« 2020年2月19日 (水) | トップページ | 2020年2月21日 (金) »

2020年2月20日 (木)の2件の投稿

2020年2月20日 (木)

2020年2月20日(木)付け小説朝日新聞社説『森友学園問題 忘れるわけにはいかぬ』を読んでの感想/悪魔の証明、魔女裁判状態

 2020年2月20日(木)付け小説朝日新聞社説『森友学園問題 忘れるわけにはいかぬ』を読んでの感想。

 

以下感想。
>行政の公平性がゆがめられたのでは、との疑念はいまも消えていない。
>ともに真相の解明と責任追及を続ける必要がある。

 

 悪魔の証明、魔女裁判状態。
 これが、朝日の考える民主主義なのだろう。

 

 

>大阪地裁できのう、森友学園の前理事長夫妻が国の補助金などをだまし取ったとされる事件の判決があり、有罪が言い渡された。

 

 ご子息と思われる方の発言
 https://twitter.com/YOSHISHIGEKAGO1/status/1229965164666974209
『安倍総理夫妻始め、日本国民の皆さまには改めて今回の一連の騒動でご迷惑をお掛けしました事をお詫び申し上げます。』

 

 

>忘れてならないのは、この裁判では正面から争われなかった多くのことがらである。
 
 正面とは、朝日新聞のご都合で決まる。

 

 

>学園に国有地を売却するにあたり、財務省はなぜ鑑定価格から8億円余、9割近い値引きをしたのか。

 

 
 朝日はなぜ、隣接の野田中央公園を問題視しないのか?
 2018.3.23ZAKZAK『「森友」国有地問題の核心、8億円値引きは大阪航空局提案 小学校予定地と「野田中央公園」の類似性 』https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180323/soc1803230008-n1.htmlより、『売却価格は約14億2000万円だったが、民主党政権時代に計約14億円の国庫補助金などを得て、豊中市の実質負担はたった約2000万円だった。』。

 

 同時並行的に見ないと実態は分からないだろう。
 問題にしないのは民主党政権下の2010年(平成22年)1月に「地下埋設物調査報告書」がまとめられたからなのか?

 

 
>首相側への配慮が背景にあったのでは、との疑いは残ったままだ。

 

 検索逃れの為か?『忖度』の言葉を使わない朝日社説。

 

 配慮とは、何の罪だ。配慮が問題なら、新聞に対する軽減税率の適応は更に問題だ。

 

 

>だが麻生財務相は続投し、国会で「私や妻が関与していれば、首相も国会議員もやめる」と答弁した首相は、その後言い分を変え、うやむやにすることを図った。

 

 その後、選挙を通している。
 明確に関与の証拠もなく、何時までも「怪しい」「怪しい」と騒ぐ行為が、朝日社説傀儡一味の考える民主主義なのか。

 

 

>保存期間を管理簿への記載義務がない「1年未満」に変更し、短期間で廃棄した事実も明らかになった。

 

 2019年11月30日付け朝日新聞社説『桜を見る会 公文書管理 教訓どこへ』より、『首相や与党、各省などからの推薦者をとりまとめる内閣府・内閣官房は、名簿の保存期間を1年未満と定め、会の終了後、直ちに処分しているという。しかし、翌年の招待者を決める参考に保存しておくのが自然である。』と主張していたが、調査不足の主張だったのか?

 

 

>~政治家は誰も責任をとらない。

 

 辞職≒責任ではない。

 

 

>首相も説得力を欠く国会答弁を重ねるばかりで、調査を求める野党の声を頑としてはねつける。

 

 『説得力を欠く』判断はご都合で決まる。

 

 調査を求める為にサボる野合系特定野党を問題視しない朝日新聞社説傀儡一味。
 

 

>森友問題は終わっていないし、終わらせてはならない。

 

