« 2020年5月22日(金)付け小説朝日新聞社説『黒川氏辞職へ 政権の「無法」の果てに』を読んでの感想/定年延長問題の前から賭け麻雀のお付き合いを隠しての主張 | トップページ | 2020年5月23日(土)付け小説朝日新聞社説『中国の国防費 危うい軍拡いつまで』を読んでの感想 »

2020年5月22日 (金)

2020年5月22日(金)付け小説朝日新聞社説『関西の解除 知事の切磋琢磨さらに』を読んでの感想。

 2020年5月22日(金)付け小説朝日新聞社説『関西の解除 知事の切磋琢磨さらに』を読んでの感想。

以下感想。
>コロナ禍が深刻になるにつれ、メディアやSNSで住民に訴える首長の姿が日常の光景になった。

 知事によるSNSなどネットを通じた直接発信は歪みなし。基本、読み手の解釈だけだ。
 時に半分以上「記者の感想文」と思えてしまう記事に付き合わなくて済む点は大きい。

>認識の甘さを露呈したり、国の動きを待つばかりだったりして、厳しい視線にさらされた知事もいる。

 当然のこと。


>課題もある。対策の初期では、吉村大阪府知事が唐突に兵庫県との往来自粛を打ち出したり、小池東京都知事が都市封鎖を連想させる「ロックダウン」を口にしたりと、隣県との調整や十分な説明を欠いた例があった。

 相変わらず緊急事態でも『唐突』扱いの朝日社説。お花畑満開だ。
 大阪府には、厚労省から内々の連絡があった。
 https://twitter.com/hiroyoshimura/status/1240892069507256320 
 2020.3.20付けzakzak『⼤阪Vs兵庫! 吉村府知事「僕の政治判断です」 寝⽿に⽔の「往来⾃粛要請」に府⺠、県⺠困惑』 https://www.zakzak.co.jp/soc/news/200320/dom2003200008-n1.html より、『番組後、⼤阪府庁で報道陣の取材に応じた吉村知事は国の専⾨家から提案があったことを強調。「こういうことは調整したら、できなくなる。僕の政治判断です」とアピールした。』
 2020.3.21付けZAKZAK『吉村洋⽂知事、⼤阪と兵庫“往来⾃粛”のワケ⽣激⽩! 厚労省の衝撃的な「⾮公開⽂書」を明かす』https://www.zakzak.co.jp/soc/news/200321/dom2003210008-n1.html

 一説には、同様な「⾮公開⽂書」が東京へも送られたとされる。
 都は、事実上の放置で緊急事態の継続。府は政治判断で現在の解除になった可能性も否定できない。

 都知事のルー小池は今に始まった話ではない。

>国もまた問われる。全国知事会はコロナ対策で次々と提言を出している。

 都道府県内では財源無視の好き勝手な提言は批判の的。
 しかし、国が相手なら財源気にせず可能。


>分権改革を経て国と地方は対等になったことを忘れてはならない。

 2020年3月7日付け朝日社説『中韓入国制限 説明なき転換、またも』では、『新型コロナウイルスを対象に加える新型インフルエンザ等対策特別措置法の改正案が成立すれば、人権の制限を伴う措置が可能となる緊急事態宣言を首相ができるようになる。』と主張していた。
 ならば、分権改革を経て国と地方は対等で、緊急事態宣言を知事ができるようになれば、知事が人権の制限を伴う措置が可能となるになる。
 この点をどう考えているのか。朝日社説には説明がない。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

|

« 2020年5月22日(金)付け小説朝日新聞社説『黒川氏辞職へ 政権の「無法」の果てに』を読んでの感想/定年延長問題の前から賭け麻雀のお付き合いを隠しての主張 | トップページ | 2020年5月23日(土)付け小説朝日新聞社説『中国の国防費 危うい軍拡いつまで』を読んでの感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年5月22日(金)付け小説朝日新聞社説『黒川氏辞職へ 政権の「無法」の果てに』を読んでの感想/定年延長問題の前から賭け麻雀のお付き合いを隠しての主張 | トップページ | 2020年5月23日(土)付け小説朝日新聞社説『中国の国防費 危うい軍拡いつまで』を読んでの感想 »