« 2020年4月7日(火)付け小説朝日新聞社説『NPT50年 核軍縮の立て直しを』を読んでの感想。 | トップページ | 2020年4月9日(木)付け小説朝日新聞社説『緊急経済対策 不安解消にはほど遠い』を読んでの感想/自らの基準を示さず後出しジャンケンで批判が可能な体制を確保の朝日 »

2020年4月 8日 (水)

2020年4月8日(水)付け小説朝日新聞社説『首相が緊急事態宣言 危機乗り越える重責自,覚を』を読んでの感想

 2020年4月8日(水)付け小説朝日新聞社説『首相が緊急事態宣言 危機乗り越える重責自
覚を』を読んでの感想。

 

以下感想。
 記者名も分かる歪みのない一次ソースは、
 令和2年4月7日付け官邸『安倍内閣総理大臣記者会見』https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/statement/2020/0407kaiken.html 
に掲載されている。
 ここから抜ているのは、司会の方がマスクなどについて説明した点。

 

 マスクと言えば、『⼿作りマスク、ガーゼ⽣地で簡単に 動画でコツを解説』(2月21日付け、4月6日はネットのトップページにリンクが貼ってあった時間帯もある)と紹介したり、『布マスク2枚で3960円!くり返し使える救世主!家族⼈数分のセット数のお求めを!』と売ったり、その一方、『安倍首相は、感染を防ぐ効果がほとんど期待できない布製マスクを、全世帯に2枚ずつ配布すると表明した。』(4月4日付け)と社説で主張する新聞社がある。
 朝日新聞のことだ。

 

 

>国民の理解と協力を得て、この危機を乗り越えられるか、政治指導者の覚悟もまた問われることになる。

 

 またも人のせいか?朝日らしい。
 誰の要請かなどどうでもよい話。人に感染させないと言う国民の意識が最も重要だ。

 

 

>首相によるイベント自粛や全国一斉休校の要請は、専門家の判断を仰ぐことなく、唐突になされた。

 

 何とかイベント自粛や休校の正当性を潰そうとするように感じられるのが朝日社説。
 
 2020年3月12日(木)付け朝日新聞社説『特措法改正 懸念の解消なお遠い』より、『新型コロナウイルスへの対応をめぐっても、専門家の意見を聴かず、唐突にイベントの自粛や全国一斉休校を打ち出した。』と記載。
 全国一斉休校、
 『専門家会議』だけで、事は進んでいない。
 令和2年2月 25 日(火)付け官邸『新型コロナウイルス感染症対策本部(第 13 回)』
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/th_siryou/sidai_r020225.pdf
P6より(3)感染拡大防止策 イ)今後として、『学校等における感染対策の方針の提示及び学校等の臨時休業等の適切な実施に関して都道府県等から設置者等に要請する。』

 

 『医師会』と言う、専門家の意見、
 02⽉27⽇付けNHK『医師会 臨時休校など⾸相に要望』(削除されている)『⽇本医師会の##会⻑は、27⽇⼣⽅、総理⼤⾂官邸を訪れて安倍総理⼤⾂と⾯会し、新型コロナウイルスの感染拡⼤の防⽌に向けた要望書を⼿渡しました。』、『要望書では、地域の感染状況などに応じて学校の臨時休校や春休みの前倒しを実施することや、』

 

 『医師会』と言う、専門家の意見、実は朝日も掲載していた。
 2020年2月27日付け朝日『首相、全国の小中高校に3月2日からの臨時休校を要請』より、『日本医師会の横倉義武会長は27日、首相に、集団感染の連鎖拡大を抑えるために3月を防止強化月間に位置づけ、学校の春休みの前倒しなどを国が地方に勧めるよう要望していた。』

 

 令和2年2月27日付け日本医師会『新型コロナウイルス対策に関する要望書』
https://www.med.or.jp/nichiionline/article/009163.html(<-消されている)
http://dl.med.or.jp/dl-med/kansen/novel_corona/20200227youbou.pdf(<-これは存在)

 

 全国一斉休校は、要望書を受け取った後だ。この点は、当日の首相動静で分かる。
 朝日社説が隠す理由は何なのか。

 

