« 2020年2月17日 (月) | トップページ | 2020年2月19日 (水) »

2020年2月18日 (火)の2件の投稿

2020年2月18日 (火)

2020年2月18日(火)付け小説朝日新聞社説『大学入試改革 出直し議論、根本から』を読んでの感想。

 2020年2月18日(火)付け小説朝日新聞社説『大学入試改革 出直し議論、根本から』を読んでの感想。

以下感想。
 見出しを見てまたか。お決まりの議論の無限ループ誘導。

>だが、これまでの3回の会議を見ると、その反省をふまえた運営になっているのか、疑問を抱かざるを得ない。

 この主張には疑問を抱かざるを得ない。

 2020/2/8付⽇本経済新聞 朝刊『⼤学⼊試改⾰「結論ありき」 頓挫の検証開始、批判続々』より、2回⽬の会合で、『同省は課題を解決しないまま実施に進んだ経緯を整理して提⽰し、委員からは「⽬標に縛られすぎたのでは」などと批判が相次いだ。』


>文科省は「1年をめどに結論を得たい」と繰り返す。
>そんな理屈だが、説得力があるとはとても思えない。

 1年がダメなら何年ならよいのか不明の朝日。
 故に、何時でもご都合で批判可能な状態を用意する。

 朝日に改革したい思いがあるなら、期限なしの議論はあり得ない。


>期限を切って急がせれば、昨年の二の舞いになりかねない。

 の方向に世論誘導して、議論の無限ループにしたいってこと。


>中でも「話す」については、高校で習得できる環境がないまま一律に試験を課せば、家庭の経済力や住む地域による不公平を助長する。

 英語の「話す」だけではない。
 不公平を問題にするなら、経済力が最大限に影響する。
 「塾」や「家庭教師」の全面禁止だけでは不十分で、全員寮生活にしないと公平性はない。
 全員寮生活しても、教員の差が出る。

 今度ながら朝日の不公平の規準が不明。


>~記述式を課す割合を広げるところには、対象人数に応じて助成金を出すといった漸進的な方法も考えられよう。

 黙って金出せが始まった。


>実施大学はまだ少ないが、これにも海外経験や校外での多様な活動にお金を使える家庭の子が有利になるとの懸念が出ている。

 それが問題なら全員寮生活。


>共通テストだけでなく、全体を俯瞰(ふかん)し、受験生や家庭、教育現場に過度な負担をかけない公正な選抜方法を探るべきだ。

 お気楽な主張。

 不公平は多い。
 年収の格差はある。朝日新聞のように平均年収1000万円超えの企業もある。
 住む地域の格差もある。都市部なら選択肢、過疎地では選択肢なし。
 親による格差もある。ネグレクト系ではどうにもならない。
 学校の教師の格差もある。選べない。

 ところで、朝日の規準は不思議なところが多い。
 政治知新『朝⽇新聞「東⼤卒投資ファンド代表はロスジェネ」⽴⺠「####はロスジェ
ネ」︓朝⽇新聞と⽴⺠が⾔葉の意味を知らない説』https://seijichishin.com/?p=22672
 2名が登場する記事だが、その1人目が、『灘中、灘⾼、東⼤法学部を卒業し、⼤蔵省、ゴールドマン・サックス、コールバーグ・クラビス・ロバーツを経て、英系投資ファンド、ペルミラの⽇本代表の彼を「ロスジェネ」の代表』と紹介。これは驚きだ。
 


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 15年以上放置の根拠記事は、2014年8月28日付け朝日新聞『慰安婦問題 核心は変わらず』である。引用『朝日新聞は1982年以降、吉田氏の証言を記事やコラムで取り上げた。証言内容を疑う指摘が92年にあり、朝日新聞は97年に「真偽は確認できない」との記事を掲載し、以降は吉田氏の証言を取り上げていない。今年、改めて済州島などで裏付け取材をし、5日の特集「慰安婦問題を考える」で、「証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」とする記事を掲載した。』。
 少なくとも1997年に「疑問」と認識。2014年に誤報を認めた。

 2015年2月27日付け朝日新聞『朝日新聞慰安婦報道、検証の評価公表 識者の過半数「不合格」』によれば、第三者委員会の報告書について、『評価した8人のうち5人が「不合格」とし、「事実調査が不十分」「そもそも第三者委に委ねるべきではなかった」などと指摘』の報道。
 自社記事もあり、朝日としてもお粗末な第三者委員会であった認識もあると言えよう。

 その上、誤報に伴う誤解を最後の1人まで解こう。そんな意識にも乏しい(継続した誰もが気づくような広報活動がない、メタタグ問題など)。

 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

| | コメント (0)

2020年2月18日(火)付け小説朝日新聞社説『首相と国会 その言動 胸を張れるか』を読んでの感想

 2020年2月18日(火)付け小説朝日新聞社説『首相と国会 その言動 胸を張れるか』を読んでの感想。

 

以下感想。
 この社説、胸を張れるか?

