« 2020年5月28日(木)付け小説朝日新聞社説『学生の支援金 留学生も対等の条件で』を読んでの感想 | トップページ | 2020年5月29日(金)付け小説朝日新聞社説『コロナと難民 弱者を救う国際支援を』を読んでの感想。 »

2020年5月29日 (金)

2020年5月29日(金)付け小説朝日新聞社説『2次補正予算 問われるのは実行力だ』を読んでの感想/実行すると強権、強引ですか?

 2020年5月29日(金)付け小説朝日新聞社説『2次補正予算 問われるのは実行力だ』を読んでの感想。

 

以下感想。
 歪みのないソースは、財務省、令和2年度補正予算(第2号)
https://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2020/hosei0527.html
https://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2020/sy020407/hosei020527b.pdf
 補正予算の追加歳出計(総額)、319,114億円。
 雇用調整助成金の拡充等、4,519億円
 資金繰り対応の強化、116,390億円
 家賃支援給付金の創設、20,242億円
 医療提供体制等の強化 、29,892億円
 新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金の拡充、20,000億円
 低所得のひとり親世帯への追加的な給付、1,365億円
 持続化給付金の対応強化、19,400億円
 その他、6,363億円
 新型コロナウイルス感染症対策予備費、100,000億円

 

 既定経費の減額(議員歳費)としては、マイナス20億円。

 

 経済産業省関係
https://www.meti.go.jp/main/yosan/yosan_fy2020/hosei/pdf/hosei2_yosan_gaiyo.pdf

 

 

>政府がおととい閣議決定

 

 今日は、「何時」が分かる社説。 

 

>遅きに失したとは言え、一刻も早く支援を国民に届ける必要がある。

 

 『遅きに失した』とは実にお気楽。早ければ、ご都合で議論が不十分と批判も可能なヒトたちの主張。

 

 過去の履歴。

 

①2019年度補正予算1月30日可決
 1⽉30⽇ 付けNHK『今年度の補正予算案 参議院本会議で可決・成⽴へ』より、『野党側は「桜を⾒る会」をめぐる内閣府の答弁や、⾃⺠党のAA参議院幹事⻑がツイッターに⽴憲⺠主党のBB参議院幹事⻑が新型のコロナウイルスについて委員会で質問しないことを批判する投稿を⾏ったことに反発していて、政府・与党が対応を検討しています。』 

 

②第1弾緊急対応策2月13日
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/taisaku_honbu.html
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/th_siryou/kinkyutaiou_gaiyou_corona.pdf

 

③第2弾緊急対応策3月10日
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/th_siryou/kinkyutaiou2_gaiyou_corona.pdf
https://www.kantei.go.jp/jp/pages/coronavirus_2nd_emergency_response_summary.html

 

④2020年度予算3月27日可決
 年度内可決。

 

⑤1次補正、4月30日可決
 4⽉29⽇付けNHK『補正予算案 衆議院で可決 あす成⽴へ 新型コロナウイルス』より、『現⾦10万円の⼀律給付などの経済対策を盛り込んだ補正予算案は、衆議院本会議で採決が⾏われ、全会⼀致で可決され、参議院に送られました。』
ー>衆院では全会⼀致

 

⑥2次補正、5月28日閣議決定。

 

 

>政府は遅れの原因を究明し、申請方法の簡略化などに知恵を絞らねばならない。

 

 お気楽なことで。
 簡略化で、不正が横行する可能性がある。
 法人マイナンバー(法人番号)と口座番号の紐づけ100%、確定申告との紐づけ100%になっているのだろうか??

 

 

>支援策が後手に回ったのは、コロナ禍が早期に収まるという甘い見通しが外れたからだ。

 

 朝日社説の早期の定義とは何か月か?
 
 2020年3月17日時点での朝日社説『感染症と経済 国際協調が試される』の見通し。
問題の根源である感染拡大は終息へのシナリオが見えず、経済面の不透明感は通常の景気後退以上に深い。』と記載。賢い朝日社説傀儡一味でさえ、『終息』のシナリオで見えていなかった。

 新型肺炎(コロナ)に関する各紙の社説、 
 東京:1月17日、産経:1月18日、毎日:1月18日、日経:1月18日、読売:1月22日、日経:1月23日、東京:1月23日、毎日:1月24日(東京、産経、毎日は2回)。
 一夜漬け社説の異名もある?朝日社説。中国様への配慮か?初登場は、1月25日付けの『新型肺炎 教訓いかし封じ込めよ』、他紙より遅い主張であった。
 
