党党首会談 - 「週刊文春」編集部』https://blogos.com/article/430991/ より、『⽟⽊⽒の財務官僚時代の話を持ち出し、「忘年会の幹事だったが和⾷か洋⾷か中華か決められず、幹事をおろされた。決められない男だ。⼈間は変わらない」と揶揄。その上で、こう暴露した。「前⽇までは⼤筋合意だったのになあ。⽟⽊は党⾸会談前に合流反対派と話していた。彼は、いつも直前に話を聞いた⼈間の意⾒に左右される」。』

 

 

>あつれきを引きずることなく、結束して政権に対峙(たいじ)し、民主主義を立て直す役割を忘れてはならない。

 

 国民民主党の議員が、『中国も民主主義国家です』とツイートして話題。
https://togetter.com/li/1456795
https://twitter.com/kharaguchi/status/1218017056634761216
 国民民主党としても、丁寧な説明が欲しい。
 『中国も民主主義国家です』では、『民主主義を立て直す』ではなく、破壊の方向だ。

 

 

 2020年01月10日 公開、日経新聞『数字で見るリアル世論 郵送調査2019』では、質問、日本の組織・団体を信頼できる?に対して、信頼できないが国会議員46%、マスコミ46%で同率首位。
 信頼できないメディアの報道が信頼できない国会議員を生んでいるのではないかと思えてならない。
 信頼度の低い報道は、民主主義を日々破壊していることに等しい。 

 

 昨年のロイターとオックスフォード大学の信頼度調査、
https://reutersinstitute.politics.ox.ac.uk/sites/default/files/2019-06/DNR_2019_FINAL_0.pdf?fbclid=IwAR2DF3Qi5t7zlqzF_rXKnnh-qajKHk1RFcnhj7q9enTtCU-TgEZT_TsOpdQ
 全国紙の中で、残念ながら2年連続の最下位の朝日。 

 

※2020年1月26日

 タイトルの曜日の訂正。 

 

 

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 15年以上放置の根拠記事は、2014年8月28日付け朝日新聞『慰安婦問題 核心は変わらず』である。引用『朝日新聞は1982年以降、吉田氏の証言を記事やコラムで取り上げた。証言内容を疑う指摘が92年にあり、朝日新聞は97年に「真偽は確認できない」との記事を掲載し、以降は吉田氏の証言を取り上げていない。今年、改めて済州島などで裏付け取材をし、5日の特集「慰安婦問題を考える」で、「証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」とする記事を掲載した。』。
 少なくとも1997年に「疑問」と認識。2014年に誤報を認めた。

 

 2015年2月27日付け朝日新聞『朝日新聞慰安婦報道、検証の評価公表 識者の過半数「不合格」』によれば、第三者委員会の報告書について、『評価した8人のうち5人が「不合格」とし、「事実調査が不十分」「そもそも第三者委に委ねるべきではなかった」などと指摘』の報道。
 自社記事もあり、朝日としてもお粗末な第三者委員会であった認識もあると言えよう。

 

 その上、誤報に伴う誤解を最後の1人まで解こう。そんな意識にも乏しい(継続した誰もが気づくような広報活動がない、メタタグ問題など)。

 

 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

 

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

 

| | コメント (0)

« 2020年1月20日 (月) | トップページ | 2020年1月24日 (金) »