« 2020年2月18日 (火) | トップページ | 2020年2月20日 (木) »

2020年2月19日 (水)の2件の投稿

2020年2月19日 (水)

2020年2月19日(水)付け小説朝日新聞社説『検察官の定年 検討の過程 文書で示せ』を読んでの感想。

 2020年2月19日(水)付け小説朝日新聞社説『検察官の定年 検討の過程 文書で示せ』を読んでの感想。

以下感想。
>政府側の答弁は極めてわかりにくく、迷走の末、つじつま合わせに終始していると言わざるを得ない。

 分かり難いと印象付けをしたい。


>では「今般」とはいつか。

 ⺠主党政権時代も定年延長(再雇用)の似た事例の指摘がある。
 https://twitter.com/YoichiTakahashi/status/1227026052649607169


>しかもこの質問に法相は答えようとせず、5回繰り返し聞かれてようやく明らかにした。

 1⽉31⽇付けNHK『定年迎える東京⾼検検事⻑ 異例の勤務延⻑』より、『記者団が「官房⻑官の推薦はあったのか」と質問したのに対し、菅官房⻑官は「法務省からの請議によって閣議決定を⾏ったということだ」と述べました。』。

 未だに『法務省からの請議』が見えにくい朝日社説。


>そして政府のガイドラインは、法律の解釈や閣議に諮った案件の関連文書は30年間保存すると明記している。

 ガイドライン、
https://www8.cao.go.jp/chosei/koubun/hourei/kanri-gl.pdf
 2011年に作成され何度か改正。
 ガイドライン作成以後も原発事故の議事録なしを思い出す。

 ガイドライン、P12
 『また、一般的には職員の個人的な手紙や個人的にツイッターで発信した内容が記録された媒体が、直ちに行政文書に当たるとはいえない。』
 過去には、メモを行政文書に格上げした新聞社を思い出す。

 このガイドライン、94ページもあり、日常的には使えないのが現実であろう。

 
>正確で詳細な記録が法務省に残されていなければおかしいし、法相が「相談した」という内閣法制局や人事院も同様である。

 省側からの提案に基づき、法相が「相談した」のではないか。
 2020.2.10付け産経『森法相、政府の介⼊否定 ⿊川検事⻑の定年延⻑』より、『森雅⼦法相が産経新聞の単独取材に応じ、7⽇に定年だった⿊川弘務東京⾼検検事⻑(63)の勤務を8⽉7⽇まで半年間延⻑したことについて「検察の⼈事にあたり、通常、事務⽅から上がってきた案を尊重している。それに尽きる」と説明した。』
 
 
>このまま放置することは到底許されない。
 
 何時までも、不信感を煽りたいってこと。

 2⽉17⽇付けNHK『衆院予算委 「桜を⾒る会」や検事⻑定年延⻑で論戦』より、『内閣法制局⻑官は「検察官についても、定年延⻑についての趣旨を適⽤するべきと考えたいということであり、それ⾃⾝は今の条⽂からいうと⼗分可能な解釈ということで、私どもも了とした」と述べました。』
 内閣に意見する側が、『了』と判断している。


Have a Nice Day!

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 15年以上放置の根拠記事は、2014年8月28日付け朝日新聞『慰安婦問題 核心は変わらず』である。引用『朝日新聞は1982年以降、吉田氏の証言を記事やコラムで取り上げた。証言内容を疑う指摘が92年にあり、朝日新聞は97年に「真偽は確認できない」との記事を掲載し、以降は吉田氏の証言を取り上げていない。今年、改めて済州島などで裏付け取材をし、5日の特集「慰安婦問題を考える」で、「証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」とする記事を掲載した。』。
 少なくとも1997年に「疑問」と認識。2014年に誤報を認めた。

 2015年2月27日付け朝日新聞『朝日新聞慰安婦報道、検証の評価公表 識者の過半数「不合格」』によれば、第三者委員会の報告書について、『評価した8人のうち5人が「不合格」とし、「事実調査が不十分」「そもそも第三者委に委ねるべきではなかった」などと指摘』の報道。
 自社記事もあり、朝日としてもお粗末な第三者委員会であった認識もあると言えよう。

 その上、誤報に伴う誤解を最後の1人まで解こう。そんな意識にも乏しい(継続した誰もが気づくような広報活動がない、メタタグ問題など)。

 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

| | コメント (0)

2020年2月19日(水)付け小説朝日新聞社説『石炭火力輸出 気候危機の助長やめよ』を読んでの感想

 2020年2月19日(水)付け小説朝日新聞社説『石炭火力輸出 気候危機の助長やめよ』を読んでの感想。

以下感想。
>そんな議論が、にわかに注目されている。

 つまり、煽りたい。


>といっても、日本企業に受注させよという話ではない。

 またもすり替えの朝日に思える。
 その理由は次の2つの記事だ。

2020.1.21付け産経『「出資は日本、建設は中国。おかしい」小泉環境相が海外支援案件に異論』https://www.sankei.com/politics/news/200121/plt2001210032-n1.html
『政府は、海外での石炭火力発電所の導入支援に関して、平成30年7月に閣議決定したエネルギー基本計画で「相手国からわが国の高効率石炭火力発電への要請があった場合」などに限定している。』で、該当しないと言っている。

