« 2020年7月6日(月)付け小説朝日新聞社説『小池氏再選 求められる説明と実践』を読んでの感想/赤点で留年 | トップページ | 2020年7月7日(火)付け小説朝日新聞社説『九州の豪雨 国は支援を尽くせ』を読んでの感想/政府は4日4時52分の大雨特別警報とほぼ同時に動き出した »

2020年7月 6日 (月)

2020年7月6日(月)付け小説朝日新聞社説『コロナと紛争 いまこそ停戦の実現を』を読んでの感想。

 2020年7月6日(月)付け小説朝日新聞社説『コロナと紛争 いまこそ停戦の実現を』を読んでの感想。

以下感想。
>新型コロナ対策に注力するため、紛争の当事者はすぐに戦闘を90日間停止せよ。

 90日間でよいのか?
 安保理は、4⽉から協議。約3か月もかかった。

 しかし、例外もあるようだ。
 7/3付け外務省『茂⽊外務⼤⾂会⾒記録』https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kaiken/kaiken4_000978.html より、記者の質問『世界的に休戦を要請する決議を採択したとのことですが、例外もあるようであり、ISILとの闘いは継続すべきとされています。』、大臣『ご指摘の過激主義との闘いにつきましては、ISILの再興及び過激主義の国際的な拡散を防ぐべく、国際社会全体で今後とも努力を継続していく必要がある、そのように考えております。』。


>採択に100日以上かかったのは、米中が世界保健機関(WHO)の役割をめぐり対立したからだ。

 どの点で対立したのかを見せない朝日社説。方向感が分かる。
 7/2付けNHK『国連安保理 停戦と感染対策で国際協⼒決議も⽶中が場外で応酬』より、『しかし、WHO=世界保健機関との連携を盛り込むべきだとする中国とWHOの初動対応には問題があったとして削除すべきだとするアメリカの主張が対⽴したため3か⽉近く採決が⾒送られ、』 

 新型コロナを上手くコントロールした台湾の参加を認めないWHOの異常。
 事務総長の指導力のなさも問われる。

>だが安保理の調整が難航しているうちにその勢いは失われ、戦闘に逆戻りした例もある。

 職業だから。

>決議があったから、一律に停戦が実現するとはいえまい。

 職を失うことになる。

>新型コロナの感染者は世界で1千万人に達し、死者は50万人を超えた。流行の中心は欧米の先進国から新興国や途上国に移っている。

 6/30付けアフリカビジネス『【随時更新】アフリカにおける新型コロナウイルス最新の状況』https://abp.co.jp/perspectives/business/Corona_data.html
 アフリカ大陸全体の感染状況(6月27日時点)、累積感染者数: 371,600人、致死率平均: 2.6%(先週より低下)。

 インフルエンザ死、過去のCDCの見解。
 2017/12/14付けロイター『世界のインフル死者数、年29.1万─64.6万人=米疾病対策センター』 https://jp.reuters.com/article/influenza-estimates-idJPKBN1E80VS

 インフルエンザ死は多いが、ここ数年は死体処理が追い付かないレベルには至らず。
 一方、新型コロナは一時期、死体処理が追い付かないレベルになった。

>世界の軍事力の大半を占める安保理の常任理事国、特に米国とロシアの責務は大きい。

 前段では米中の対立がーとしていたが、社説の終わりで突然ロシアが登場。
 米ロ中としなかったのは、中国への忖度か。
 

●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

|

« 2020年7月6日(月)付け小説朝日新聞社説『小池氏再選 求められる説明と実践』を読んでの感想/赤点で留年 | トップページ | 2020年7月7日(火)付け小説朝日新聞社説『九州の豪雨 国は支援を尽くせ』を読んでの感想/政府は4日4時52分の大雨特別警報とほぼ同時に動き出した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年7月6日(月)付け小説朝日新聞社説『小池氏再選 求められる説明と実践』を読んでの感想/赤点で留年 | トップページ | 2020年7月7日(火)付け小説朝日新聞社説『九州の豪雨 国は支援を尽くせ』を読んでの感想/政府は4日4時52分の大雨特別警報とほぼ同時に動き出した »