« 2020年5月19日(火)付け小説朝日新聞社説『検察庁法改正 先送りやめ廃案にせよ』 | トップページ | 2020年5月20日(水)付け小説朝日新聞社説『学びの再建 受験学年への対応早く』を読んでの感想 »

2020年5月19日 (火)

2020年5月19日(火)付け小説朝日新聞社説『経済危機対応 感染抑止との両輪で』を読んでの感想

 2020年5月19日(火)付け小説朝日新聞社説『経済危機対応 感染抑止との両輪で』を読んでの感想。

以下感想。
>企業の19年度決算も利益の減少が目立ち、赤字決算も少なくない。

 『少なくない。』、多くはないのか?

 5⽉8⽇付けNHK『異例の3⽉期決算 約半数が減益 先⾏き未定も続出 コロナ影響』より、『SMBC⽇興証券が7⽇までに発表を終えた東証1部上場の231社の決算をまとめたところ、およそ半数の113社で経常利益が1年前より減り「減益」となりました。』


>そのためには、検査や、感染者のケア、感染の実態や経路の把握に、人・モノ・カネを大規模に投じるべきだ。

 『検査』とは何の検査?抗原、PCR、抗体etc。
 都合が悪くなったので、ぼやかし始めたのか。
 抗原、PCR検査が仮に100%正しい判定が出来ても、検体採取日の以降の安全を保障するものではない。
 抗体ならまだ意味があるが、それでも『現時点では1度感染して抗体のある⼈が再び感染しない証拠はない』(4⽉26⽇付けNHK『WHO “抗体証明書”で職場復帰などに警鐘 新型コロナ』)

 『感染者のケア』か。効果不明のケア。カウンセラーによるものなのか?単なる時間の経過によるものなのか?疑問だ。

 『感染の実態や経路の把握』、経路か。
 先ずは、4⽉4⽇にPCRで陽性と判定された朝日記者、4⽉9⽇にPCRで陽性と判定された朝日論説委員の経路を明らかにしてはどうか。
 メディア関係者が率先して公表すれば、滞る経路の把握に一石を投じるのではないか。


>政府の基本的対処方針に関する諮問委員会には、医療のほか経済の専門家も加わっている。

 その経済の専門家の主張、一日500万件の大量のPCR検査を主張で有名。
 2020.05.01キヤノングローバル研『医療のためだけではなく、社会の不安を取り除くための「検査と追跡と隔離」』 https://www.canon-igs.org/column/macroeconomics/20200501_6389.html より
『一日500万件、というのは、政策を売り出すためのレトリックであり、もちろんまったく現実的な数字ではない。注目すべきは、500万件という数字より、彼らの発想である。PCR検査の精度は低いものであっても、大量に繰り返し検査することで、感染者を検知して隔離できれば、職場や学校の感染リスクは相当程度、軽減できる』


>人権やプライバシーの保護の視点も交え、総合的な戦略を立てて実行するために、政府全体での態勢強化を図るべきときだ。

 アベ1強批判するネタが欲しいってことか。

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

|

« 2020年5月19日(火)付け小説朝日新聞社説『検察庁法改正 先送りやめ廃案にせよ』 | トップページ | 2020年5月20日(水)付け小説朝日新聞社説『学びの再建 受験学年への対応早く』を読んでの感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年5月19日(火)付け小説朝日新聞社説『検察庁法改正 先送りやめ廃案にせよ』 | トップページ | 2020年5月20日(水)付け小説朝日新聞社説『学びの再建 受験学年への対応早く』を読んでの感想 »