« 2020年5月27日(水)付け小説朝日新聞社説『ネット上の中傷 言葉を刃にさせぬため』を読んでの感想。 | トップページ | 2020年5月28日(木)付け小説朝日新聞社説『学生の支援金 留学生も対等の条件で』を読んでの感想 »

2020年5月28日 (木)

2020年5月28日(木)付け小説朝日新聞社説『追加雇用対策 スピードと実効性を』を読んでの感想

 2020年5月28日(木)付け小説朝日新聞社説『追加雇用対策 スピードと実効性を』を読んでの感想。

以下感想。
 昨日、『国民の怒りが希望』などと記された件名のメールが届いた。
 個人情報が何処かの過激派に漏れプロパガンダが送りつけられたのか?と恐怖を感じた。しかし、差出人を見れば、朝日新聞ニュースレーター。このヒトたちかと納得。


>新型コロナウイルスの影響による雇用情勢の悪化を受け、政府が追加の対策を決定した。

 決定が何時?とは記さない、更に法案名も不明の朝日社説。分かり難い。

 昨日は、2020年度2次補正予算案の閣議決定。しかし、朝日の主張は別の物を指しているようだ。

 歪みのないソースは、財務省、令和2年度補正予算(第2号)
https://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2020/hosei0527.html
https://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2020/sy020407/hosei020527b.pdf
 補正予算の追加歳出計(総額)、319,114億円。
 雇用調整助成金の拡充等、4,519億円
 資金繰り対応の強化、116,390億円
 家賃支援給付金の創設、20,242億円
 医療提供体制等の強化 、29,892億円
 新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金の拡充、20,000億円
 低所得のひとり親世帯への追加的な給付、1,365億円
 持続化給付金の対応強化、19,400億円
 その他、6,363億円
 新型コロナウイルス感染症対策予備費、100,000億円

 既定経費の減額(議員歳費)としては、マイナス20億円。

 経済産業省関係
https://www.meti.go.jp/main/yosan/yosan_fy2020/hosei/pdf/hosei2_yosan_gaiyo.pdf


>追加対策の柱は、休業手当を受け取ることができていない中小企業の従業員が、ハローワークに直接申請し、給付を受けられるようにする特例制度の新設だ。月額33万円を上限に賃金の8割を払う。

 アベがー隠しの朝日社説か。
 2020/5/15付⽇本経済新聞 朝刊『2次補正「連鎖倒産防ぐ」 ⾸相が編成指⽰機動的に資本注⼊ 雇調⾦上限1.5万円に』より、『⾸相は「雇⽤されている⽅が直接申請でき、お⾦を受け取れる新しい制度を創設する」と語った。政府は雇⽤調整助成⾦を申請していない中⼩企業の休業者に賃⾦の8割程度を直接給付するしくみを検討する。』

 2020年5⽉27⽇付けNHK『休業の労働者を直接⽀援 制度創設の法案提出へ 厚労省』より、『厚⽣労働省は、新型コロナウイルスの影響で休業したにもかかわらず勤め先から休業⼿当が⽀払われていない⼈を対象に、⽉額33万円を上限に⽀援⾦を⽀給することを決め、法律案を今の国会に提出することになりました。』


>ただ、給付金が出るのをよいことに、休業手当を払わない事業主が増えるようでは困る。

 日本の赤字企業は、改善したとは言え6割程度。
 誤魔化しが常態化しているように思えてならない。


>給付金の具体的な申請方法など、詳細な制度設計はこれからだ。簡便な手続き、速やかな支給を心がけてほしい。

 ハロワ申請が予定されている。
 2020/5/14付け日経電子版『休業者に賃⾦の8割直接給付 厚労省⽅針、⽀援迅速に』より、『休業者は企業から休業証明を受け取り、⾃らオンラインなどでハローワークに申請する。失業⼿当と同様に従業員に給付⾦が⽀払われる。企業の雇⽤維持を前提としつつ、国が従業員を直接⽀援する仕組みとなる。』


>追加対策では、従業員に休業手当を支払う企業への助成金の上限も、現在の1人当たり日額8330円から同1万5千円に引き上げる。

 首相の⾃⺠党役員会での表明。
 2020/5/14 17:58 ⽇本経済新聞 電⼦版『雇⽤助成⾦「1万5千円に拡充検討」 ⾸相表明』


>企業への助成金は、対象も助成率もすでに大幅に拡充されているが、見直し内容が十分に知られていなかったり、手続きが滞ったりと現場の混乱が続いている。

 批判ばかりに時間、紙面を割いて、肝心の説明の時間が短い、何処に書いてあるか分からない、トドメは感想、願望が混じり見る気が薄れる報道が原因と思える。
 
 自民党の検索システム、新型コロナウイルスにともなう、あなたが使える緊急支援
https://www.jimin.jp/covid19/

 経済産業省の支援策(2020年5月28日時点)
https://www.meti.go.jp/covid-19/

 民間の検索システム、
https://covid19.moneyforward.com/

>~一定の条件を満たす場合の失業手当の支給日数も60日延長することにした。それだけにとどまらず、次の仕事にスムーズに移れるような支援も、雇用の維持と両輪で進めたい。

 会社都合退職なら330日。ここに60日追加。
 
 朝日は既存の支援サービスには興味が薄いのか?
 公共職業訓練学校を上手く使うと更に給付期間の延長も可能。交通費、⽀給、学割などの特典あり、学んだ方向への職業斡旋あり。
 


●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

|

« 2020年5月27日(水)付け小説朝日新聞社説『ネット上の中傷 言葉を刃にさせぬため』を読んでの感想。 | トップページ | 2020年5月28日(木)付け小説朝日新聞社説『学生の支援金 留学生も対等の条件で』を読んでの感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年5月27日(水)付け小説朝日新聞社説『ネット上の中傷 言葉を刃にさせぬため』を読んでの感想。 | トップページ | 2020年5月28日(木)付け小説朝日新聞社説『学生の支援金 留学生も対等の条件で』を読んでの感想 »