« 2020年2月12日 (水) | トップページ | 2020年2月14日 (金) »

2020年2月13日 (木)の2件の投稿

2020年2月13日 (木)

2020年2月13日(木)付け小説朝日新聞社説『ノムさん死去 月見草の知的な野球術』を読んでの感想/三流は無視でいいのか?

 2020年2月13日(木)付け小説朝日新聞社説『ノムさん死去 月見草の知的な野球術』を読んでの感想。

 

以下感想。
>薫陶を受けた####さんは、日本を代表する名捕手となった。

 

 他は?育てたのは、1人か?
 そして、その名捕手とやらは何人育てた?
 つながりが見えない朝日社説。

 

>野村さんが人気を集めた理由には言葉の豊かさもあった。

 

 豊かね~。
 2009年05月06日付け商人舎『「三流は無視、二流は称賛、一流は批難」野村克也の人の育て方』http://www.shoninsha.co.jp/blog/2009/05/06/1821/ より、『昨日の朝日新聞スポーツ欄。####という朝日の看板スポーツ記者がコラムを書いている。プロ野球楽天監督の野村克也の語録。「無視と称賛と批難」三流は無視し、二流は称賛し、一流は批難する。こうして人を育てるという。』

 

 出典の朝日記事は未確認だが、『三流は無視し、二流は称賛し、一流は批難』については、次の記事もあり、事実であろう。
2020年2月11日日刊スポーツ『武田勝コーチ「僕は二流」心残りは野村氏からの非難https://www.nikkansports.com/baseball/news/202002110001247.html より、『野村氏には、人を育てるには一流は非難、二流は称賛、三流は無視という哲学があった。』

 

 学校で、三流の層を無視で通るのか?
 企業なら、三流の層を無視では損失ではないか?

 

 野球監督なら、朝日としては『知的』で済むってことか。

 都合が悪いのか?朝日社説には、三流は無視の件の記載はないが。

 

>今や日本代表チームを始め、各球団の監督・コーチに野村さんの指導を受けた世代が名を連ねる。

 

 プロフィールを見ると監督専任で20年?
 ならば、多少なりとも指導を受けた世代も多いだろう。

 三流の層を無視。
 多くの人柱の下に成立となってしまうが、朝日新聞社説傀儡一味としていいのだろうか?

 

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 15年以上放置の根拠記事は、2014年8月28日付け朝日新聞『慰安婦問題 核心は変わらず』である。引用『朝日新聞は1982年以降、吉田氏の証言を記事やコラムで取り上げた。証言内容を疑う指摘が92年にあり、朝日新聞は97年に「真偽は確認できない」との記事を掲載し、以降は吉田氏の証言を取り上げていない。今年、改めて済州島などで裏付け取材をし、5日の特集「慰安婦問題を考える」で、「証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」とする記事を掲載した。』。
 少なくとも1997年に「疑問」と認識。2014年に誤報を認めた。

 

 2015年2月27日付け朝日新聞『朝日新聞慰安婦報道、検証の評価公表 識者の過半数「不合格」』によれば、第三者委員会の報告書について、『評価した8人のうち5人が「不合格」とし、「事実調査が不十分」「そもそも第三者委に委ねるべきではなかった」などと指摘』の報道。
 自社記事もあり、朝日としてもお粗末な第三者委員会であった認識もあると言えよう。

 

 その上、誤報に伴う誤解を最後の1人まで解こう。そんな意識にも乏しい(継続した誰もが気づくような広報活動がない、メタタグ問題など)。

 

 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

 

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

 

| | コメント (0)

2020年2月13日(木)付け小説朝日新聞社説『荒涼たる国会 安倍首相の責任は重い』を読んでの感想。

2020年2月13日(木)付け小説朝日新聞社説『荒涼たる国会 安倍首相の責任は重い』を読んでの感想。

以下感想。
>辻元氏は質問の最後に、「桜を見る会」や森友・加計問題への官僚の対応を取り上げ、「鯛(たい)は頭から腐る。上層部が腐敗すると残りも腐る」などと締めくくった。首相のヤジはその直後に飛び出した。

 2019年2月14日(水)付け朝日新聞社説『桜田五輪相 妄言・迷走も極まれり』では、『白血病と診断されたことを公表した競泳の池江璃花子(りかこ)選手について、桜田義孝五輪相がおととい、NHKの記者らに対し、「がっかりしている」「(五輪の)盛り上がりが若干下火にならないか、心配している」などと感想を述べたという。』と記載。何故か朝日記者不在?あるいは不在のふりをして、部分で都合よく切り取り問題視した。
 実際は、日テレニュース『「⽩⾎病」公表 桜⽥五輪担当相発⾔全⽂』http://www.news24.jp/articles/2019/02/13/04416996.html で、前後関係を見れば実に異常な朝日の主張であることが分かる。
 質問と答えがセットであるべきものを、「答えだけ」を取り上げ問題視していた。
 
