« 2020年7月7日(火)付け小説朝日新聞社説『九州の豪雨 国は支援を尽くせ』を読んでの感想/政府は4日4時52分の大雨特別警報とほぼ同時に動き出した | トップページ | 2020年7月8日(水)付け小説朝日新聞社説『高校生の就職 コロナ下で支援を厚く』を読んでの感想 »

2020年7月 7日 (火)

2020年7月7日(火)付け小説朝日新聞社説『核禁条約3年 「非核の傘」を広げよう』を読んでの感想/尖閣の異常事態を問題視しない人たちの主張

 2020年7月7日(火)付け小説朝日新聞社説『核禁条約3年 「非核の傘」を広げよう』を読んでの感想。

以下感想。
>あらゆる核兵器の開発・実験、製造・保有・使用を許さず、核で威嚇することも禁じる核兵器禁止条約だ。

 核関連は、これまで主に次の3つ。
①核兵器禁止条約(保有国と日本不参加)
②核拡散防止条約(NPT、日本賛成)
③核兵器廃絶決議案(毎年日本が提出)

 朝日新聞は、何故か①核兵器禁止条約にご執心。
 今日の朝日社説でも解説があるが、この条約は、2017年7月に122ヵ国が賛成採択し、50ヵ国が批准して90日後に発効することになっている。

 5/16に調べたときは36ヵ国で足踏み状態。
 今日の朝日社説によれば、アフリカ南部レソトが批准を終えて38カ国となったようだ。

>核と戦争を憂慮する国々による異議申し立てでもある。
 
 保有国の賛同が得られない条約。
 議論不測の拙速な国連での採択だったと思える。

>発効後、加盟国が核攻撃の危険にさらされれば、核保有国も国際法違反のそしりを免れない。

 北朝鮮などの例を見れば、制裁などなんのその、『そしり』など全く気にすることはないだろう。

>日本政府に条約への参加・署名・批准を求める地方議会の意見書決議も、全自治体の3割に近づいている。

 地方議会などは、核の傘どころか国防もロクに気にしていないのではないか。


>戦争被爆国・日本が加われば、条約の意義と存在感はさらに高まるだろう。

 高まるだけでは意味がない。
 既存、保有国は保有を続ける。
 第二の北朝鮮が現れる可能性も否定できない。

 所詮、尖閣の異常な事態を問題視しない朝日社説。


●注
 妄想癖のある個人の感想であり、断定的に取れる表現含め、誤読、誤解、誤認、その他も含まれる可能性もある上での感想。これも芸術だ。

|

« 2020年7月7日(火)付け小説朝日新聞社説『九州の豪雨 国は支援を尽くせ』を読んでの感想/政府は4日4時52分の大雨特別警報とほぼ同時に動き出した | トップページ | 2020年7月8日(水)付け小説朝日新聞社説『高校生の就職 コロナ下で支援を厚く』を読んでの感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年7月7日(火)付け小説朝日新聞社説『九州の豪雨 国は支援を尽くせ』を読んでの感想/政府は4日4時52分の大雨特別警報とほぼ同時に動き出した | トップページ | 2020年7月8日(水)付け小説朝日新聞社説『高校生の就職 コロナ下で支援を厚く』を読んでの感想 »