« 2020年5月26日 (火) | トップページ | 2020年5月28日 (木) »

2020年5月27日 (水)の2件の投稿

2020年5月27日 (水)

2020年5月27日(水)付け小説朝日新聞社説『ネット上の中傷 言葉を刃にさせぬため』を読んでの感想。

 2020年5月27日(水)付け小説朝日新聞社説『ネット上の中傷 言葉を刃にさせぬため』を読んでの感想。

 

以下感想。
 2020年05月25日付けJ-CAST『####、ワイドショーの「SNSでの誹謗中傷」批判に苦言 「司令塔の役割を果たしてきたのは...」』https://www.j-cast.com/2020/05/25386629.html?p=all 『「各局ワイドショーが『SNSでの誹謗中傷よくない』という論調で放送しているようだが、『今週の標的はコイツですよ』と司令塔の役割を果たしてきたのは、どこの誰だよ。 すべての責任をネット民に転嫁し、自分たちは反省の色なし。どれだけ面の皮が厚いんだよ」』。
 そんな印象が強いと感じる人も少なくないだろう。

 

 民主党の元ブレーンの方、
 https://twitter.com/260yamaguchi/status/1264487942061318144
 『お前は人間じゃない。』は中傷ではないらしい。

 

 立憲民主党議員が関係する「誹謗中傷」の見本とも言われる動画はこちら。
https://twitter.com/officematsunaga/status/1264502199586938880
 
 さて、経緯が分かる記事は、
2020年5月26日付けNHK『###さん死亡 SNS中傷 番組内で男性を注意したあとに集中か』
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200526/k10012445621000.html

 

 

>番組内での言動をめぐり、人格をおとしめる投稿がネット上で繰り返され、

 

 そんな状態もメディア、あるいはメディアの主張に沿う個人が政治家に対して行うと、批判扱いになるリベラル≒ご都合主義の現実。

 

 

>番組はネットフリックスの動画配信で視聴でき、海外でもその死が話題になっている。

 

 『海外でもその死が話題になっている。』のは、海外でもそのような状況があるから。
 ドイツでは、罰金。
 上記NHK記事より、『ドイツではネット上での中傷など明らかに問題のある内容が掲載された場合、利用者からの通報を受け付ける窓口を整えるよう運営会社に義務づけ、違法な内容は24時間以内に削除するよう求めています。違反した場合、最大で5000万ユーロ、日本円で57億円の罰金が科されるとしています。』 

 

 

>検討すべき柱のひとつは、問題の投稿をしたのが誰なのか、「書かれた側」が突き止めるための手続きを簡素化し、被害回復を容易にすることだ。

 

 個人情報がーとなる可能性もある。

 

 

>業者による任意開示が進むように手立てを講じたり、海外のプロバイダー相手でも裁判を迅速に進められる制度を研究・導入したりするべきだ。

 

 主権侵害と言われることになるかも知れない。

 

>名誉毀損か正当な論評・批判か、判断が難しい場合はしばしばある。

 

 そんな状態もメディア、あるいはメディアの主張に沿う個人が政治家に対して行うと、批判扱いになるリベラル≒ご都合主義の現実。
 

 

>この便利なツールをどう使うか、社会の知恵が試され続けている。

 

 知恵を絞れシリーズ。

 

>ネット空間にとどまらず、その奥にある病巣にも目を向けて、克服の道を探る必要がある。

 

 朝日が『その奥にある病巣』などと主張しても説得力欠ける。

 

 

 ワイドショーと言えば、
2020年05月25日付けnpn『###氏、PCR全員検査に「医学的には意味がないかもしれない」 視聴者から「方向転換?」と驚きの声』https://npn.co.jp/article/detail/200004335 所詮、『標的はコイツですよ』の流れのヒトたち。

※午後追記

 また、テレ朝か。https://anonymous-post.fun/archives/1316

 事実なら、誤解を生むように思える。2020年5月21日  付けロイター、『ルクセンブルク、全国民に新型コロナ検査実施開始 1日2万件へ』https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-luxembourg-testing-idJPKBN22X01A によれば、人口60万人の全国民に対して、『検査は自主的なもので、当初は1日当たり1500件前後から始め、来月には2万件に増やす方針。 』。比較対象が明らかに問題。「済」ではなく、これから。人口60万人とは日本なら「市」レベルで多数存在。

 5/26付けヤフー(バトルニュース)『マスコミによる遺書公表に木村花さんの母・響子さんが「花のプライバシーを守るために 触れないでほしいと 泣いて頼んだ結果がこれですか」https://news.yahoo.co.jp/articles/35e9ce57f1a0ae350e2f015caa90c46f815f1f43

 この人たちと約束は意味がないってことか。

 また、共同通信か。https://anonymous-post.fun/archives/1304

 

※2020年5月29日追記

  神戸市議・##氏「木村花さんの件、SNSのせいにしているが… 遺族は個人のプライベートを漁りまくって晒しているマスコミに対して、怒りを表明している」https://snjpn.net/archives/198455

 

※2020年5月30日追記

 未確認情報、テラハウスの放送作家、https://twitter.com/marchrabbit0615/status/1265955781079269378  本人の人となりがよく分かるツイートが添付されている。未確認情報と言ってもウィキペディアレベルは確認済。https://bit.ly/2MdIW8s 

 日の丸マスクの製造会社が、ツイッター上で攻撃される理不尽さ。https://twitter.com/filtermask11/status/1265638807132532736 攻撃側は何時もの面子の印象。一部メディアの煽りによる不幸。 

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

 

| | コメント (0)

