« 2020年3月27日(金)付け小説朝日新聞社説『感染者急増 医療崩壊を防ぐために』を読んでの感想。 | トップページ |  2020年3月28日(土)付け小説朝日新聞社説『「森友」再調査 政府の信任にかかわる』を読んでの感想/信任していない人たちの主張 »

2020年3月27日 (金)

2020年3月27日(金)付け小説朝日新聞社説『中学の教科書 消化不良避ける工夫を』を読んでの感想/『教科書検定 押しつけは時代遅れだ』へ何処へ行ったのか

 2020年3月27日(金)付け小説朝日新聞社説『中学の教科書 消化不良避ける工夫を』を読んでの感想。

以下感想。
>~ページ数は現行本より平均で約8%、9年前の前々回検定と比べると20%も増えた。

 文字を大きくした結果、説明不足、分かり難い状態の新聞より遥かによい。


>深い学びをめざす方向性に異論はない。

 デマシタ。
 総論賛成、各論反対で、全体を潰したいってことであろう。


>だが近年の英語の大学入試改革をめぐる論議では、専門家から「話せるようになるためにも文法の土台が大切」との指摘が相次いだ。

 ネイティブは、文法から入らない。
 硬直した過去の進め方に固執するような専門家の存在を見直した方がよいだろう。

 自動翻訳の技術も進んでいる。DeepLなどグーグル訳以上の評価もある。
 今後必要とされることは、会話であろう。 


>誰もがついていける無理のないものになっているか。

 朝日としては、下に合わせて、全体のレベルを下げたいってことか。

 ところで、中学の歴史の教科書には疑問の声が上がっている。
 歴史の教科書好きな朝日社説が、何故か今日はその主張がない。

 2020.3.24付け産経『「従軍慰安婦」「南京事件」自虐記述は適切か 皇室表現に疑問も』
https://www.sankei.com/life/news/200324/lif2003240041-n1.html より、『24日に検定結果が公表された中学校の教科書(令和3年度から使用)で、社会科では「従軍慰安婦」の呼称が復活したほか、「南京事件」などについて自国の近現代史をことさら悪く描く記述が一部でみられた。天皇の役割についても「国民全体でコントロールする」と、一般的な国民感情とはそぐわない記述もあったが、いずれも検定意見はつかなかった。』

 更に今回、検定1発排除の教科書問題もあった。
2020/3/25付⽇本経済新聞 朝刊『中学校の教科書「深い学び」重視 106点検定合格、ページ7.6%増 図表充実、考察促す内容』より、『⼀⽅、「新しい歴史教科書をつくる会」のメンバーらが執筆した⾃由社の歴史教科書は、検定意⾒が⼀定数以上付くと年度内の再申請を認めない「1発アウト」の新ルールが初適⽤さ
れ、不合格となった。同会は「結論ありきの不正な検定」として⽂科省に抗議した。』
 
 この件も朝日社説に記載なし。
 
 2016年3月19日付け朝日新聞社説『教科書検定 押しつけは時代遅れだ』より、『教科書の一言一句に目くじらを立てる検定は、もはや時代遅れではないか。幅広い教材を認め、教師の指導の裁量を広げ、子どもが多角的に考える機会を増やす。検定も、その方向に踏み出してもらいたい。』と主張していた。
 ならば、「新しい歴史教科書をつくる会」の教科書が「1発アウト」になったことは問題視するべきであろう。
 しかし、そのような主張のない今日の朝日社説。
 ご都合による二重基準がまた明らかになった。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 15年以上放置の根拠記事は、2014年8月28日付け朝日新聞『慰安婦問題 核心は変わらず』である。引用『朝日新聞は1982年以降、吉田氏の証言を記事やコラムで取り上げた。証言内容を疑う指摘が92年にあり、朝日新聞は97年に「真偽は確認できない」との記事を掲載し、以降は吉田氏の証言を取り上げていない。今年、改めて済州島などで裏付け取材をし、5日の特集「慰安婦問題を考える」で、「証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」とする記事を掲載した。』。
 少なくとも1997年に「疑問」と認識。2014年に誤報を認めた。

 2015年2月27日付け朝日新聞『朝日新聞慰安婦報道、検証の評価公表 識者の過半数「不合格」』によれば、第三者委員会の報告書について、『評価した8人のうち5人が「不合格」とし、「事実調査が不十分」「そもそも第三者委に委ねるべきではなかった」などと指摘』の報道。
 自社記事もあり、朝日としてもお粗末な第三者委員会であった認識もあると言えよう。

 その上、誤報に伴う誤解を最後の1人まで解こう。そんな意識にも乏しい(継続した誰もが気づくような広報活動がない、メタタグ問題など)。

 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。

|

« 2020年3月27日(金)付け小説朝日新聞社説『感染者急増 医療崩壊を防ぐために』を読んでの感想。 | トップページ |  2020年3月28日(土)付け小説朝日新聞社説『「森友」再調査 政府の信任にかかわる』を読んでの感想/信任していない人たちの主張 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年3月27日(金)付け小説朝日新聞社説『感染者急増 医療崩壊を防ぐために』を読んでの感想。 | トップページ |  2020年3月28日(土)付け小説朝日新聞社説『「森友」再調査 政府の信任にかかわる』を読んでの感想/信任していない人たちの主張 »