« 2020年3月27日 (金) | トップページ | 2020年3月29日 (日) »

2020年3月28日 (土)の2件の投稿

2020年3月28日 (土)

2020年3月28日(土)付け小説朝日新聞社説『高松塚壁画 教訓忘れず宝を未来へ』を読んでの感想。

2020年3月28日(土)付け小説朝日新聞社説『高松塚壁画 教訓忘れず宝を未来へ』を読んでの感想。

以下感想。
>~情報公開に後ろ向きだったことが「人災」を招いた苦い教訓を忘れず、

 それは、直接原因ではないだろう。すり替えに思える。

 1300年以上非公開で保存されていた。発見と言う公開で劣化が始まった。
 早い段階で厄介なカビを発生させてしまった。
 情報を公開したところで、カビは抑えられない。

 2007/06/01付けimidas『高松塚古墳が解体された!』https://imidas.jp/jijikaitai/l-40-005-07-06-g155 『その原因として、石室内の強制空調機能がなく、外気の環境変化に応じて石室内にカビなどが発生しやすい条件が生まれたこと、また防護服を着ないで作業するなどの、人為的な原因でカビが持ち込まれたことなどがあげられている。』
 1972年壁画発見、74年国宝、78年から81年、修復作業中にカビが発生。

 文化庁の
 https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/kondankaito/takamatsu_kitora/rekkachosa/12/pdf/shiryo_2.pdf では、何と昭和50年(75年)『カビが壁画面上に出現』の記載がある。


>しかし、カビ対策の不足や度重なる人の出入り、監視体制の不備が逆に壁画の損傷を広げた。

 カビの発見が何時なのか?朝日社説には記載がない。


>作業は文化庁と限られた関係者で進められ、作業員が不注意から壁画を傷つけたことも公表されなかった。

 不用意に多数が入ればカビは、加速する可能性がある。
 更に誰が損傷させたのか?も不明になる。

 鳥インフルエンザ、口蹄疫、豚コレラ、一部メディアが汚染地域へ車で入り込み取材。その車で非汚染地域を取材する。これが拡散の原因の指摘が一部にある。最近では新型肺炎で無頓着な取材が散見される。
 しかし、彼らが拡散の原因であると証明できない。


>キトラでは高松塚での反省を踏まえ、壁画を石室からはぎとって保存処理。

 もはや、本来の姿ではない。


>1300年もの間、保たれていたのに、国が管理し始めてからの30年余で大きく傷つけてしまった。

 ならば、発見が最大原因となる。
 しかし、意図的に傷を付けたわけではない。

 一方、取材によって意図的に傷をつけた事例がある。
 ギネス世界記録にも掲載されたことがある珊瑚に対し、意図的に傷をつけ『百年単位で育ってきたものを、瞬時に傷つけて恥じない、』などと報道。
 朝日新聞珊瑚記事捏造事件のことだ。(https://bit.ly/2UqXpTo)。
 第三者委で調査し、上司や社長の指示があったのか?なかったのか?明確にして欲しい。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 15年以上放置の根拠記事は、2014年8月28日付け朝日新聞『慰安婦問題 核心は変わらず』である。引用『朝日新聞は1982年以降、吉田氏の証言を記事やコラムで取り上げた。証言内容を疑う指摘が92年にあり、朝日新聞は97年に「真偽は確認できない」との記事を掲載し、以降は吉田氏の証言を取り上げていない。今年、改めて済州島などで裏付け取材をし、5日の特集「慰安婦問題を考える」で、「証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」とする記事を掲載した。』。
 少なくとも1997年に「疑問」と認識。2014年に誤報を認めた。

 2015年2月27日付け朝日新聞『朝日新聞慰安婦報道、検証の評価公表 識者の過半数「不合格」』によれば、第三者委員会の報告書について、『評価した8人のうち5人が「不合格」とし、「事実調査が不十分」「そもそも第三者委に委ねるべきではなかった」などと指摘』の報道。
 自社記事もあり、朝日としてもお粗末な第三者委員会であった認識もあると言えよう。

 その上、誤報に伴う誤解を最後の1人まで解こう。そんな意識にも乏しい(継続した誰もが気づくような広報活動がない、メタタグ問題など)。

 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

| | コメント (0)

 2020年3月28日(土)付け小説朝日新聞社説『「森友」再調査 政府の信任にかかわる』を読んでの感想/信任していない人たちの主張

 2020年3月28日(土)付け小説朝日新聞社説『「森友」再調査 政府の信任にかかわる』を読んでの感想。

以下感想。
 先ずは、朝日新聞が慰安婦報道についての第三者委員会での調査を再度実施することだ。
 評価した8人のうち5人が「不合格」(Fランク)のままでの主張は、信頼は下がるばかりだ。
第三者委員会等の調査報告書格付け委員会、http://www.rating-tpcr.net/wp-content/uploads/fccfdeac65688725d484784e82ca152d4.pdf

