« 2020年7月12日(日)付け小説朝日新聞社説『石炭火力輸出 公的支援から撤退せよ』を読んでの感想/中国製発電機を広めたいってことか | トップページ | 2020年7月14日(火)付け小説朝日新聞社説『コロナの拡大 ちぐはぐ対応 深まる溝』を読んでの感想。 »

2020年7月14日 (火)

2020年7月14日(火)付け小説朝日新聞社説『在日米軍基地 感染情報の共有を急げ』を読んでの感想

 2020年7月14日(火)付け小説朝日新聞社説『在日米軍基地 感染情報の共有を急げ』を読んでの感想。

以下感想。
>しかし、日米地位協定によって国内法が適用されない米軍関係者は、基地経由で直接入国でき、日本側の検疫などはない。

 誤解を与えたいのか?
 沖縄米軍は独自の措置を取っている。

 7/10付けNHK『⽶軍のホテル隔離 北⾕町が抗議』より、『新型コロナウイルスの感染拡⼤を防ぐため、アメリカ軍が沖縄に来たばかりの軍関係者を基地の外の北⾕町のホテルに隔離していることについて、町は沖縄防衛局に抗議しました。』、『しかし、基地内の施設に収容しきれないとして、先⽉、北⾕町のホテルを借り上げ、今⽉からホテルでの隔離を始めています。』 


>危機感が足りないのではないか。
 
 朝日新聞社説のことか。
 昨日13日現在、尖閣周辺に中国船が侵入したのは連続91日。
 この間、朝日社説正面から問題として取り上げたことなし。
 唯一は5/23の『中国の国防費 危うい軍拡いつまで』で『中国公船による尖閣海域への侵犯行為は、日本の対中感情を深く傷つけている。』と記したくらいか。
 もはや単なる忖度以上のものを感じる。


>さらに問題なのは、地元当局が米軍から、感染対策に必要な情報を十分に得られていないことだ。

 米軍内の感染は今に始まった訳ではない。
 何故、今回だけ騒ぐのか?不信感を招く。

>沖縄でも、米軍は保健所に人数は伝えつつも、非公表を求めてきた。

 クラスターが発生したホストクラブなど接待を伴う飲食店の店名が、殆ど明らかにされない状態が容認される中、何故、米軍だけを特別扱いするのか?サッパリ分からない。

>基地内の感染状況がブラックボックスとなり、水際対策の抜け穴となるような事態は避けねばならない。

 忖度以上のものを感じる。


>~国民のいのちを守る政府の責任は果たせない。

 国内で、クラスターが発生した接待を伴う飲食店の店名公表が最優先事項であろう。
 
 米軍の動き、
 7/10付けNHK沖縄『キャンプ・ハンセンでコロナ感染』より、『アメリカ海兵隊は「沖縄で新型コロナウイルスの感染が拡⼤した」として、基地の外での軍⼈や軍属などの⾏動を10⽇からさらに制限することを決めました。これにより軍関係者は、⽣活のうえで必要不可⽋な基地の外の病院や⾷料品店などしか外出は認められないほか、軍⼈と軍属の公共交通機関の利⽤は基地に出⼊りできるタクシーに限るなど⾏動に制限が課されます。』
 このような制限に関する十分な説明もない朝日社説。


●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

|

« 2020年7月12日(日)付け小説朝日新聞社説『石炭火力輸出 公的支援から撤退せよ』を読んでの感想/中国製発電機を広めたいってことか | トップページ | 2020年7月14日(火)付け小説朝日新聞社説『コロナの拡大 ちぐはぐ対応 深まる溝』を読んでの感想。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年7月12日(日)付け小説朝日新聞社説『石炭火力輸出 公的支援から撤退せよ』を読んでの感想/中国製発電機を広めたいってことか | トップページ | 2020年7月14日(火)付け小説朝日新聞社説『コロナの拡大 ちぐはぐ対応 深まる溝』を読んでの感想。 »