« 2020年3月26日(木)付け小説朝日新聞社説『五輪1年延期 コロナ収束が大前提だ』を読んでの感想/『終息』が『収束』に変わった朝日 | トップページ | 2020年3月27日(金)付け小説朝日新聞社説『感染者急増 医療崩壊を防ぐために』を読んでの感想。 »

2020年3月26日 (木)

 2020年3月26日(木)付け小説朝日新聞社説『NHK経営委 現体制では原則守れぬ』を読んでの感想/解体が一番

 2020年3月26日(木)付け小説朝日新聞社説『NHK経営委 現体制では原則守れぬ』を読んでの感想。

 

以下感想。
>2018年秋に開かれた会合の資料を、経営委が公表した。

 

 2020年3月24日付けNHK経営委員会『郵政3社からの申し入れに関する経営委員会での対応の経緯について』https://www.nhk.or.jp/keiei-iinkai/new/keiei200324.html より、『2018年10月の郵政3社からの申し入れに関する経営委員会での対応について、経営委員会の説明責任の観点から、一連の対応の経緯についてご説明いたします。』
 朝日新聞の大好きな第三者委ではない。

 

 

>放送法は、番組作りについて「何人からも干渉され、又(また)は規律されることがない」と定め、経営委員が個別の番組編集について、その規定に抵触することを禁じている。
>報道に不満をもつ取材対象から申し入れを受け、番組作りに苦言を呈した行為をどう正当化できるのか。

 

 法律は、意見を言うな、黙って認めよではない。

 

 放送法https://bit.ly/2UlEvgG
『第四条 放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。
一 公安及び善良な風俗を害しないこと。
二 政治的に公平であること。
三 報道は事実をまげないですること。
四 意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。』

 

 これらに疑問があれば、誰もが意見を出すべきであろう。
 「事実を曲げない」、「両論」、「政治的な公正」などが前提である。
 放送法なので、新聞は対象ではない。

 

 

>問題が発覚してから半年あまり、経営委の説明は変転してきた。

 

 何故か、第三者委を求めない朝日。
 都合が悪いのか?

 

 

>外部からの一切の圧力に抗し、自主自律の原則を守る決意がなければ、NHKは存立の基盤を失う。

 

 そんな疑いをもたれない為の「解」は2つ。

 

解その1
 民間事業への圧迫を続ける肥大化したNHKを極限まで解体することだ。
 極限とは、公職選挙法に基づく政見放送のみだ。他の放送は一切なしか全てをコンテンツ単位のペイパービューとする。
 ラジオは、民間へ譲渡。
 研究所、コンテンツ販売部門などを切る。

 

解その2
 公共放送を止める=受信料金を取らない。
 英国BBCでもそんな動きもある。

 

※2020年3月27日

 タイトルの日付の訂正

 

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 15年以上放置の根拠記事は、2014年8月28日付け朝日新聞『慰安婦問題 核心は変わらず』である。引用『朝日新聞は1982年以降、吉田氏の証言を記事やコラムで取り上げた。証言内容を疑う指摘が92年にあり、朝日新聞は97年に「真偽は確認できない」との記事を掲載し、以降は吉田氏の証言を取り上げていない。今年、改めて済州島などで裏付け取材をし、5日の特集「慰安婦問題を考える」で、「証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」とする記事を掲載した。』。
 少なくとも1997年に「疑問」と認識。2014年に誤報を認めた。

 

 2015年2月27日付け朝日新聞『朝日新聞慰安婦報道、検証の評価公表 識者の過半数「不合格」』によれば、第三者委員会の報告書について、『評価した8人のうち5人が「不合格」とし、「事実調査が不十分」「そもそも第三者委に委ねるべきではなかった」などと指摘』の報道。
 自社記事もあり、朝日としてもお粗末な第三者委員会であった認識もあると言えよう。

 

 その上、誤報に伴う誤解を最後の1人まで解こう。そんな意識にも乏しい(継続した誰もが気づくような広報活動がない、メタタグ問題など)。

 

 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

 

 

 

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

 

|

« 2020年3月26日(木)付け小説朝日新聞社説『五輪1年延期 コロナ収束が大前提だ』を読んでの感想/『終息』が『収束』に変わった朝日 | トップページ | 2020年3月27日(金)付け小説朝日新聞社説『感染者急増 医療崩壊を防ぐために』を読んでの感想。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年3月26日(木)付け小説朝日新聞社説『五輪1年延期 コロナ収束が大前提だ』を読んでの感想/『終息』が『収束』に変わった朝日 | トップページ | 2020年3月27日(金)付け小説朝日新聞社説『感染者急増 医療崩壊を防ぐために』を読んでの感想。 »