« 2020年5月1日(金)付け小説朝日新聞社説『緊急事態延長へ 乗り切る支援が必要だ』を読んでの感想 | トップページ | 2020年5月2日(土)付け小説朝日新聞社説『阪神支局襲撃 集えぬ春 それでも語る』を読んでの感想/朝霞自衛官殺害の追悼は? »

2020年5月 1日 (金)

2020年5月1日(金)付け小説朝日新聞社説『コロナ便乗詐欺 連携深めて被害を防げ』を読んでの感想

 2020年5月1日(金)付け小説朝日新聞社説『コロナ便乗詐欺 連携深めて被害を防げ』を読んでの感想。

以下感想。
 2020年5月1日付けNHK『立民 ##参院幹事長 「ことばが過ぎました」ツイッターで謝罪』https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200501/k10012413201000.html
 国会で、国民の半分を占める「高卒」に対して、差別的と取れる発言を国会で行った同氏。ツイッターではなく、国会で発言した以上、国会の場で謝罪することが望ましい。
 同氏と言えば、https://ksl-live.com/blog31093『感染拡大のための協力は惜しみません。』などとツイートしたことは記憶に新しい。


>不審な電話やメールはすべて詐欺だと疑ってほしい――。消費者庁がそんな呼びかけをしている。
 
 報道を疑う時代だ。
 180度の角度のついた報道の事例、
 2020年4月29日付け朝日『(新型コロナ)どのように、日常は戻るのか =訂正・おわびあり』の訂正部分より、『「厚労省が例外的対応策として出した指針をもとに、アルコール消毒液を吹きかけ」とありましたが、厚労省の通知ではアルコール消毒については言及していませんでした。』。言及なしがありに変わっていた。

 4/29(水)付けヤフー『テレ朝・##氏が謝罪 行政の検査機関は土日休みと誤認「コメントの全ての責任は私に」』、この一度だけなのか?グレーゾーンは放置でよいのか? 

 再度、掲載。
 神奈川県の医師会からのお願い https://bit.ly/3eb1dQl より、
『◆ごまかされないで◆この新しい未知のウイルスに、本当の専門家がいません。本当は誰もわからないのです。過去の類似のウイルスの経験のみですべてを語ろうとする危うさがあります。そして専門家でもないコメンテーターが、まるでエンターテインメントのように同じような主張を繰り返しているテレビ報道があります。視聴者の不安に寄り添うコメンテーターは、聞いていても視聴者の心情に心地よく響くものです。不安や苛立ちかが多い時こそ、慎重に考えてください。実際の診療現場の実情に即した意見かどうかがとても重要です。正しい考えが、市民や県民に反映されないと不安だけが広まってしまいます。危機感だけあおり、感情的に的外れのお話を展開しているその時に、国籍を持たず、国境を持たないウイルスは密やかに感染を拡大しているのです。第一線で活躍している医師は、現場対応に追われてテレビに出ている時間はありません。出演している医療関係者も長時間メディアに出てくる時間があれば、出来るだけ早く第一線の医療現場に戻ってきて、今現場で戦っている医療従事者と一緒に奮闘すべきだろうと思います。』 
 

>相手にせず無視する。

 無視の前に、疑うことだ。
 何故なら、無視では学習にならない。

>国民1人あたり一律10万円を支給することを盛り込んだ補正予算がきのう成立し、こうした働きかけはさらに活発・巧妙になると予想される。

 10万円絡みの詐欺は既に発生中。
 4⽉27⽇付けNHK『「給付⾦申請を代⾏」コロナ⼝実の詐欺電話相次ぐ 多額被害も』より、『具体的には「コロナで振り込まれる給付⾦10万円について申請の代⾏をする」とか、「コロナ対策の助成⾦がおりる」といったもので、厚⽣労働省や東京都コロナ対策本部の担当者を名乗るものもあったということです。』


>政府・自治体は手続きの細部を速やかに決めて周知し、そこから少しでも外れるようなことがあれば詐欺だと、人々がわかるようにしてもらいたい。
 
 意味不明な。それを出せば、回避する手口を編み出すのが詐欺師だ。

 基本、政府・自治体からくるダイレクトメール以外は、全て詐欺。電話手続きはなしだ。電話などので一々、個別対応をするヒマは行政にはない。
 ダイレクトメールで不審な点があれば、ダイレクトメールに記載以外の既知の自治体の電話番号に電話をする。 


>メディアの役割も重い。

 所詮、不安を煽ることに利用するか、アベがーであろう。
 今日の朝日社説を見ても明らか。

>政府のコロナ対策をめぐっては、後手後手に回っている、思いつき先行でピントが外れているといった批判が絶えない。

 日本での感染が燻っている間に、欧米は感染が爆発的に拡大。
 当然、爆発的に拡大した欧米は相応の対策を行う。この動きを見れば、日本は後手に見えるのは当然と言えるだろう。

 まぁ、批判はお気楽。
 基本、後出しジャンケンでOK。物知り顔で適当な事例を引っ張ってくればよいだけ。


>感染拡大を阻むために、当面は人と人との接触を抑えることが求められている。

 しかし、メディアは3密を好んでいるように思えてならない。
 『感染拡大のための協力は惜しみません。』を疑ってしまう。


●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

|

« 2020年5月1日(金)付け小説朝日新聞社説『緊急事態延長へ 乗り切る支援が必要だ』を読んでの感想 | トップページ | 2020年5月2日(土)付け小説朝日新聞社説『阪神支局襲撃 集えぬ春 それでも語る』を読んでの感想/朝霞自衛官殺害の追悼は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年5月1日(金)付け小説朝日新聞社説『緊急事態延長へ 乗り切る支援が必要だ』を読んでの感想 | トップページ | 2020年5月2日(土)付け小説朝日新聞社説『阪神支局襲撃 集えぬ春 それでも語る』を読んでの感想/朝霞自衛官殺害の追悼は? »