« 2020年5月17日 (日) | トップページ | 2020年5月19日 (火) »

2020年5月18日 (月)の2件の投稿

2020年5月18日 (月)

2020年5月18日(月)付け小説朝日新聞社説『車いすとJR 社会の障壁なくすには』を読んでの感想。

 2020年5月18日(月)付け小説朝日新聞社説『車いすとJR 社会の障壁なくすには』を読んでの感想。

以下感想。
 通信障害中。

>すべての新幹線で、車いすを置くスペースのある座席の予約申し込みが、JR各社のサイトからできるようになった。

 
 5⽉7⽇ 4時17分付けNHK『新幹線の⾞いすスペース予約 ネット申し込みも可能に』によれば、
・JR⻄⽇本などは先行。5⽉11⽇からJR東⽇本なども対応。
・ネットで3日前までに予約して電話連絡を待つ仕組み。


>これまでは電話か駅の窓口での申し込みが基本だった。

 電話連絡は残るのでネットで完結ではない。

>引き続き、手配を待つ時間の短縮や、ネットで購入までできるしくみを検討する。

 遠回しの表現で分かり難い。

>高齢社会になり、車いすや歩行器、つえに頼る人はもっと増えるだろう。

 混んでいるスーパーにシニアカーで突っ込んでくる輩もいるので、JRもそんな時代になるかも知れない。


>よりよい環境へ、国交省はさらなる基準の見直しをいとわないでほしい。

 つまり、「金を出して欲しい」ってことだろう。


>障害の程度や年齢にかかわらず、だれもが使いやすいユニバーサルデザインが当たり前の社会へと、変われるか。

 LED信号になり、小型化(直径30cmから25cmへ)で信号の存在を気づきにくい。
 更に、ワザと近寄るまで分かり難い設定をした信号もある。
 ストレスが出てマイナスではないか。ユニバーサルデザインとは真逆に思える。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

| | コメント (0)

2020年5月18日(月)付け小説朝日新聞社説『熱中症対策 感染症とあわせ備える』を読んでの感想。

 2020年5月18日(月)付け小説朝日新聞社説『熱中症対策 感染症とあわせ備える』を読んでの感想。

以下感想。
 一部のメディアを見ていると、どうも2週間後の武漢、ニューヨークにならずに残念そうに見えてしまう。自分たちはウイルスの例外と思っているのだろう。
 仕方ないので、第二波への不安の煽り、次の仕込みとして国家公務員法等の⼀部を改正する法律案を検察庁法改正案にすり替えて騒ぐ。


>今年は新型コロナウイルスの感染拡大を受けた外出自粛や休業要請の影響で、生活のリズムを乱し、運動不足になっている人が多い。

 基点を3月上旬からとしても3か月程度。
 年単位で自宅警備員をしている人もいるから見れば、僅か3か月程度となる。

 運動の仕方によっては危険が増す。
 2020.05.08付け日経XTECH『ウイルスは10m⾶ぶ、⾼速ランナー背後の
流体解析で判明』、ランナーの真後ろにいると、呼気に含まれる微粒⼦をまともに受けると言う研究結果の報道。

>加えて、マスクをつけていると体内に熱がこもりやすく、また、着脱が面倒なため水分補給を怠ってしまいがちだ。

 N95マスクでの運動の場合、死に至る場合もあり。
 5⽉11⽇ 6時52分付けNHK『中国 マスクつけて体育の授業受けた中学⽣の死亡事故相次ぐ』
 2020.5.11付けZAKZAK(共同)『マスク着⽤し体育授業、中学⽣の突然死相次ぐ 中国』より、『マスクをして1500メートル⾛などに参加した中学⽣計3⼈が相次ぎ突然死した。うち2⼈は感染を防ぐ効果が⾼い医療⽤のN95マスクを着けていた。』
 

>倦怠(けんたい)感や発熱などを伴う熱中症はコロナウイルス感染症の症状と似ていて、すぐに見分けるのは難しいという。
 
 なればこそPCR待ちよりCT優先が望ましいだろう。


>専門家は、冷房をつけていても30分に1回程度は換気をするよう促す。

 誤解を招きかねない表現だ。
 冷房(エアコン)では、通常換気は出来ない。

 大手ダイキン、上手な換気の方法、
https://www.daikin.co.jp/air/life/ventilation/
『エアコンは、「部屋の中の空気を吸い込んで」、その空気を冷たくしたり温かくしたりした後に「部屋の中に戻す」ことで、快適な環境をつくるものです。部屋の中の空気と外の空気を入れ換えてはいません。そのため、ほとんどのエアコンでは換気ができません。』

 『30分に1回程度』とは何分か?それが不明の朝日社説。
 ダイキンのHPでは『1時間に5分の換気を2回する方が換気の効果は高く』と説明している。但し、これは平時の話なので、多少割り増しした方がよいかも知れない。

 また、『コロナを除菌できるエアコンガス』(https://www.daikin.co.jp/taisetsu/2020/200423/)の詐欺もあるようだ。

 熱中症予防啓発ネットワーク(堺救急医) https://www.hespen.org/
『エアコンを1日14時間つけた場合の電気代​約360円、熱中症で1泊入院した場合の医療費損失約60,000円。』

総務省『2019 年(5月から9月)の熱中症による救急搬送状況 』
https://www.fdma.go.jp/disaster/heatstroke/items/heatstroke_geppou_2019.pdf
『2019 年5月から9月の全国における熱中症による救急搬送人員の累計は 71,317 人』(初診時で死亡126人)。
2019/12/16付けヤフー『熱中症による死亡者の動向をさぐる(2019年公開版)』
https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20191216-00153994/ 年間1581人(治療後を含めた死亡数)。

 新型コロナ、感染16,253人、回復者数10,809人、死亡者数729人。
 数だけ見れば、油断のならない熱中症。


>熱中症で搬送される人の4割は住居内での発症だ。

 数字の確認。
総務省『2019 年(5月から9月)の熱中症による救急搬送状況 』
https://www.fdma.go.jp/disaster/heatstroke/items/heatstroke_geppou_2019.pdf 
の資料4、38.6%。道路が15.6%。教育機関でも6.1%もある。運動会の練習には注意が必要だ。


●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

| | コメント (0)

« 2020年5月17日 (日) | トップページ | 2020年5月19日 (火) »