 そう主張するなら、朝日新聞は、先ず誤報に伴う誤解を解くべきであろう。
 
 2017年5月9日付け朝日『「安倍晋三小学校」記載の資料? 財務省は黒塗り開示』
 約半年後、
 2017.11.25付け産経『朝⽇が森友学園の設置趣意書を報道 「籠池⽒の証⾔で『安倍晋三⼩学校』」と釈明』https://www.sankei.com/politics/print/171125/plt1711250017-c.html より、『朝⽇新聞は25⽇付朝刊3⾯で、財務省が24⽇に開⽰した学校法⼈「森友学園」(⼤阪市)が開校を⽬指した⼩学校の「設置趣意書」の表題に「開成⼩学校」と書かれていたと伝えた。朝⽇はこれまで、趣意書には「安倍晋三記念⼩学校」の校名が記されていたと報じていた。』 
 今も誤解をしている人が少なくないのではないか?
 少なくとも、最後の1人まで誤解を解こうとする努力が見られない。読者に対して、誤解がないか調査も必要であろう。
 より丁寧な対応が求められる。

 

※2020年2月21日追記

>保存期間を管理簿への記載義務がない「1年未満」に変更し、短期間で廃棄した事実も明らかになった。

 https://twitter.com/mi2_yes/status/1230383437426462720

国会での動画、立憲民主党議員に対する回答。菅義偉官房長官「いつから1年未満ということを遡ったら菅政権の時からだったんです」

 

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 15年以上放置の根拠記事は、2014年8月28日付け朝日新聞『慰安婦問題 核心は変わらず』である。引用『朝日新聞は1982年以降、吉田氏の証言を記事やコラムで取り上げた。証言内容を疑う指摘が92年にあり、朝日新聞は97年に「真偽は確認できない」との記事を掲載し、以降は吉田氏の証言を取り上げていない。今年、改めて済州島などで裏付け取材をし、5日の特集「慰安婦問題を考える」で、「証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」とする記事を掲載した。』。
 少なくとも1997年に「疑問」と認識。2014年に誤報を認めた。

 

 2015年2月27日付け朝日新聞『朝日新聞慰安婦報道、検証の評価公表 識者の過半数「不合格」』によれば、第三者委員会の報告書について、『評価した8人のうち5人が「不合格」とし、「事実調査が不十分」「そもそも第三者委に委ねるべきではなかった」などと指摘』の報道。
 自社記事もあり、朝日としてもお粗末な第三者委員会であった認識もあると言えよう。

 

 その上、誤報に伴う誤解を最後の1人まで解こう。そんな意識にも乏しい(継続した誰もが気づくような広報活動がない、メタタグ問題など)。

 

 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

 

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

 

| | コメント (0)

2020年2月20日(木)付け小説朝日新聞社説『クルーズ船対応 ケアと検証を確実に』を読んでの感想/隠し事が多い

 2020年2月20日(木)付け小説朝日新聞社説『クルーズ船対応 ケアと検証を確実に』を読んでの感想。

 

以下感想。
 旗国主義の説明なしの朝日社説。
 主張に都合が悪いのだろう。

 

 2020/2/18付⽇本経済新聞 朝刊『クルーズ船対応 旗国主義の⽳ 船は英国籍、義務なかった⽇本 感染症防⽌想定せず』より、『政府は17⽇、新型コロナウイルスによる肺炎に集団感染したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」への対応を続けた。英国籍の同船には⽇本の法律や⾏政権を適⽤できない原則があり、対応を複雑にした。』

 

 2020.2.18 付け産経『【新型肺炎】クルーズ船対応にルールなし 船籍国・英政府の動
き⾒えず』より、『政府は3⽇から船内で検疫を開始し、その後、医師の派遣や医療品の配布などの⽀援を続けてきた。こうした対応は国際法上の義務によるものではない。』

 

 
>おととい現場に入った国内の専門家からは、感染防御の対策が取られていなかったという厳しい指摘も出ている。

 

 固有名詞出さず。どのように入ったかも人物かも記さず。都合が悪いのだろう。

 

 現場責任者のツイート、
 https://twitter.com/ga9_h/status/1229946164620869632
『なお昨日、私の預かり知らぬところで、ある医師が検疫中の船内に立ち入られるという事案がありました。』
 https://twitter.com/ga9_h/status/1229946490124025856
『お見掛けした際に私からご挨拶をし、ご用向きを伺ったものの明確なご返事がなく、よって丁寧に船舶からご退去をいただきました。』
 少なくとも責任者の許可を得て入らず。
 更に、その日限りの途中退出であり、一部しか見てないことは明らか。