 イベント中⽌要請が出たのは、2月26日。
 しかし、その前に次の報道がある。前段があるのだ。
2020.2.18付け産経『新型肺炎で⼤規模イベント⾃粛相次ぐ 主催者苦悩 どうなる甲⼦園』より、『安倍晋三⾸相は18⽇、⾸相官邸で開かれた新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で、⼤規模イベントの開催に関し「専⾨家の意⾒を聞いた上で開催時期の⾒直しの必要性なども含め、国⺠に適切な情報提供を速やかに⾏ってほしい」と呼びかけた。』
 この件は、令和2年2月18日付け官邸『新型コロナウイルス感染症対策本部(第11回)』
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/202002/18corona.html に『人が密着するような大規模なイベントの開催等についても、専門家の御意見を聞いた上で、開催時期の見直しの必要性なども含め、国民の皆様への適切な情報提供を速やかに行ってください。』

 

 
>~やはり法的根拠のある措置は重い。

 

 罰則なしなので軽い。厳格さがない。
 
 2020/4/7付け日経電子版『日本の緊急事態宣言 欧米メディア「厳格さない」』より、『安倍晋三首相が計画する緊急事態宣言の発令と外出自粛要請の徹底について、欧米メディアの多くは、罰則を科す強制力がないため「他国ほど厳格でない」などと伝えた。』

 

 

>朝日新聞の社説は、市民の自由や権利を制限し、社会全体に閉塞(へいそく)感をもたらす緊急事態宣言には、慎重な判断が必要だと主張してきた。

 

 感染者の恐れがある行為を優先させたいってことか。

 

 

>不安の払拭(ふっしょく)に向けた一歩ではあるが、十分とは言い難い。

 

 誰でも構わず30万円だせか?
 個人事業主の売り上げ半減条件を撤廃せよか?
 借金は返済しない制度せよか?
 それぞれ、朝日社説として、どのような条件なら納得が行くのか説明がない。
 見直しがあっても、ご都合で批判を楽しみたい状態維持の意志の表れだ。
 

 

>しかし、そこで働く人の雇用と生活を守ることを最優先に、できる限りの手当てをすることは、感染拡大の機会を確実に減らすことにもつながるはずだ。

 

 「金」の為に##する。そんな「金」優先の意識では減らないだろう。
 必要なことは、人命優先だ。

 

 

>首相はきのう、1日あたりの新規感染者数をクラスター対策が可能なレベルまで低減できれば、感染者の爆発的増加の可能性は相当程度、低下するとの見方を示したが、その具体的なレベルには触れなかった。

 

 レベルは、明確だが分かっていながら惑わす主張を行う朝日社説。
 昨日、緊急事態宣言の対象とならなかった都道県並みのレベルってこと。

 

 

>しかし、個人が誤りなき判断をするためには、政府や自治体が信頼され、正確で十分な情報が遅滞なく開示される必要がある。安倍政権下では都合の悪い情報が隠され、説明責任がないがしろにされる例が後を絶たない。

 

 信頼?またも意味不明だ。
 自分の身は自分で守る。アベがーなどは、現実、どうでもよい話だ。
 感染症対策の最大の基本は、人と接触しなければよい極めて単純ものだ。この基本と反対の主張は怪しいと考えるべきだ。

 

 3つの密改め、シュウ・キン・ペイ。
 シュウ:集まらない、キン:近づかない、ペイ:閉じた空間を避ける。
 社会的距離は、パンダ1頭分の2m以上とされる。
 加えて、会話もダメだ。飛沫が飛ぶ。マスクをしても隙間から漏れるのでゼロは無理。

 

 

>政府は今回の感染拡大を「歴史的緊急事態」に指定し、議事録の作成や資料の保存を義務づけた。

 

 しかし、昨日の夜7時の会見では、『歴史的』とは語っていない。
 令和2年4月7日付け官邸『安倍内閣総理大臣記者会見』https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/statement/2020/0407kaiken.html 

 

 午後5時半すぎから総理大臣官邸で開かれた政府の対策本部での発言の報道、
 2020年4⽉7⽇ 18時48分付けNHK『安倍首相が緊急事態宣言 7都府県対象 効力5月6日まで』https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200407/k10012373011000.html
 ここでも、『歴史的』の表現はないようだ。
 
 『歴史的緊急事態』でググっても、『歴史的』での報道はないようだが.....?

