« 2020年3月12日(木)付け小説朝日新聞社説『新型コロナ対策 くらしの不安に応えよ』を読んでの感想/相変わらず数値的な条件不明の朝日社説 | トップページ | 2020年3月13日(金)付け小説朝日新聞社説『東日本大震災9年 災害法制の早急な見直しを』を読んでの感想 »

2020年3月12日 (木)

2020年3月12日(木)付け小説朝日新聞社説『特措法改正 懸念の解消なお遠い』を読んでの感想

 2020年3月12日(木)付け小説朝日新聞社説『特措法改正 懸念の解消なお遠い』を読んでの感想。

以下感想。
 共産党以外賛成。その点の記載なし。
 共産党≒朝日状態か。

>法の適用対象に新型コロナウイルスを加えるための見直しだが、今回の事態を受けて浮上した現行法の不備もあわせて正し、遺漏の無いようにしようという正論は、「今は緊急を要する」との声に抑え込まれてしまった。遺憾と言うほかない。

 つまり、議論を長引かせ機を逸する状態を作り上げ、倒閣活動につなげられないってことか。
 細かな不備は後でも修正可能だ。


>市民の権利を制限し、社会全体に閉塞(へいそく)感をもたらす重大な措置だ。

 しかし、一部の一時的な権利と、閉塞感と言う感情で、感染拡大への対応を遅らせ、重篤者を出したり、死体が転がるようでは問題だ。


>特措法に基づく現行政令は、この基準を「重篤症例の発生頻度が通常のインフルエンザに比べて相当程度高い場合」と定めるだけで、解釈の幅が広い。

 朝日としては、具体的にはどの程度狭めればよいのか?
 その点が見えない。

 狭くて、都度、国会で議論して、緊急事態の宣言が遅れれば機を逸する状態となり意味のない法律となる。


>重症化率や致死性、地域での流行の具合、医療機関の切迫状況など、数値化できるものは極力そうして客観性・透明性を保つことが、社会不安を抑えることにもつながる。

 極力数値を出さない(基準を示さない)朝日社説。
 数値を出さないのは、社会不安を煽る為だったと解釈する。


>安倍首相を始めとする政権幹部らが「法の支配」への理解を著しく欠く行いを重ねてきたからだ。

 またも読者の想像にお任せの逃げ表現。
 どの法律のどの部分がその対象なのか?具体的な記載はない。
 それほど曖昧な主張ってことだ。


>新型コロナウイルスへの対応をめぐっても、専門家の意見を聴かず、唐突にイベントの自粛や全国一斉休校を打ち出した。

 全国一斉休校、
 『専門家会議』だけで、事は進んでいない。
 令和2年2月 25 日(火)付け官邸『新型コロナウイルス感染症対策本部(第 13 回)』
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/th_siryou/sidai_r020225.pdf
P6より(3)感染拡大防止策 イ)今後として、『学校等における感染対策の方針の提示及び学校等の臨時休業等の適切な実施に関して都道府県等から設置者等に要請する。』

 『医師会』と言う、専門家の意見、
 02⽉27⽇付けNHK『医師会 臨時休校など⾸相に要望』(削除されている)『⽇本医師会の##会⻑は、27⽇⼣⽅、総理⼤⾂官邸を訪れて安倍総理⼤⾂と⾯会し、新型コロナウイルスの感染拡⼤の防⽌に向けた要望書を⼿渡しました。』、『要望書では、地域の感染状況などに応じて学校の臨時休校や春休みの前倒しを実施することや、』

 『医師会』と言う、専門家の意見、朝日も。
 2020年2月27日付け朝日『首相、全国の小中高校に3月2日からの臨時休校を要請』より、『日本医師会の横倉義武会長は27日、首相に、集団感染の連鎖拡大を抑えるために3月を防止強化月間に位置づけ、学校の春休みの前倒しなどを国が地方に勧めるよう要望していた。』

 令和2年2月27日付け日本医師会『新型コロナウイルス対策に関する要望書』
https://www.med.or.jp/nichiionline/article/009163.html
http://dl.med.or.jp/dl-med/kansen/novel_corona/20200227youbou.pdf

 全国一斉休校は、要望書を受け取った後だ。この点は、当日の首相動静で分かる。

 朝日社説が隠す理由は何なのか。

 
>だが首相は詳しく説明することをせず、

 『詳しく』とは朝日のご都合で決まる。

 一斉休校後の会見、
 令和2年2月29日付け官邸『安倍内閣総理大臣記者会見』https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/statement/2020/0229kaiken.html


>これをリップサービスに終わらせてはならない。
 
 どう説明しても、ご都合批判しかしない人たちも存在する。
 批判を恐れて判断が遅れれば本末転倒。その上、判断が遅れれば、またもご都合批判。

 一例、
 朝日グループの看板、報ステのコメンテーター。2/25には、一斉休校、イベント中止。3/3には、一斉休校を強硬措置と批判していたらしい。ご都合主義はグループの統一裏綱領か。https://twitter.com/kazue_fgeewara/status/1234851881580625922
 このコメンテーター、ジャパンライフ会長の関係も指摘されている人物。この問題で、丁寧な説明の模範を見せて欲しいものだがなし。

 所詮はこんな人たちの集まり。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 15年以上放置の根拠記事は、2014年8月28日付け朝日新聞『慰安婦問題 核心は変わらず』である。引用『朝日新聞は1982年以降、吉田氏の証言を記事やコラムで取り上げた。証言内容を疑う指摘が92年にあり、朝日新聞は97年に「真偽は確認できない」との記事を掲載し、以降は吉田氏の証言を取り上げていない。今年、改めて済州島などで裏付け取材をし、5日の特集「慰安婦問題を考える」で、「証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」とする記事を掲載した。』。
 少なくとも1997年に「疑問」と認識。2014年に誤報を認めた。

 2015年2月27日付け朝日新聞『朝日新聞慰安婦報道、検証の評価公表 識者の過半数「不合格」』によれば、第三者委員会の報告書について、『評価した8人のうち5人が「不合格」とし、「事実調査が不十分」「そもそも第三者委に委ねるべきではなかった」などと指摘』の報道。
 自社記事もあり、朝日としてもお粗末な第三者委員会であった認識もあると言えよう。

 その上、誤報に伴う誤解を最後の1人まで解こう。そんな意識にも乏しい(継続した誰もが気づくような広報活動がない、メタタグ問題など)。

 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

|

« 2020年3月12日(木)付け小説朝日新聞社説『新型コロナ対策 くらしの不安に応えよ』を読んでの感想/相変わらず数値的な条件不明の朝日社説 | トップページ | 2020年3月13日(金)付け小説朝日新聞社説『東日本大震災9年 災害法制の早急な見直しを』を読んでの感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年3月12日(木)付け小説朝日新聞社説『新型コロナ対策 くらしの不安に応えよ』を読んでの感想/相変わらず数値的な条件不明の朝日社説 | トップページ | 2020年3月13日(金)付け小説朝日新聞社説『東日本大震災9年 災害法制の早急な見直しを』を読んでの感想 »