 

 朝日社説で取り上げていると思われる人の主張。
 2020年02月05日付けBLOGOS「「新型肺炎」日本の対策は大間違い」、は大間違い
https://blogos.com/article/434235/ より、『たしかに、日本もいろいろ間違っている。コロナウイルス感染の指定感染症指定は解除すべきだし、~略~』

 

 
>下船した人たちの心身のケアも欠かせない。

 

 政府は何もしていない、朝日社説傀儡一味の提案と思わせたいのだろう。
 
 2⽉19⽇付けNHK『新型ウイルス クルーズ船 乗客の下船始まる 約500⼈が下船へ』より、加藤厚⽣労働⼤⾂、衆議院予算委員会にて、『懸念もあるので、乗客の皆さんには健康カードを渡して、何か⽣じれば直通で話をいただく。また地域においてフォローアップもしっかりやらせていただく」と述べ、』

 

 

>ウイルスの検査態勢が整わず、対応に一定の制約があったにせよ、無症状で元気な人や、検査で陰性だった人まで船内にとどめる必要があるのか、疑問の声はあった。

 

 無症状な人が感染を広げない保証がない、更に検査漏れもある以上、隔離的な措置は必要であろう。
 そもそも、2⽉3⽇夜に横浜沖に停泊時点では、安全だとするだけの根拠ある情報はなく、その後に積み重なった情報で現在の判断がある。
 朝日新聞の主張は、お得意の後出しジャンケンに思える。

 

 

>また、持病薬の提供を含む日常生活のサポートや、乗客・乗員への情報提供のあり方にも課題を残した。あわせて検証の対象にしてもらいたい。

 

 お気楽に書いている朝日社説。
 クルーズ船には、55の国・地域の乗客と乗員が乗船。
 言葉の壁を除いても、国によって、薬の法律が異なり、全く同じ薬を提供できない現実がある。

 

 

>船には、日本以外にも55の国・地域の乗客と乗員が乗っていた。今回の政府の一連の措置が、こうした国々の信頼を得られているとは言い難い。

 

 『信頼』とはご都合で決まるものだ。
 永遠の反日国と思える国も存在する。

 

 

>米国はチャーター機を派遣して自国民を退避させたが、帰国後、改めて14日間の隔離を実施している。今月5日以降新たな感染は起きていないという、厚労省の見解が受け入れられていない証左だ。

 

 米国の対応。
 帰国前に14日だ。それまで米国に帰れない。

 

 2⽉19⽇付けNHK『新型ウイルス ⽶は下船後2週間は帰国の旅客機へ搭乗認めず』より、『新型コロナウイルスの集団感染が発⽣した「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客や乗員について、アメリカのCDC=疾病対策センターは、健康観察期間が終わって下船が認められても、その後14⽇間にわたり、症状が出ないことなどが確認されるまで、アメリカに向かう旅客機への搭乗を認めないと発表しました。』
 
 『証左』?
 現段階では、どの国も100%はない。80%もないだろう。

 

 100%を求めるなら、全ての国と地域の人に対して、日本に入国、更に出国時に、2週間の隔離で経過観察するように求めるべきではないか?
 それでも漏れがあるかもしれない。

 

 

>世界保健機関(WHO)は「根拠に基づかないリスク評価だ」と批判している。
 
 『根拠に基づかないリスク評価だ』の100%の証拠はない。
  
 WHOの見解も怪しい現実。  
2020/1/28付⽇本経済新聞 ⼣刊『WHO、新型肺炎「⾼リスク」に訂正』より、『判断の変更ではなく、事務的な誤りだという。』
1/28付けヤフー(AFP)『新型ウイルス、世界リスクを誤評価 WHO「⾼」に訂正』より、『WHOは26⽇夜に公表した⽇報で、ウイルスのリスクについて「中国では⾮常に⾼い、周辺地域では⾼い、世界的にも⾼い」とした上で、23、24、25⽇の⽇報では世界的なリスクを誤って「中程度」と表記していたと説明した。』