 12/末 台湾からWHOへ連絡。中共ウイルスの⼈から⼈への感染に警鐘(大紀元)
 1/23 WHO緊急会合、時期尚早判断で緊急事態を先送り。台湾参加できず。(日経など)
 1/24 中国の旧正⽉にあたる春節で拡散。
 1/24 朝日素粒子『ウイルスに効果があるのは⼿洗い、マスク着⽤など⽇常の⾵邪対策。中国⼈を排除するより、ともに⼿を洗おう。』
 1/28 WHO、世界的なリスク「中程度」から「高」へ訂正、事務的な誤り(1/28付け日経、afp)
 1/30 緊急事態宣言、テドロス氏、中国の対応を称賛。しかし、この時点で18カ国に感染拡⼤(称賛については、2/10付け日経FT訳、18カ国は1/30付けロイター)。
 1/31 テドロス氏の辞任を求める署名活動。
 2/3  テドロス氏、WHO事務局⻑、渡航制限「必要ない」(2/4付け産経、ロイター、2/3付けNHKなど)
 2/23 “都市封鎖”など中国の対応評価 WHOの調査チーム(2/25付けNHK)
 2/28 朝日新聞社説『全国一斉休校 影響の軽減に全力注げ』ー>基本反対姿勢。しかし、その後、各国で一斉休校を実施。
 3/5 朝日新聞社説『新型コロナ対策 説明尽くし慎重判断を』では、基本、緊急事態宣言反対の姿勢。
 3/11 WHO、パンデミック宣言
 3/13 「感染症は⽶軍が武漢に持ち込んだかも」中国報道官が投稿(3/13付けNHK)
 3/25 中国政府によって隠匿されたとする主張の捜査要求、米議会で提出、https://bit.ly/3bgyXtN
 3/31 朝日新聞社説『緊急経済対策 長期戦に安心の備えを』より、『安倍首相は先週末の会見で「いつコロナとの闘いが終息するのか、現時点で答えられる世界の首脳は一人もいない」と述べ、国民には長期戦の覚悟を求めた。』

 

 
>だが、将来世代に回すツケを減らす努力を怠ってはならない。

 

 デマシタ。
 国債とは、9割程度は国民の財産である。それを減らせと主張する朝日社説。

 

 

>政府は、今後の社会のあるべき姿を見据えて既存の施策を総点検し、予算を抜本的に見直す必要がある。

 

 朝日社説として、現時点では、主にどの予算が問題と考えているのか?先ずは示して欲しい。

 

 

>政府は1次補正に計上した旅行やイベントの需要を喚起するキャンペーンを7月下旬に始める方針だが、執行ありきは許されない。

 

 その予算は、収束が前提ではなかったのか?

 

 

>実際に使用する際は、事前に与野党に説明し、意見を踏まえて執行することが求められる。

 

 朝日としては、緊急で使える予備費を10兆円の利用を遅らせることで『遅きに失した』扱いにしたいのだろう。
 ご都合で、強権、強引の批判の予定には変わらないことは容易に想像がつく。

 

※午後月

>政府は1次補正に計上した旅行やイベントの需要を喚起するキャンペーンを7月下旬に始める方針だが、執行ありきは許されない。

 旅行は最初に被害を受けた産業である。最初に予算が付くのは当然。

 2020年4月26日(日)付け小説朝日新聞社説『補正予算審議 暮らし守る理念を示せ』では、『一方、感染収束後に旅行や外食の消費を喚起するキャンペーンには1兆6794億円を投じる。』と記載。今日は、『感染収束後』の”後”が消えた。

 https://twitter.com/kohyu1952/status/1264942731194847233 によれば、毎日が海外向けに誤報を出したようだ。『中韓を含む海外からの訪日を7月に解禁!!! 宿泊費を半額補助』。http://toua2chdqn.livedoor.blog/archives/56793547.html


日本の「外国人の旅費半額補助」報道、誤報と判明…日本居住者支援  https://news.yahoo.co.jp/articles/81403070dbfd94f04a6b5f3494f8232be5f7f471 訪日客向けではなく、国内向け。

 日本の報道機関の海外向けの誤報を、海外の報道機関の日本向けで知る時代。

※午後追記その2

05月28日付けNHK沖縄『県 助成金で県民の県内旅行促進』より、『沖縄県は県民による県内旅行を促進しようと、来月から宿泊料金の一部を助成する方針を固めました。 』。

朝日新聞としては、沖縄県内ならOKなのだろうか。新規感染者は4週間程度ゼロだが.....。

※2020年5月30日追記

>2次補正では、政府の判断で使途を決められる予備費を10兆円も積み増した。

 社説上に想定される使途の記載はない。この因縁の理由は、恐らく、2020年05月28日 時事通 『新たな現金給付を想定 10兆円予備費使途で自民』https://www.jiji.com/jc/article?k=2020052801142&g=pol の為であろう。そんなことをしたら支持率が上がってしまうってとkろか(笑)。

 

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

 

|

« 2020年5月28日(木)付け小説朝日新聞社説『学生の支援金 留学生も対等の条件で』を読んでの感想 | トップページ | 2020年5月29日(金)付け小説朝日新聞社説『コロナと難民 弱者を救う国際支援を』を読んでの感想。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年5月28日(木)付け小説朝日新聞社説『学生の支援金 留学生も対等の条件で』を読んでの感想 | トップページ | 2020年5月29日(金)付け小説朝日新聞社説『コロナと難民 弱者を救う国際支援を』を読んでの感想。 »