 

 

>この宣言の下で、政府がとる行動は適切か、行政監視機能を担う国会の責任もまた重い。

 

 一部野党が取る行動。
 そして、一部メディアへの監視だ。見出しと記事の不一致などで誑かす存在は見過ごせない。

 

 4月 6, 2020付けアノニマスポスト『立憲民主党・枝野幸男、3月5日のツイート→ 枝野「現状では緊急事態宣言の条件を満たす状況ではない」→今日4月6日のツイート→ 枝野「私たちは2月から緊急事態の宣言を求めてきました」「緊急事態宣言の発令、遅きに失した」』
  https://anonymous-post.mobi/archives/22437

 

 

 2020年4月4日(土)付け朝日新聞社説『コロナ医療体制 人・物の確保を早急に』では、『安倍首相は、感染を防ぐ効果がほとんど期待できない布製マスクを、全世帯に2枚ずつ配布すると表明した。』と記載した。『感染を防ぐ効果がほとんど期待できない』だ。
 昨日、令和2年4月7日付け官邸『安倍内閣総理大臣記者会見』https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/statement/2020/0407kaiken.html ではマスクに関して説明もあった。
『外出する際にも、⼈混みを避け、他の⼈との距離を保つ、⾶沫(まつ)を⾶ばさないようにマスクを着けるなどの⾏動をお願いいたします。そのことが他の⼈の命を守ることになります。そして、ひいては⾃分の命を守ることになります。国⺠の皆様の御協⼒をお願いいたします。』と首相は、記者と広義のエアゾルを共有して語った。
 少なくとも会見のテレビ中継中、この件で朝日記者からの質問はなかった。何故、質問しなかったのか?当たらなかっただけか?
 昨日の会見では、質問の『書⾯』での受付もすると広報官がアナウンスしているが、朝日新聞は質問を出したのだろうか?

 

 2020年4月4日付けNHK『マスク「不要」から一転「着用を」 米機関が見解を修正』https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200404/k10012368311000.htmlより、『医療用のマスクは使わず、市販の簡易マスクやスカーフなどを活用するよう求めています。 』

 

米国CDC 4月3日付け『Recommendation Regarding the Use of Cloth Face Coverings, Especially in Areas of Significant Community-Based Transmission』https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/prevent-getting-sick/cloth-face-cover.html より、『This means that the virus can spread between people interacting in close proximity—for example, speaking, coughing, or sneezing—even if those people are not exhibiting symptoms. In light of this new evidence, CDC recommends wearing cloth face coverings in public settings where other social distancing measures are difficult to maintain (e.g., grocery stores and pharmacies) especially in areas of significant community-based transmission.』
(DeepL訳:このことは、例えば、話す、咳をする、くしゃみをするなど、近くで交流する人々の間でウイルスが拡散する可能性があることを意味していますが、そのような人々が症状を示していなくても感染する可能性があります。 この新しい証拠を踏まえて、CDCは、他の社会的距離を保つことが困難な公共の場(例えば、食料品店や薬局など)では、特にコミュニティベースの感染が著しい地域では、布製のフェイスカバーを着用することを推奨しています。)

 

 CDCでは、咳、くしゃみだけではなく、『話す』も問題視している。同時に、顔をカバーする方向だ。何らかの覆いが、飛び散る状態を防ぐだけではなく、ウイルスを顔に付けない策と認識したのであろう。

 

 2020/04/04付けロイター『WHO、新型コロナ抑制に広範なマスク利用の効用を示唆』https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-who-idJPKBN21L34Fより
『新型コロナウイルスに対応するに当たりマスクの使用を主に医療関係者に集中させる必要があるとの見解を変えていないとしながらも、手作りのマスクの使用やその他の手段で口元を覆うことが感染拡大抑制の一助になる可能性があるとの見解を示した。』

 

 朝日の『感染を防ぐ効果がほとんど期待できない』とは真逆に思える。
 常識的には、口の前に何等かの覆いがあれば、飛沫は減ることは確実で、それは感染を減らす効果があると言えるだろう。
 そうならない科学的な根拠があるなら、朝日新聞は人の命に係わる問題でもあるから、早急に分かりやすい丁寧な説明をするべきである。
 幸い、朝日からは『重要なお知らせ】当面の間、記事を無料でお読みいただけます』とアナウンスがあった。『原則無料』の『原則』の範囲での掲載を望みたい。 

 