 今日は、曲がりなりにも、質問と答えの関係が僅かながら見える。
 

>ヤジを認めた首相は、反論の機会もなく「罵詈雑言(ばりぞうごん)」を浴びたので「こんなやりとりじゃ無意味」「当然そう思う」と悪びれた様子もなかった。

 2020年02月13日 付けblogos『安倍総理の態度が不適切だとしても、野党に審議拒否する権利ってあるんですか問題』https://blogos.com/article/435804/
 審議拒否≒サボりには疑問だ。
 snjpn『安倍総理「辻元氏はずっと、罵詈雑言の連続…」→ 辻本議員「総理は辞任したほうがいい!立法府として問題視すべき」』https://snjpn.net/archives/180346

 2020年02月12日付け時事通『安倍首相、「意味ない質問」とやじ 謝罪・発言撤回は行わず―衆院予算委』https://www.jiji.com/jc/article?k=2020021201223&g=pol より、『「タイは頭から腐る。頭を代えるしかない」。辻元氏は安倍政権の体質などを厳しく追及した約50分間の質疑をこう締めくくった。』。

 2020年2⽉12⽇付けNHK『安倍⾸相 「質問は ばり雑⾔」 辻元⽒「撤回と謝罪を」』https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200212/k10012282361000.html より、『その後再開した質疑で発言の真意を問われたのに対し、安倍総理大臣は「辻元氏はずっと、ばり雑言の連続だった。政策に関わりなく、『頭から腐っている』とずっと言い続けた。私としては、それに反論というか、反応する機会が与えられずに、質問を延々と繰り返された。あまりにも、こんなやり取りでは『無意味じゃないか』ということを申し上げた」と述べました。』

 50分もの間、反応する機会なしに質問を延々と繰り返された状態ならば、異常な質問であろう。
 動画もある。https://twitter.com/mi2_yes/status/1227504193809702913
 この点について、見せない朝日社説。都合が悪いのだろう。


>そもそも、桜を見る会をめぐる一連の疑惑について、首相はこれまで、野党の質問に正面から答えておらず、こじつけやはぐらかしが際立っている。

 何処が正面で、何をはぐらしかしているのか?それを見せない朝日社説。
 読者の想像にお任せで印象操作の手口と解釈。

 証拠もなく、思い込みが多い野合系野党。これでは、正面から答えようがない。
 2⽉12⽇付けNHK『⾸相「私としても謝罪していただきたい」⽴⺠議員の謝罪要求に』より、『安倍総理⼤⾂は前⽇夜のみずからの後援会主催の懇親会について、##⽒が野党側の追及チームの会合で、都内の⾼級すし店のすしが提供されていると述べたとしたうえで、「すし店も⼤変な迷惑だったようだ。まさに流⾔の流布に当たるし、『買収をしている』と犯罪者呼ばわりをしている。私としても謝罪していただきたい」と応じました。』

 
>きのうは、野党議員の質問を根拠がないとウソ呼ばわりした先週の答弁について、

 その答弁の具体的な記載なし。


>~廃棄したとされる招待者名簿などの再調査を拒んでいることに原因がある。

 それが、詭弁そのものであることは、朝日新聞社説傀儡一味も分かっている筈だ。

  
>質問者が首相の答弁を求めているのに他の閣僚を指名するなど~

 何でも構わずアベがー。
 朝日新聞社説傀儡一味は、異常と思わないようだ。


>首相への批判を根拠も示さず「無意味」と決めつけたヤジは、行政監視を担う立法府への冒涜(ぼうとく)でもある。

 そう決めつける朝日新聞社説傀儡一味では、権力監視では無理であろう。

 

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 15年以上放置の根拠記事は、2014年8月28日付け朝日新聞『慰安婦問題 核心は変わらず』である。引用『朝日新聞は1982年以降、吉田氏の証言を記事やコラムで取り上げた。証言内容を疑う指摘が92年にあり、朝日新聞は97年に「真偽は確認できない」との記事を掲載し、以降は吉田氏の証言を取り上げていない。今年、改めて済州島などで裏付け取材をし、5日の特集「慰安婦問題を考える」で、「証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」とする記事を掲載した。』。
 少なくとも1997年に「疑問」と認識。2014年に誤報を認めた。

 2015年2月27日付け朝日新聞『朝日新聞慰安婦報道、検証の評価公表 識者の過半数「不合格」』によれば、第三者委員会の報告書について、『評価した8人のうち5人が「不合格」とし、「事実調査が不十分」「そもそも第三者委に委ねるべきではなかった」などと指摘』の報道。
 自社記事もあり、朝日としてもお粗末な第三者委員会であった認識もあると言えよう。

 その上、誤報に伴う誤解を最後の1人まで解こう。そんな意識にも乏しい(継続した誰もが気づくような広報活動がない、メタタグ問題など)。

 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

| | コメント (0)

« 2020年2月12日 (水) | トップページ | 2020年2月14日 (金) »