 

>国会を軽んじ、野党を敵視する姿勢が本当に改まるのか。

 

 『国会を軽んじ』とは、特定野党のことではないのか?
 野党を敵視の前に、アベを見たい、アベの声が聴きたい、アベと同じ空気を吸いたい安倍信者の野合系特定野党。
 気に入らないと、サボりモードに突入。

 

 

>安倍首相の「反省」をうのみにはできない。

 

 その前に、信頼度の低いメディアの主張は、『うのみ』にできない現実。
 
 言論NPOの世論調査、
http://www.genron-npo.net/politics/archives/7292.html
の図を読み取る、
「とても信頼している」では、天皇・皇室が45.1%、首相4.3%、政府2%、国会1.3%、自衛隊19.7%、警察10.5%。
逆に「全く信用していない」では、首相12.1%、政府11.2%、国会10.9%、メディア13.5%。
 ダントツでメディアの信用がない。
 このときのデータの一部は、主張に都合のよいところだけ、2020年1月5日(日)付け朝日新聞社説『民主主義の分岐点 ポスト「安倍政治」を見据え』でも取り上げられている。

 

 

 2020年01月10日 公開、日経新聞『数字で見るリアル世論 郵送調査2019』では、質問、日本の組織・団体を信頼できる?に対して、信頼できないが国会議員46%、マスコミ46%で同率首位。

 

 昨年のロイターとオックスフォード大学の信頼度調査、
https://reutersinstitute.politics.ox.ac.uk/sites/default/files/2019-06/DNR_2019_FINAL_0.pdf?fbclid=IwAR2DF3Qi5t7zlqzF_rXKnnh-qajKHk1RFcnhj7q9enTtCU-TgEZT_TsOpdQ
 全国紙の中で、2年連続の最下位の朝日新聞。 

 

 信頼できないメディアの報道が信頼できない国会議員を生んでいるのではないか。

 

>直後には、「罵詈(ばり)雑言」を浴びたので「当然そう思う」と開き直っていた。

 

 2020年02月12日付け時事通『安倍首相、「意味ない質問」とやじ 謝罪・発言撤回は行わず―衆院予算委』https://www.jiji.com/jc/article?k=2020021201223&g=pol より、『「タイは頭から腐る。頭を代えるしかない」。辻元氏は安倍政権の体質などを厳しく追及した約50分間の質疑をこう締めくくった。』。

 

 約50分間も罵詈雑言だらけでは問題だ。
 朝日新聞社説傀儡一味としては嬉しい、楽しいのだろう。

 

 

>首相のヤジは、これまで何度も問題視されてきた。
 
 アベの声を聞きたい朝日。
 国会では、与野党問わず様々なヤジが飛んでいるが、ヤジしか飛ばせない野合系特定野党の指摘もある。
 
>国会審議にヤジはままあるとはいえ、立法府のチェックを受ける立場の閣僚側が質問者に放つのは筋違いだ。

 

 アベをどうしても特別扱いしたい安倍信者の朝日新聞社説傀儡一味。

 

 

>ところが、過去3回、会場となったANAインターコンチネンタルホテル東京が、辻元氏の書面での問い合わせに対し、

 

 またデマシタ。
 質問と回答はセットであるべきだが、社説には質問内容不明のまま回答だけ書く異状。

 

 一年前を思い出す。
 2019年2月14日(水)付け朝日新聞社説『桜田五輪相 妄言・迷走も極まれり』では、『白血病と診断されたことを公表した競泳の池江璃花子(りかこ)選手について、桜田義孝五輪相がおととい、NHKの記者らに対し、「がっかりしている」「(五輪の)盛り上がりが若干下火にならないか、心配している」などと感想を述べたという。』と記載。何故か朝日記者不在?あるいは不在のふりをして、都合よく切り取り問題視していた。
 実際は、日テレニュース『「⽩⾎病」公表 桜⽥五輪担当相発⾔全⽂』http://www.news24.jp/articles/2019/02/13/04416996.html で、前後関係を見れば実に異常な朝日の主張であることが分かる。
 質問と答えがセットであるべきものを、「答えだけ」を取り上げ問題に格上げ状態なのだ。

 

 このような状態では、信用できない。

 

 

>安倍後援会は特別扱いを受けたということか。

 

 呆れ果てる朝日の主張。
 心が震えるほど感動するので、同じ話しを何度も聞きたいのだろう。

 

 

>自らの言葉の信が問われているというのに、積極的に疑念を晴らさずにどうするのか。

 

 昨日の集中審議の目的は新型コロナ(新型肺炎)にも関わらず、サボりを始める野合系特定野党。その様子は、
https://twitter.com/dappi2019/status/1229293988793876480
の動画で閲覧可能。

 

 そのサボりを問題視するN国の議員、 
 https://twitter.com/maruyamahodaka/status/1229298628549697536

 

 サボりについては、問題にしない朝日新聞社説傀儡一味。
 野合系特定野党を冗長させた朝日新聞などメディアの責任は重い。
 

※午後追記

また今日もサボりの野合系特定野党。

2020.2.18付け産経『野党が衆院予算委審議に復帰https://www.sankei.com/politics/news/200218/plt2002180022-n1.html

午後には復帰したが、『開会も予定より1時間遅れた。 』。

 

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 15年以上放置の根拠記事は、2014年8月28日付け朝日新聞『慰安婦問題 核心は変わらず』である。引用『朝日新聞は1982年以降、吉田氏の証言を記事やコラムで取り上げた。証言内容を疑う指摘が92年にあり、朝日新聞は97年に「真偽は確認できない」との記事を掲載し、以降は吉田氏の証言を取り上げていない。今年、改めて済州島などで裏付け取材をし、5日の特集「慰安婦問題を考える」で、「証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」とする記事を掲載した。』。
 少なくとも1997年に「疑問」と認識。2014年に誤報を認めた。

 

 2015年2月27日付け朝日新聞『朝日新聞慰安婦報道、検証の評価公表 識者の過半数「不合格」』によれば、第三者委員会の報告書について、『評価した8人のうち5人が「不合格」とし、「事実調査が不十分」「そもそも第三者委に委ねるべきではなかった」などと指摘』の報道。
 自社記事もあり、朝日としてもお粗末な第三者委員会であった認識もあると言えよう。

 

 その上、誤報に伴う誤解を最後の1人まで解こう。そんな意識にも乏しい(継続した誰もが気づくような広報活動がない、メタタグ問題など)。

 

 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

 

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

 

| | コメント (0)

« 2020年2月17日 (月) | トップページ | 2020年2月19日 (水) »