 

 2020/2/19付⽇本経済新聞 ⼣刊『中国⼈⼊国 ロシア禁⽌』より、既に国境の検問所を閉鎖しているが、『労働や観光、就学などの⽬的での中国⼈の⼊国を当⾯禁⽌する。空港を経由した第三国への乗り継ぎは認める。』

 

 2020/2/13付⽇本経済新聞 朝刊『中国から⼊国、128カ国が制限』より、『新型コロナウイルスによる肺炎のまん延を理由に、中国滞在者の⼊国を拒んだり、中国⼈向けのビザの発給を停⽌したりして制限を課す国が増えている。11⽇時点で128カ国が何らかの制限を課している。』

 

 WHOの見解が受け入れられていない証左と言えよう。
 
 
 2020/2/18付⽇本経済新聞 ⼣刊『WHO「中国外の市中感染⾒えず」 新型肺炎で認識』より、『テドロス事務局⻑は会⾒で、中国が17⽇に4万4千⼈以上の感染者のデータを公表したと説明した。このうち80%以上は軽症で、約14%が肺炎などの疾病を引き起こし、約5%が呼吸困難や多臓器不全で重体になっているとした。致死率は2%程度で、「重症急性呼吸器症候群
(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)ほど致命的ではない」と話した。』
 
 中国発表のデータに基づくWHOの見解。
 100万人が感染すれば、2万人が死ぬのだ。医療のレベルが10倍高くとも2000人。
  

※午後追記

 社説で取り上げた「専門家」。固有名詞がないので誰だか分からない。

 その人物と思われる人のツイート、

https://twitter.com/georgebest1969/status/1149642594416152576

https://twitter.com/georgebest1969/status/1149642595913482243

これらのリンクは、アノニマスポストさん、https://anonymous-post.mobi/archives/20140

人となりの好きなメディアの方々は、ぜひ、これらのツイートを合わせて報道して欲しいものだ。

2020年2月20日付け日経新聞夕刊『感染管理を告発の岩田医師、動画を削除 「迷惑かけた」』

早くも自主削除。弾圧だーと叫ぶ声が聞こえそうだ。

 

2/19(水)付けヤフー(FNN) 『無症状が一転 肺炎の疑い 下船者受け入れの病院で感染確認https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200219-00010000-houdoukvq-soci

今日の朝日社説『ウイルスの検査態勢が整わず、対応に一定の制約があったにせよ、無症状で元気な人や、検査で陰性だった人まで船内にとどめる必要があるのか、疑問の声はあった。』と記載。まだ、新型肺炎の全体像が見えない段階で、余りに安易に印象操作。

 

 

 

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 15年以上放置の根拠記事は、2014年8月28日付け朝日新聞『慰安婦問題 核心は変わらず』である。引用『朝日新聞は1982年以降、吉田氏の証言を記事やコラムで取り上げた。証言内容を疑う指摘が92年にあり、朝日新聞は97年に「真偽は確認できない」との記事を掲載し、以降は吉田氏の証言を取り上げていない。今年、改めて済州島などで裏付け取材をし、5日の特集「慰安婦問題を考える」で、「証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」とする記事を掲載した。』。
 少なくとも1997年に「疑問」と認識。2014年に誤報を認めた。

 

 2015年2月27日付け朝日新聞『朝日新聞慰安婦報道、検証の評価公表 識者の過半数「不合格」』によれば、第三者委員会の報告書について、『評価した8人のうち5人が「不合格」とし、「事実調査が不十分」「そもそも第三者委に委ねるべきではなかった」などと指摘』の報道。
 自社記事もあり、朝日としてもお粗末な第三者委員会であった認識もあると言えよう。

 

 その上、誤報に伴う誤解を最後の1人まで解こう。そんな意識にも乏しい(継続した誰もが気づくような広報活動がない、メタタグ問題など)。

 

 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

 

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

 

| | コメント (0)

« 2020年2月19日 (水) | トップページ | 2020年2月21日 (金) »