 さて、頭から1/3は新年度予算成立と新型肺炎絡みで、突如ふる展開。


>~政府に対する国民の信任がなければ、幅広い理解と納得は得られまい。
>その意味で見過ごせないのが、森友問題に対する再調査をかたくなに拒み続ける首相や麻生財務相の姿勢だ。

 元々、朝日新聞は政府に対して「信任がない」と言わんばかりの主張を継続していた。
 にも関わらず、森友問題に対する再調査の理由に上げることは滑稽である。

 再調査を必要とするなら、実施すべきはメディア自身であろう。
 2018.12.19付け産経『NHK、元記者の書籍に「主要部分に虚偽の記述」』
https://www.sankei.com/entertainments/news/181219/ent1812190009-n1.html
より、『NHK大阪放送局の司法キャップだった##氏は今年8月にNHKを退職。書籍によると、退職理由は森友学園に関する自らのスクープが報道局長の意向でトーンダウンして放送され、考査部への異動を命じられたからだとしている。』
 ジャーナリストとは、主張の為なら虚偽もあるヒトたちの印象が濃くなるばかり。


>財務省の公文書改ざんに加担させられ、自ら命を絶った近畿財務局の####さんの手記が公表されて1週間。

 国会議員によるパワハラがあった可能性を否定できない。
 2020.03.22付けKSL『近畿財務局職員自殺の2日前→AAAA、BBBBらが近畿財務局を突撃していた!前日→CCCC、DDDDが財務省に押しかけ詰問』https://ksl-live.com/blog30755
 

>「真実を知りたい」という遺族の切実な訴えに向き合おうという誠意は感じられない。

 籠池氏の長男のツイート、
https://twitter.com/YOSHISHIGEKAGO1/status/1240820233964666880
『財務省の職員の痛ましい出来事は執拗な特定野党メディアの追及によるもの。』
の証言もある。

 選挙応援の為のか?
 2020.3.27付け産経『籠池氏をN国党が擁立方針 衆院静岡4区補選 森友学園元理事長』
https://www.sankei.com/politics/news/200327/plt2003270022-n1.html
 

>真相に迫るには、独立した第三者による調査が不可欠である。

 「第三者委」ではなく、『第三者』だ。
 「第三者委」でFランクの朝日の表現。


>この問題の核心でありながら、財務省が調査もしなかった国有地の大幅値引きの経緯を含め、ここは与野党が一致して全容解明に乗り出す時だ。

 朝日はなぜ、隣接の野田中央公園を問題視しないのか?
 2018.3.23ZAKZAK『「森友」国有地問題の核心、8億円値引きは大阪航空局提案 小学校予定地と「野田中央公園」の類似性 』https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180323/soc1803230008-n1.htmlより、『売却価格は約14億2000万円だったが、民主党政権時代に計約14億円の国庫補助金などを得て、豊中市の実質負担はたった約2000万円だった。』。

 公文書改ざん問題は、既に裁判を経ている。
 同じ問題を何度も蒸し返す行為は、悪魔の証明+魔女裁判。
 民主主義の否定である。 

 月刊ベルダ『朝日新聞の詐欺的国有地取得』http://www.bestbookweb.com/verdad/article.php?id=20170503 より、『なかでも朝日への払い下げは「異様」で、新聞社としては大き過ぎる面積だ。同業4社(平均)の4倍の広大な面積を取得するための工夫なのか、複雑な「土地交換」を絡ませた取引がおこなわれた。』
 複雑な「土地交換」か。疑問フラグが立つ。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 15年以上放置の根拠記事は、2014年8月28日付け朝日新聞『慰安婦問題 核心は変わらず』である。引用『朝日新聞は1982年以降、吉田氏の証言を記事やコラムで取り上げた。証言内容を疑う指摘が92年にあり、朝日新聞は97年に「真偽は確認できない」との記事を掲載し、以降は吉田氏の証言を取り上げていない。今年、改めて済州島などで裏付け取材をし、5日の特集「慰安婦問題を考える」で、「証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」とする記事を掲載した。』。
 少なくとも1997年に「疑問」と認識。2014年に誤報を認めた。

 2015年2月27日付け朝日新聞『朝日新聞慰安婦報道、検証の評価公表 識者の過半数「不合格」』によれば、第三者委員会の報告書について、『評価した8人のうち5人が「不合格」とし、「事実調査が不十分」「そもそも第三者委に委ねるべきではなかった」などと指摘』の報道。
 自社記事もあり、朝日としてもお粗末な第三者委員会であった認識もあると言えよう。

 その上、誤報に伴う誤解を最後の1人まで解こう。そんな意識にも乏しい(継続した誰もが気づくような広報活動がない、メタタグ問題など)。

 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

| | コメント (0)

« 2020年3月27日 (金) | トップページ | 2020年3月29日 (日) »