1⽉21⽇付けNHK『ベトナムの⽯炭⽕⼒発電所 建設⽀援に問題提起 ⼩泉環境相』より、『⼩泉⼤⾂は、海外での⽯炭⽕⼒発電所の建設⽀援については、⽯炭を選ばざるをえない国にかぎ
り、⽇本の⾼効率の発電設備を導⼊するといった、いわゆる4要件があると指摘したうえで、
「これまで、⽇本のプラントメーカーがやることだから公的⽀援を⾏うのだと説明を受けてきたが、この⼀例に限って⾔えば違う。国⺠や国際社会から理解を得られない」と述べ、関係省庁に問題提起し議論していきたいという考えを⽰しました。』

 基本、NHK記事、産経記事一致。

 朝日社説では、ベトナムのブンアン2に対して海外からの要請が見えない。


>安倍政権は「相手国から要請がある」「高効率な設備に限る」など四つの条件を満たした場合、輸出を許容する政策を変えていない。

 小泉氏は、ベトナムのブンアン2に対して、この要件を満たしていないのではないか?と指摘しているが、それが朝日社説では見えない。


>「しかし、高効率といってもCO2排出量が従来より数パーセントほど減るにすぎない」。自然エネルギー財団は今月、そう指摘する報告書をまとめた。

 三菱重工の場合、
https://www.mhi.com/jp/expertise/showcase/column_0011.html
『この仕組みにより、最新鋭の石炭火力発電(超々臨界圧石炭火力発電:USC)より10~15パーセントも高い発電効率を実現しました。ゆえに、USCより少ない燃料で同じ電力量を供給できるためCO2排出量も約10パーセント低減でき、それは石油火力発電での排出量とほぼ同等となります。』
ー>約10パーセント低減。


>いくら高効率でも、新設すれば今後40年にわたり多量のCO2を排出することに変わりはなく、パリ協定がめざす脱炭素化に逆行するのだ。

 残紙、押し紙は気にならない人たちの主張と思えてならない。

 温暖化対策は、工学的な炭素除去もセットである。
 2019.03.22付けナショジオ『地球温暖化、目標達成に残された道はギャンブル 520万通りをシミュレーション、望みは一発逆転の技術、研究』https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/031900171/ より、『IPCCの特別報告書も、世界の気温上昇を1.5℃未満に収めるには、工学的な炭素除去を大規模に行う以外にはないとしている。』


>たとえ日本が撤退しても、中国などの企業が受注するだけでは――。そんな声もある。そうであっても、輸出から率先して撤退し、他国にも同調するよう促すのが、日本のとるべき姿勢ではないか。

 とうとう朝日新聞は、本音の中国様への忖度を明言した。
 『他国にも同調するよう促す』ことをしても、中国などはまともに聞き入れないことは明らか。


>自然エネ財団によると、安倍政権がめざすインフラ輸出30兆円のうち、石炭火力は民間投資を含めても2%に満たない。そのせいで「脱石炭に後ろ向き」と批判されては割に合わない。

 批判があるから、中国様に道を譲れってことか。


>求められるのは、気候危機を助長しない支援である。

 聞こえの良い言葉の裏には、中国様への忖度が見える。


 ところで、設置が進む太陽光パネル。
 後始末まで含めて、本当に温室効果ガス削減に効果があるのか?
 資源エネルギー庁『2040年、太陽光パネルのゴミが大量に出てくる?再エネの廃棄物問題』
 https://www.enecho.meti.go.jp/about/special/johoteikyo/taiyoukouhaiki.html
『太陽光パネルには、パネルの種類によって、鉛、セレン、カドミウムなどの有害物質が含まれており~』
ー>有害物質含有。
 
 2020/2/14 ⽇本経済新聞 電⼦版『迫る太陽電池パネルの廃棄問題 再利⽤の技術確⽴を科学』より、『砕いたガラスのくず(カレット)を再度製品にするため炉で溶かす際、アンチモンの濃度が⾼いと炉の温度計に使われている⽩⾦が腐⾷してしまう。』
ー>つまり、ガラスを再利用するには、通常より高温を求められ、多量なエネルギーを使って溶かす必要があるのだ。


Have a Nice Day!


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 15年以上放置の根拠記事は、2014年8月28日付け朝日新聞『慰安婦問題 核心は変わらず』である。引用『朝日新聞は1982年以降、吉田氏の証言を記事やコラムで取り上げた。証言内容を疑う指摘が92年にあり、朝日新聞は97年に「真偽は確認できない」との記事を掲載し、以降は吉田氏の証言を取り上げていない。今年、改めて済州島などで裏付け取材をし、5日の特集「慰安婦問題を考える」で、「証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」とする記事を掲載した。』。
 少なくとも1997年に「疑問」と認識。2014年に誤報を認めた。

 2015年2月27日付け朝日新聞『朝日新聞慰安婦報道、検証の評価公表 識者の過半数「不合格」』によれば、第三者委員会の報告書について、『評価した8人のうち5人が「不合格」とし、「事実調査が不十分」「そもそも第三者委に委ねるべきではなかった」などと指摘』の報道。
 自社記事もあり、朝日としてもお粗末な第三者委員会であった認識もあると言えよう。

 その上、誤報に伴う誤解を最後の1人まで解こう。そんな意識にも乏しい(継続した誰もが気づくような広報活動がない、メタタグ問題など)。

 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

| | コメント (0)

« 2020年2月18日 (火) | トップページ | 2020年2月20日 (木) »