※午後追記

 朝日の考える『責任』とは通常「ヤメロ」が多い。しかし、自分たちは誤報しても報道を止めない。3日でも1週間でも「誤報により」を明確にした上で止めることがあれば責任のある対応と見られるだろう。

 金よこせ~を朝日社説に限らず、他のメディアも煽りを入れている。キャンペーン体制か?。しかし、日本には、失業保険もあるし、生活保護もある。

 

 2 0 2 0 年4 月8 日 7 時3 0 分付け朝日『異例ずくめ首相会見 大ホールに記者少数、専門家同席』より、『4月4~5日に実施されたJNN(TBS系)の世論調査では、政府のこれまでの対応を「評価する」は31%で、「評価しない」の55%が上回った。』
https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/yoron/backnumber/20200404/q2-1.html

のことか?自社資料を使わず。何か問題があるのか?

 しかし、https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/yoron/backnumber/20200404/q1-1.html 内閣支持は4割、

 https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/yoron/backnumber/20200404/q2-3.html 緊急事態宣言を出すべき?は8割だ。宣言後なので、今後、変わるだろう。

 https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/yoron/backnumber/20200404/q2-4.html 休校措置は、7割賛成。

 https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/yoron/backnumber/20200404/q4-2.html 憲法9条に自衛隊を明記、賛成5割弱。

 憲法に自衛隊明記に加え、緊急事態あるいは非常事態を追加した方がよいだろう。

 

 東京都の対応では、休業要請の対象にパチンコ屋も入っている。依存症を蔓延させ対応を怠った人たちには休業補償なしが望ましい。

 

 3つの密改め、シュウ・キン・ペイ。
 シュウ:集まらない、キン:近づかない、ペイ:閉じた空間を避ける。
 社会的距離は、パンダ1頭分の2m以上とされる。

 そんなこともお構いなしの人たちの写真、歩道はふさぐわ、マスクはしていないわ、シュウ・キン・ペイしているわ。https://twitter.com/mo_himo/status/1247377774865567746 自分たちは特別な存在だから感染しないと思い込んでいるのだろう。感染拡大に積極性アリと見る。

 

 煽り報道か?SNSで拡散「#東京脱出」はメディアが仕掛けた煽り? 朝日の記事が公開される前には「東京脱出」はほとんどツイートされておらず~ネットの反応「必死で日本人をパニックにしようと仕掛けてる?」

 

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 15年以上放置の根拠記事は、2014年8月28日付け朝日新聞『慰安婦問題 核心は変わらず』である。引用『朝日新聞は1982年以降、吉田氏の証言を記事やコラムで取り上げた。証言内容を疑う指摘が92年にあり、朝日新聞は97年に「真偽は確認できない」との記事を掲載し、以降は吉田氏の証言を取り上げていない。今年、改めて済州島などで裏付け取材をし、5日の特集「慰安婦問題を考える」で、「証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します」とする記事を掲載した。』。
 少なくとも1997年に「疑問」と認識。2014年に誤報を認めた。

 

 2015年2月27日付け朝日新聞『朝日新聞慰安婦報道、検証の評価公表 識者の過半数「不合格」』によれば、第三者委員会の報告書について、『評価した8人のうち5人が「不合格」とし、「事実調査が不十分」「そもそも第三者委に委ねるべきではなかった」などと指摘』の報道。
 自社記事もあり、朝日としてもお粗末な第三者委員会であった認識もあると言えよう。

 

 その上、誤報に伴う誤解を最後の1人まで解こう。そんな意識にも乏しい(継続した誰もが気づくような広報活動がない、メタタグ問題など)。

 

 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

 

 

 

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。 これも芸術だ。

 

|

« 2020年4月7日(火)付け小説朝日新聞社説『NPT50年 核軍縮の立て直しを』を読んでの感想。 | トップページ | 2020年4月9日(木)付け小説朝日新聞社説『緊急経済対策 不安解消にはほど遠い』を読んでの感想/自らの基準を示さず後出しジャンケンで批判が可能な体制を確保の朝日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年4月7日(火)付け小説朝日新聞社説『NPT50年 核軍縮の立て直しを』を読んでの感想。 | トップページ | 2020年4月9日(木)付け小説朝日新聞社説『緊急経済対策 不安解消にはほど遠い』を読んでの感想/自らの基準を示さず後出しジャンケンで批判が可能な体制を確保の朝日 »