« 2020年5月29日 (金) | トップページ | 2020年5月31日 (日) »

2020年5月30日 (土)の2件の投稿

2020年5月30日 (土)

2020年5月30日(土)付け小説朝日新聞社説『年金改革 残る課題の検討を急げ』を読んでの感想。

 2020年5月30日(土)付け小説朝日新聞社説『年金改革 残る課題の検討を急げ』を読んでの感想。

以下感想。
>適用拡大は長年の懸案で、今回の見直しは半歩前進だ。

 年金制度がある限り、年金改革に終わりはない。
 しかし、最大の改革は、平成27年(2015年)10月から共済年金が厚生年金に統一された年金制度の一元化であろう。

 ただ、端境期とは言え、公的年金各制度の年金扶養比率の推移を見れば、旧私学共済、旧厚生年金が損、公務員の共済を助けた印象が強い。https://money-bu-jpx.com/news/article019340/、https://www.mhlw.go.jp/topics/nenkin/zaisei/04/pdf/nenkinhuyou_suii.pdf

>この要件を22年10月に「101人以上」、24年10月に「51人以上」に改める。約65万人が新たに厚生年金に加入すると見込まれる。

 65万人は、24年10月以降の話。
 5⽉29⽇付けNHK『年⾦制度改⾰関連法が成⽴ どう変わる︖課題は︖』より、『「101⼈以上」にした場合、新たに45万⼈が。「51⼈以上」にした場合、65万⼈が適⽤対象となると⾒込まれています。』

>野党は24年10月に企業規模要件をなくす修正案を提出し、安倍首相も「撤廃を目指すべきだ」と述べた。にもかかわらず今回、廃止時期を示せなかったのは遺憾だ。

 つまり、安部1強ではないってこと。

>ただ、今は物価などに連動して給付が伸びるのを抑えるやり方のため、デフレが続くとこの機能が働かない。しわ寄せを受けるのは、将来年金を受け取る世代だ。

 意味不明。
 デフレなら支給を増やす理由にならない。
 支給が増えなけば、年金の原資は維持される。それは支える側の負担が減ることであり、同時に将来年金を受け取る世代にもプラスであろう。

>昨年の財政検証では、国民年金の加入期間を40年から45年に延長すると、

 益々、加入期間が伸びれば伸びるほど、後から加入する人はいなくなる。

>財源の議論も含め、これ以上の先送りはできない。

 新聞に対する消費税の軽減税率を無くす。
 水や電気ですら、対象外だ。
 未だに納得のいく説明がない。
 

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

| | コメント (0)

2020年5月30日(土)付け小説朝日新聞社説『大阪の都構想 住民と直接対話の場を』を読んでの感想

 2020年5月30日(土)付け小説朝日新聞社説『大阪の都構想 住民と直接対話の場を』を読んでの感想。

 

以下感想。
 大阪の都構想、https://oneosaka.jp/tokoso/question.php
 基本反対姿勢の朝日社説傀儡一味。

 

>~構想を推進する松井一郎大阪市長と吉村洋文大阪府知事らが出席を予定していた公聴会が、コロナ禍をきっかけにとりやめになった。

 

 2020/4/8 4:00 ⽇本経済新聞 電⼦版『住⺠向け説明会、5⽉に2回開催 ⼤阪都構想』によれば、5⽉10⽇と12⽇に予定としてあった。

 

 2020年4月28日大阪市『【副首都推進局 令和2年5月10日・12日開催】大都市制度(特別区設置)協議会主催「出前協議会」の中止について』 https://www.city.osaka.lg.jp/fukushutosuishin/page/0000502135.html

 

 

>しかしコロナ禍を受け、規模を4分の1に縮小して5月中旬の2回に変更。

 

 当初330人から定員75⼈、事前申込制とした。

 

>その開催も大型連休前の4月末、早々に中止になった。

 

 今日日、対面(3密)は避けるべき。
 トランス状態で叫ぶ人がいれば飛沫が飛ぶ。くしゃみや咳一発でも影響は無視できない。
 
 2020/5/29付⽇本経済新聞 朝刊『新型コロナ、再拡⼤を防ぐには マスクの着⽤ 引き続き
⾶沫拡散や接触感染を抑制』より、『1回くしゃみすると4万個、せきをすると3千個の⾶沫がそれぞれ⾶ぶ。近距離で5分間会話しても3千個の⾶沫を浴びる。』、『シミュレーション(模擬実験)したところマイクロ⾶沫は室内で20分以上にわたり漂った。##さんは「換気が不⼗分な⼩学校の教室で教師がせきをすると⽣徒が⾶沫を吸い込む恐れがある」と指摘する。』

 

>代替策として松井、吉村両氏と各党代表者の見解を紹介する動画が公開され、住民の意見を受け付けているが、十分とは思えない。

 

 思いたくないってことであろう。

 

 大阪府HP『特別区制度(いわゆる「大阪都構想」)(案)に対するご意見について』
https://www.city.osaka.lg.jp/fukushutosuishin/page/0000496164.html
 応募対象は大阪市内在住の方、意見受付期間は令和2年5月31日(日曜日)まで。

 

 対面では、一部の人が騒ぎ聞き取れない場合もあろうが、動画ならそれはない。2度、3度聞くことも可能だ。人の顔色を見る必要もない。その上で、意見が述べられる。素晴らしいことだ。

 

 

>しかし5年前の住民投票で否決され、構想を引っ張った橋下徹氏が政界から引退した経緯を軽視してはなるまい。

 

 その後の活動で理解が深まった可能性も軽視してはならない。
 
>~市民の不安や疑問は消えていない。

 

 煽りたいってことか。

 

 

>防災対応を不安視する声や、職員が他区にいて自治と言えるのかといった指摘が出ている。

 

 特別区ではなく行政区は、区議会はなく独自の政治を行うことは出来ない=それで自治と言えるのか?(共立女子大、https://bit.ly/2TQO2vu)

 

 

>海外からの訪問客呼び込みに力を注ぎ、万博も開催する自治体として、外国人を投票から除くことが適切なのか。

 

 何と唐突な朝日。これまで都構想で、外国人の投票を持ち出したことはなかったと思うが......
 投票権=選挙権とするならば適切。

 

>資金力のある政党が有利になる問題は残されたままだ。
 
 資金力のある自民党(大阪自民)は基本反対。動員能力が高い共産党も反対。
 反対派有利ではないか(笑)。

 

>一部住民からは、コロナ禍を踏まえ、投票を延期するよう求める陳情書も出された。

 

 そのときの状況によるが今から延期は、反対の為の延期以外の何物でもないだろう。

 

 国政選挙(衆院静岡4区4月26日)、知事選(熊本県3月22日)、市長選挙に至っては多数実施済。
 今のところ東京都知事選挙も6⽉18⽇告⽰、7⽉5⽇投開票が予定されているようだ。

 

 

 

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

 

| | コメント (0)

« 2020年5月29日 (金) | トップページ | 2020年5月31日 (日) »