2020年5月27日(水)付け小説朝日新聞社説『香港への法制 自治を破壊するのか』を読んでの感想/正面から一言、「中国に民主化を求める」の主張がない朝日社説

 2020年5月27日(水)付け小説朝日新聞社説『香港への法制 自治を破壊するのか』を読んでの感想。

 

以下感想。
 ようやく香港の国家安全法の件を扱った朝日社説。
 5⽉24⽇付けNHK『⾹港 中国主導の“治安法”に抗議デモ 100⼈以上拘束か』、5⽉25⽇付けNHK『中国による治安維持⽅針 ⾹港で数千⼈の市⺠がデモ 180⼈逮捕』の状態である。

 

>「一国二制度」によって守られてきた香港人の権利がなぜ、一方的に制限されるのか。断じて容認できない。

 

 しかし、朝日新聞社説傀儡一味は、正面から一言、「中国に民主化を求める」とは書かない。
 読み手に「民主化を求めている」ように思わせているだけ。
 これは、##とは書かず、##だと思わる巧妙な文面は、朝日に散見される手口。

 

 

>香港の頭越しでの法制化はこうした既存の立法システムをないがしろにし、「一国二制度」を揺るがす危険な行為だ。

 

 しかし、治安を守る⾹港警察としては、国家安全法を歓迎のようだ。
2020年5⽉26⽇付けafp『⾹港警察、中国による「国家安全法」の整備計画を歓迎』より、『⾹港の警察当局トップは25⽇、中国が⾹港に「国家安全法」の整備を計画してい
ることについて、「テロリズム」と独⽴要求を排除するために必要だとして歓迎する姿勢を⽰した。』

 

 

>施行されれば、香港の平和的な抗議デモも摘発される恐れがある、と民主派は懸念する。

 

 しかし、平和的な抗議デモより破壊活動が目立つ現実。
 2019年10月11日付けBBC『香港デモ、スタバや吉野家を襲撃 でも何で?』https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-50010740
『平和的だった抗議行動が破壊や落書きをともなうものに変化したとき、デモ参加者のターゲットとなったのは中国本土系の大企業だった。』、スタバの香港展開は地元の企業、その創業者の娘は『香港のデモを、「少数の過激な抗議者」が「組織的、計画的な暴力行為」をしていると批判』、吉野家の場合、『香港でフランチャイズ展開する企業の代表者が、香港の警察と政府を支持すると表明したのがきっかけだ。』

 

 

>眼前で人々の自由が奪われ、人権が侵されようとしているとき、これに異議を呈するのに国境は関係ない。香港への国家安全法制の導入に反対する。

 

 しかし、問題の根底は、中国共産党支配にある。
 正面から一言、「中国に民主化を求める」と主張するべきであろう。何故、避けるのか?

 

 
 2020/5/23付⽇本経済新聞 ⼣刊『英・豪・加外相「深い懸念」 中国の⾹港国家安全法に ⽶も声明』より、『中国が全国⼈⺠代表⼤会(全⼈代、国会に相当)で⾹港の社会統制を強める「⾹港国家安全法」を制定すると発表したことを受け、英国、オーストラリア、カナダの外相は22⽇、「深い懸念」を表明する共同声明を発表した。』、『ポンペオ⽶国務⻑官も22⽇、「⾹港市⺠の意思を無視するもので、『⾼度な⾃治』の終わりの前触れになる」と批判し、中国に再考を要求する声明を出した。』

 

 令和2年5⽉22⽇(⾦曜⽇)付け外務省『茂⽊外務⼤⾂会⾒記録』https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kaiken/kaiken4_000960.html、日経記者の質問に『【茂⽊外務⼤⾂】全⼈代,今⽇から始まったばかりでしょ。』なので、再質問でどのような回答になるか?
(※「香港」で検索しても出てこない記事)

 

 今日のこの朝日社説では、アベがーがない。
 先日の会見では重要な発言があった。支持率がーなどと低レベルの質問もある中、切り込んだ質問をした記者もいた。
 令和2年5月25日付け官邸『新型コロナウイルス感染症に関する安倍内閣総理大臣記者会見』https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/statement/2020/0525kaiken.html より、WSJ記者の質問『今、アメリカと中国がウイルスなどをめぐって激しく対立しているわけですけれども、日本はどっち側につくのでしょうか。』、首相の回答『コロナの時代にあっては、日本が、最初に冒頭申し上げましたように、自由、民主主義、基本的人権、法の支配といった普遍的な価値を共有する国々と手を携えながら、そして、中国も含めて、国際社会がよって立つべき原則を築き上げていくことなのだろうと思います。』(QAともに抜粋)。

 

 英国の大手一般新聞のガーディアンの記事を思い出す。
 Fri 7 Dec 2018 06.00 GMT付け『Inside China's audacious global propaganda campaign』http://bit.ly/2VizYKF『Beijing is buying up media outlets and training scores of foreign journalists to ‘tell China’s story well’ – as part of a worldwide propaganda campaign of astonishing scope and ambition. 』。
DeepL訳『北京は報道機関を買収し、多くの外国人記者を訓練して「中国の話をよく伝える」ようにしている。』
Google訳『北京は、驚くべき範囲と野心の世界的な宣伝キャンペーンの一環として、メディアを買収し、「中国の話をうまく伝える」ために外国のジャーナリストを多数訓練しています。』
 中国は、外国のメディアを利用して、中国に有利な記事を報じさせていると言うものだ。日本の新聞社も1社記載がある。『buying up』は衝撃だ。

※2020年5月30日追記

 香港、国家安全法成立。朝日社説傀儡一味としては、追加の社説を出すのだろうか?出さないと本気度が疑われる。

 

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

 

| | コメント (0)

« 2020年5月26日 (火) | トップページ | 2020年5月28日 (木) »